【韓国人説はガセ】原英莉花が韓国人と間違われる原因とその真相

女子プロゴルフ界の黄金世代の一人で、ジャンボ尾崎さんに師事したことでも知られる原英莉花さん。

抜群のスタイルと実力で人気の選手ですが、なぜか国籍が韓国だと言われていることがあります。

本当に韓国人なのでしょうか?

それとも日本人なのでしょうか?

その真相に迫ります。

今回は、原英莉花さんが韓国人と言われる理由を詳しく解説し、その真相を明らかにします、ぜひ最後までお読みください。

原英莉花は韓国人ではない!その証拠とは?


引用画像;中日スポーツ

原英莉花さんの国籍が韓国という噂がありますが、日本人です。

その証拠を集めてみました。

日本女子プロゴルフ協会のプロフィール欄


引用画像:JLCA

原英莉花さんの公式プロフィールには、国籍が日本と記載されています。

原英莉花さんは神奈川県横浜市出身です。

原英莉花さんは日本女子プロゴルフ協会の会員で、日本通運に所属しています。

原英莉花の国籍や出身地について


引用画像:中日スポーツ

原英莉花さんは、日本国籍のプロゴルファーです。

神奈川県横浜市出身で、湘南学院高等学校を卒業しました。

韓国国籍と言われることがありますが、それは顔立ちや名前の漢字、韓国人選手との交流などから勘違いされたようです

実際には、韓国とのルーツはなく、日本を代表するゴルファーの一人です。

原英莉花の両親の国籍は?

原英莉花さんのご両親の国籍は、日本です。

原英莉花の両親の職業は?

原英莉花さんの両親の職業については、残念ながら詳しい情報は見つかりませんでした。

ゴルフは続けるのに費用がかかりますし、もしかしたら原英莉花さんの父親はそれなりに年収の高い職業に就いているかもしれないですね。

原英莉花の本名は?


用画像:日刊ゲンダイ

原英莉花さんの本名は、原英莉花さんです。

芸名でもなく、日本国名でもないようです。

原英莉花の家族構成

原英莉花さんの家族構成は、両親と兄弟の5人家族です。

兄は10歳年上で弟は4歳年下だそうです。

原英莉花の兄妹

原英莉花さんには、10歳年上の兄と4歳年下の弟がいます。

兄弟ともにテニスが得意で、原英莉花さんは運動が苦手だったと言っています。

しかし、母親の勧めでゴルフを始めたところ、才能を発揮したそうです。

原英莉花さんの兄弟の名前や年齢は公表されていませんが、兄は会社員で、弟は高校生だということが分かりました。

原英莉花選手のご家族の写真は公開されていないため、兄妹の雰囲気は不明です。

ただし、原英莉花選手のようにスタイルがいい可能性は高いと思われます。

原英莉花さんの兄妹は、イケメンや美女と言われることがありますが、その写真はあまり見つかりませんでした。

原英莉花の生い立ち


引用画像:Digest

原英莉花さんは、1999年2月15日に神奈川県横浜市で生まれました。

10歳のときに母親の勧めでゴルフを始めましたが、当初は運動が苦手でした。

湘南学院高等学校に入学してからは、尾崎将司さんに師事し、ゴルフの技術を磨きました。

高校卒業後の2017年にプロ宣言しましたが、LPGA最終プロテストには不合格でした。

しかし、下部ツアーで2勝を挙げてLPGAツアーの出場資格を得ました。

2018年にはLPGA90期生となり、2019年にはリゾートトラストレディスでツアー初優勝を果たしました。

2020年には日本女子オープンゴルフ選手権競技で公式戦初優勝し、世界ランク75位になりました。

2021年には大王製紙エリエールレディスオープンで優勝しました。

2023年には日本女子オープンゴルフ選手権競技で2度目の優勝を達成しました。

原英莉花さんは、日本を代表するゴルファーとして活躍しています。

原英莉花が韓国人と間違われる理由は?その背景を探る


引用画像:Instagram

原英莉花さんが韓国人と間違われる原因は、主に以下になります。

  • 顔立ちが韓国のアイドルに似ている
  • スタイルが8頭身でモデル並みである
  • キリットした美人な顔立ち
  • 名前の漢字が韓国人によく使われるものである
  • 韓国人の選手と仲が良い
  • 韓国と縁がある仕事をしている

しかし、これらの理由はすべて根拠のない憶測に過ぎません。

原英莉花さんは、日本国籍の純日本人です。

出身地は神奈川県横浜市で、両親ともに日本人です。

苗字の「原」も日本を代表する名前の一つで、歴史ある日本人の名前です。

顔立ちが韓国のアイドルに似ている


引用画像:スポニチ

原英莉花さんが似ていると言われる韓国のアイドルは、以下のような方々が挙げられます。

BLACKPINKのメンバーであるジェニーさん。


引用画像:linedoor

原英莉花さんと同じく、キリッとした目元やノーズラインが特徴的です。

Red Velvetのメンバーであるアイリーンさん。.


引用画像:Yahooニュース

原英莉花さんと同じく、小顔でモデル体型の美人です。

抜群のスタイルの良さ・美脚で話題・スタイルが8頭身でモデル並み


引用画像:Instagram

原英莉花さんは、高身長とスリムな体型の持ち主です。

身長は173cm、体重は58kgで、8頭身の美しいプロポーションをしています。

女子プロゴルファーの中では、ずば抜けたスタイルの良さで目を引きます。

ファンからは、「モデル顔負けのルックス!」と絶賛されています。

キリッとした美人な顔立ち


引用画像:Instagram

キリッとした美人な顔立ちは韓国女性に多いと言われており、韓国女性の特徴のひとつと言われています。

名前の漢字が韓国人によく使われるものである


引用画像:Theanswer

原英莉花さんの名前に使われている「英」と「花」という漢字は、韓国人の名前によく見られる漢字です。

韓国語では普段ハングル文字を使いますが、もともと漢字も使う言語だったため、名前などには漢字が使われます。

「花」は韓国語で「ファ」と読み、女性によく使われますし、「莉」はジャスミンという意味を表します。

このように名前の漢字が韓国と関係があるように思われることがあるようです。

原英莉花の韓国人選手との関係や交流について


引用画像:instagram

原英莉花さんは、韓国人のプロゴルファーとも仲が良いです。

例えば、2021年に引退したキム・ハヌルさんとは、コース上でハグを交わしたり、インスタグラムにツーショットの写真をアップしたりしていました。

キム・ハヌルさんは原英莉花さんに、「えりかは若いからがんばって」と励ましていました。

ほかにも、イ・ボミさんやペ・ソンウさんなどとも交流があり、原英莉花さんの明るい性格が韓国人ファンの心をつかんでいるようです。

原英莉花さんは、韓国人の選手と仲が良いという理由から、韓国籍と噂されたようですが、それは誤りです。

原英莉花さんは日本国籍の日本人であり、神奈川県横浜市出身です。

韓国人の選手との交流は、ゴルフを通しての友情であり、国籍には関係ありません。

原英莉花と韓国との関係


引用画像:instagram

原英莉花さんは、日本を代表するゴルフ選手として活躍しており、韓国の女子プロゴルフ界とも切磋琢磨する仲です

JLPGAブライトナー就任


引用画像:instagram

JLPGAブライトナーとは、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が2022年度から始めた制度で、ツアーの代表として女子プロゴルフの未来を輝かせるための活動を行う選手のことです。

  • JLPGAブライトナーの中には、韓国出身の選手もいます。2022年度は申ジエさん、2023年度は申ジエさんとペ・ソンウさんが選ばれました。
  • JLPGAブライトナーの制度は、韓国女子ツアーの「広報モデル」を参考にしたものです。韓国では毎年10人ほどが選出され、慈善事業やPRビデオなどに参加しています。
  • JLPGAブライトナーの選手は、韓国人の選手とも仲が良く、交流を深めています。例えば、原英莉花さんはキム・ハヌルさんとハグを交わしたり、インスタグラムにツーショットの写真をアップしたりしていました。

JLPGAブライトナーは、日本と韓国の女子プロゴルファーの友好関係を築くことにも貢献しています。

TWICEポーズ


引用画像:instagram

TWICEポーズとは、韓国の人気ガールズグループTWICEがよくするポーズのことです。

TWICEのメンバーは9人で、日本人のミナさん、サナさん、モモさんもいます。

原英莉花さんは、パーリーゲイツとスポンサー契約をしており、TWICEとコラボしたウェアが発売されています。

そのとき原英莉花さんが、TWICEポーズを決めたことで話題になりました。

原英莉花さんは、TWICEのファンであり、韓国のアイドルに似ていると言われることもあります。

TWICEポーズをすることで、原英莉花さんの可愛らしい一面が見られますね。

原英莉花は韓国人ではなく日本人のゴルファーとして活躍中!その今後の展望は?


引用画像:DIGEST

原英莉花さんの今後の展望について調べてみました。

原英莉花のゴルフのキャリアや成績について

項目 内容
JLPGA入会年 2017年
JLPGAツアー優勝回数 9回
国内メジャー優勝回数 3回(2020年・2021年日本女子オープン、2020年JLPGAツアー選手権リコーカップ)
腰の手術 2021年5月に椎間板ヘルニアの手術を受け、3か月間離脱した
JLPGAブライトナー 2022年度と2023年度に選ばれた

原英莉花さんは、若くして多くの実績を残しています。

原英莉花の所属やスポンサーについて


引用画像:物流ニュース

項目 内容
所属先 NIPPON EXPRESSホールディングス(日本通運)
ウェア契約 TSIグルーヴ&スポーツ社(パーリーゲイツ、マスターバニーエディション、ジャックバニー)
クラブ契約 2022年からフリー
ボール契約 ブリヂストン
その他のスポンサー フランクミュラー(時計)、NTTデータ(ITサービス)、オークリー(サングラス)、大塚製薬(ポカリスエット、カロリーメイト)、ランドローバー(車)、JA全農(農業)、コーセー(化粧品)など

原英莉花さんは、日本を代表する女子プロゴルファーであり、多くの企業からスポンサー支援を受けています。

原英莉花のゴルフの目標や夢について

原英莉花さんは、米国女子プロゴルフ協会(LPGA)にも挑戦したいという夢を持っているみたいです。

2023年にはLPGAの予選会に出場しましたが、スコア誤記により失格となりました。

その後、日本で行われたTOTOジャパンクラシックで優勝すれば、LPGAのシード権を手に入れることができましたが、残念ながら3位に終わりました。

原英莉花さんは、来年もLPGAの予選会に挑戦するつもりであり、世界ランキングを上げてファイナルから出場できるように頑張っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)