【長男に続き妻も他界】秋山幸二の前妻・千晶が亡くなる前に残した手紙!

秋山幸二さんは西武ライオンズや福岡ダイエーホークスで活躍した元プロ野球選手で、AK砲の一角として多くのファンを魅了した人物ですよね。

また、バック宙ホームインという華麗なパフォーマンスで話題になったこともあります。

現在は野球解説者や野球評論家として活躍しています。

しかし、秋山幸二さんの人生には悲劇もありました。

秋山幸二さんの前妻であり、長年連れ添った前妻の千晶さんは、2021年にがんで亡くなりました。

長男に続き、最愛の妻を亡くした秋山氏の悲しみは計り知れないですね。

今回は秋山幸二さんの前妻への看病や家族愛について調べてみました。

秋山幸二の初婚相手、元妻・明美との離婚の衝撃的な理由


引用画像:Yahooニュース

秋山幸二さんの初婚相手である元妻・明美さんとの離婚理由については、いくつかの報道があります。

一部の週刊誌では、秋山幸二さんの浮気や不倫が原因だと報じられていました。

また、他の週刊誌では、明美さんの金遣いが荒く、家の仕事をしなかったとも報じられています。

しかし、これらの情報は週刊誌の報道に過ぎないため、真実の理由は秋山さんと明美さんだけが知っていると言えます。

1986年に明美さんと結婚し、2人の息子を授かっています。

1994年に離婚し、同年11月に千晶さんと再婚しました。

離婚した同年に再婚をしている理由から略奪婚とも報じられていました。

秋山幸二と再婚相手、前妻・千晶の結婚と死別離婚の経緯


引用画像:西日本新聞

秋山幸二さんの再婚相手、千晶さんの結婚と死別までを調べてみました。

秋山幸二と千晶の馴れ初め

秋山幸二さんと千晶さんの馴れ初めについては、秋山幸二さんが通っていたスナックで出会ったそうです。

千晶さんは元カラオケ店のママで、東国原英夫さんの元妻・片平夏貴さん(フリーアナウンサー)の実妹です。

秋山幸二さんと千晶さんは1994年11月に結婚されたそうです。

ただ、結婚式に関する情報は見つけられませんでした。

長男の他界

秋山幸二さんと千晶夫人の間には2001年に長男の晃輝さんが生まれましたが、生後間もなく亡くなってしまいました。

詳しい病名などは公開されていませんが、ご夫婦の悲しみは相当のものだったと思います。

また、秋山さんが中学生の時に姉を17歳で白血病で亡くしているとの情報もあります。

このように、秋山さんの家族は白血病という病気と向き合うことがありました。

それぞれの詳細については公には明らかにされていませんでした。

前妻・千晶の闘病と秋山幸二の看病


引用画像:秋山幸二公式

ソフトバンク前監督の秋山幸二氏の妻、千晶さんが2014年に55歳で亡くなりました。

千晶さんは長い間闘病生活を送っていました。

ソフトバンクが日本一になった2011年のオフに千晶さんは病に倒れ、闘病を始めました。

秋山幸二さんは、千晶さんの看病のために監督を辞任しました。

秋山幸二さんは千晶さんの看病に時間を割き、全国の病院へ付き添って回ったほどだったそうです。

千晶さんの病状は悪化し、秋山氏は家族全員で看病に当たりました。

千晶がかかった病気とその症状とは?

千晶さんは神経膠芽腫(こうがしゅ)という病気で闘病していました。

神経膠芽腫は脳腫瘍の中でも最も悪性度が高いとされています。

神経膠芽腫は、高齢者に多く発生し、経過は非常に厳しく、5年生存率は10%以下とされています。

主な症状としては、頭痛、けいれん、手足の動かしにくさ、しゃべりづらさなどがあります。

治療としては、手術と放射線、抗がん剤を組み合わせた治療が行われますが、再発が多く完治は難しいとされています。

残念ながら千晶さんの回復の願いはかなわず、2014年12月9日に亡くなりました。

葬儀・告別式は近親者のみで行われました。

千晶夫人は、3年に及ぶ闘病生活も一生懸命頑張り、家族を支え、尽くしていたとのこと。

闘病中は、何一つ愚痴も漏らさずに家族と明るく接してくれました。秋山幸二さんは、「今は“感謝”と“ありがとう”の言葉で妻を送りたいと思います」とコメントされていました。

秋山幸二と千晶の闘病生活

秋山幸二さんは千晶さんの病気が発覚した後、毎日のように病院に通い、手術や治療の際には必ず付き添っていました。

千晶さんの病状が悪化したため、秋山さんは参加予定だった米ハワイの優勝旅行や熊本県民栄誉賞の授賞式を辞退・欠席しました。

秋山さんは千晶さんに「野球のことは気にしないで」と言っていましたが、千晶さんは秋山さんの試合を見ることが唯一の楽しみだったといいます。

秋山幸二さんは千晶さんの誕生日には必ず花束を贈り、一緒に食事をしていたようです。

2014年の千晶さんの最後の誕生日には、秋山幸二さんは千晶さんのためにケーキを作り、家族で祝いました。

千晶さんは「幸せだった」と言って笑顔で写真に収まっていたようです。

秋山幸二の前妻・千晶が残した手紙


引用画像:デイリー

2014年に千晶さんが亡くなった際、秋山幸二さんは「3年にわたる闘病生活を送られた千晶さんを支え、尽くしてくれました」と述べています。

また、千晶さんが亡くなる前に、秋山幸二さんは千晶さんに感謝の気持ちを伝える手紙を書いていたという話もあります。

秋山幸二と前妻・千晶の手紙の秘密

秋山幸二さんと千晶さんの間に交わされた手紙の内容は、公開はされていません。

しかし、その手紙が二人の間の深い絆を示していることは間違いありません。

秋山幸二さんの人間性や千晶さんへの思いが、その手紙を通じて伝わってくるのではないでしょうか。

秋山幸二の現在と再婚の可能性


引用画像:西日本新聞

秋山幸二さんは、現在は再婚の可能性については明言はされていませんが、娘さんやファンからの声援を受けて、前向きに生きているようです。

秋山幸二の現在の住まい

秋山さんは、現在は福岡市内のマンションに住んでいるという情報があります。

以前は豪邸に住んでいましたが、娘さんが関東の大学に進学したために売却したそうです。

秋山さんは、娘さんとの距離が離れても、ゴルフなどで仲良く体を動かしているとのことです。

秋山幸二の長女・真凜との仲良しエピソード


引用画像:flash

真凜さんは、父の秋山さんがプロ野球選手として活躍していた頃から、よく試合を観戦していました。

2000年に秋山さんが2000本安打を達成した際には、ダイエーホークスのユニフォームを着て父に花束を渡したことがあります。当時、真凜さんは3歳でした。

秋山幸二さんは、真凜さんが5歳の頃からゴルフを始めさせました。

真凜さんは、沖学園中学校時代には日本ジュニアゴルフ選手権競技に出場し8位に入るなど、プロゴルファーを目指していました。

しかし、高校時代に母親を病気で亡くしたことがきっかけで、ゴルフに対する情熱が失われてしまいました。

秋山幸二さんは、真凜さんの決断を尊重して、ゴルフを強制することはありませんでした。

母親、千晶さんが亡くなった後も真凜さんは、父の秋山幸二さんとの仲がとても良いことを度々snsで公開しています。

真凜さんは、父の秋山さんとのゴルフは「楽しいけど、やっぱりプロの目が入っているので、緊張します」と語っています。

例えば、2023年6月には、父の日に秋山さんと一緒にゴルフをしたことを報告し、「父の日に父とゴルフできるなんて幸せです。 いつもありがとう」と感謝のメッセージを添えました。

また、2023年10月には、秋山さんの誕生日にサプライズでケーキを用意したことを写真とともに紹介し、「お父さん、お誕生日おめでとうございます。 いつも優しくて面白くて、私の憧れです」と愛情を伝えました。

秋山さんも、真凜さんの投稿に「ありがとう。 嬉しいよ」と返信していました。

秋山幸二の長女・真凜の現在の職業


引用画像:flash

真凜さんは、上智大学国際教養学部を卒業後、タレントとして活動を始めました。

現在は、ゴルフや野球などのスポーツ番組に出演したり、ラジオやYouTubeでパーソナリティを務めたりしています。

AbemaTVのゴルフ実況やゴルフネットTV「ギア探」、TOKYO FM「DreamShot~輝けゴルファー~」など、ゴルフに関する番組に多く出演されています。

また、英語と韓国語が堪能で、同時通訳の経験もあるそうです。

真凜さんは、喘息の持病に悩まされていることも告白していますが、元アスリートのキャリアを生かして、スポーツ界の情報を伝えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)