【韓国人説はデマ】石橋凌の韓国出身ではない理由

俳優やミュージシャンとして活躍する石橋凌さんには、韓国人であるという噂があります。

しかし、この噂は根拠がなく、デマである可能性が高いです。

なぜなら、石橋凌さんは福岡県久留米市で生まれ育ち、日本国籍を持っているからです。

今回は石橋凌さんが韓国人という噂と真実を調べてみました。

石橋凌が韓国出身ではない理由・出身地


引用画像:avex

石橋凌さんの出身地について調べてみました。

石橋凌の国籍や出身地について


引用画像:石橋凌公式

国籍は日本で、出身地は福岡県久留米市です。

石橋凌さんは、久留米に対して強い愛着を持っており、デビュー40周年のツアーでは故郷で最終公演を行いました。

石橋凌さんの学生時代は久留米が商人の街で文化に乏しいと感じており、博多のライブハウスに通って音楽活動をしていました

18歳の時に「淋しい街から」という曲を作り、後にARBのボーカルとしてデビューしました。

今では久留米が大好きで、故郷への愛を歌った「淋しい街から」をデビュー40周年のツアーのタイトルにしました。

石橋凌の実家

石橋凌さんの実家は、福岡県久留米市京町にありました。

両親、祖母、4人の兄と8人家族で、末っ子として育ちました。

石橋凌さんは、幼い頃から音楽に親しみ、高校時代にはバンドを結成していました。

しかし、実家は数十年前に火災に遭い、今は駐車場になっているそうです。

石橋凌の両親の国籍

石橋凌さんの両親の国籍は、日本です。

石橋凌さんは、福岡県久留米市で生まれ育ち、日本国籍を持っています。

石橋凌の本名

石橋凌さんの本名は、石橋 秀樹(いしばし ひでき)です。

石橋凌さんは、1956年7月20日に福岡県久留米市で生まれました。

石橋凌が韓国出身ではない理由・家族構成


引用画像:NHK

石橋凌さんの家族構成について調べてみました。

石橋凌の父親


引用画像:amazon

石橋凌さんの父親は、一般人で名前や顔写真などは公表されていません。

石橋凌さんの父親は、陸軍で激戦を経験した後、石橋凌さんが中学1年生の時に肝臓癌で亡くなり、経済的に厳しい生活を送ってたといいます。

石橋凌さんは、父親の死について、ソロシングル「カクテル・トゥナイト」に収録された「12の頃」で歌われています。

父親の影響で、石橋凌さんは音楽に親しみ、高校時代にはバンドを結成していました。

石橋凌の母親

石橋凌さんの母親は、一般人で名前や顔写真などは公開されていません。

石橋凌さんの父親が肝臓がんで亡くなった後、看護師として百貨店の医務室に勤めながら、女手一つで石橋凌さんと4人の兄を育てました。

石橋凌さんの母親は、石橋凌さんの音楽活動や俳優活動を応援しており、石橋凌さんのライブにも来てくれることがありました。

石橋凌さんの母親は、102歳まで生きたそうです。

石橋凌の兄弟

石橋凌さんの兄弟は、男だけの5人兄弟で、石橋凌さんは末っ子です。

石橋凌さんの兄たちは、一般人であり、名前や顔写真などは公開されていません。

石橋凌さんは、兄たちに音楽の影響を受けたと言っており、兄たちと仲が良いそうです。

ちなみに石橋凌さんと同姓の石橋蓮司さんとは、血縁関係はありません。

石橋蓮司さんと石橋凌さんは、名前や顔が似ていることから、兄弟だという噂がありましたが、これは全くのデマであると断言できます。

石橋凌が韓国出身ではない理由・生い立ち


引用画像:朝日新聞

石橋凌さんの生い立ちについて調べてみました。

幼少期のエピソード

石橋凌さんは、中学校の修学旅行で、友達と一緒にお菓子を買いに行きました。

しかし、石橋凌さんはお金を持っていなかったので、友達におごってもらおうとしました。

その時、石橋凌さんは「おれはお金がないから、お前が払え」と言ってしまい、その言葉を聞いた店員は、石橋凌さんを泥棒だと思って怒鳴りつけられたのこと。

石橋凌さんは、中学校の音楽会で、兄たちから借りたギターを持って登場しました。

しかし、石橋凌さんはギターの弾き方を知らず、ただ見栄を張っていただけだったとのこと。

そのため、石橋凌さんはギターを弾くふりをしながら、口で「ジャンジャンジャン」と音を出していました。

その様子を見た観客は大爆笑をとっていたとのこと。

高校時代のエピソード


引用画像:X

石橋凌さんは、高校時代にバンドを結成し、地元のコンテストに出場したことがあります。

その時のバンド名は「アップル・ツリー」で、石橋凌さんはボーカルを担当していました。

石橋凌さんは、高校卒業後に上京する前に、イタリアンレストランで働いていました。

その時の夢は、イタリアに留学して料理人になることでした。

しかし、石橋凌さんは料理の腕前があまりよくなく、ピザの生地を焦がしたり、パスタを茹で過ぎたりして、お客さんに怒られたこともあったそうです。

ロックバンドARBボーカルデビュー


引用画像:西日本新聞

石橋凌さんは、1977年にロックバンドARBのボーカリストとしてオーディションに合格し、加入しました。

1978年10月にシングル「野良犬」でデビューしましたが、所属事務所との方向性の違いから翌年に独立し、その後、ライブバンドとして知名度を上げ、社会派の歌詞やハードなサウンドで人気を博しました。

松田優作からの誘いで俳優デビュー


引用画像:X

石橋凌さんは、1979年に映画『暴力戦士』で俳優デビューしました。

その前には、1978年にロックバンドARBのボーカリストとしてレコードデビューしていました。

俳優としてのきっかけは、松田優作さんが監督を務めた映画「ア・ホーマンス」に誘われて俳優デビューしました。

松田優作さんは、石橋凌さんの恩人であり、兄のような存在でした。

石橋凌が韓国出身ではない理由・日本人である証拠


引用画像:NHK

石橋凌さんは、戦国大名とのつながりがあることが分かっています。

戦国大名とのつながりがある

NHKのドキュメンタリー番組「ファミリーヒストリー」にて石橋凌さんの母親の祖先のルーツをたどる内容でした。

石橋凌さんの母方の祖先は、大友宗麟(そうりん)の嫡男・大友義統(よしつね)に仕えた武士・長谷部信雄(ながせべ のぶお)でした。

長谷部信雄は、大友家の重臣であり、大友宗麟の信頼も厚かったそうです。

長谷部信雄の子孫は、津江(つえ)という姓を名乗り、現在の大分県日田市の中津江村に住んでいました。

石橋凌さんの母方の祖母・ミキエさんは、津江家の出身でした。

ミキエさんは、石橋凌さんの母・須壽(すず)さんを含む6人の子供を育てました。

石橋凌さんは、母方のルーツを知って、「芯がすごい強い人っていうのは感じてたんですけど、ルーツがやっぱり真面目な家系だったんだな」とコメントされていました。

石橋凌が韓国人だと言われる理由


引用画像:テレビジョン

石橋凌さんが韓国人だと言われる理由を調べてみました。

ドラマで在日韓国人を演じていた


引用画像:X

石橋凌さんが、韓国の映画やドラマに多数、出演していることが韓国人説の一因となったかもしれません。

映画『 月はどっちに出ている 』:在日コリアン三世の男性を演じました。東京で暮らす多国籍の人々の日常を描いた鬼才・崔洋一監督の代表作です。

ドラマ『 輪舞曲−ロンド− 』:在日コリアンの刑事・金山ショウを演じました。裏会社を牛耳る組織「神狗」に潜入捜査を行うサスペンスドラマです。

ドラマ『 ビギナー 』:在日コリアンの裁判官・野佐木を演じました。司法研修所の教官として、新人裁判官たちを指導するヒューマンドラマです

これらの作品で、石橋凌さんは韓国語を話していましたが、これは日本語の台本を韓国語に翻訳して覚えたもので、韓国語が堪能なわけではありませんでした。

また、その後も多数の在日韓国人役のドラマや映画に出演されています。

元従軍慰安婦の証言に対して批判的な発言

石橋凌さん自身が、元従軍慰安婦の証言に対して批判的な発言をしたことがありました。

2007年に出演した映画『 MW 』の記者会見で、元従軍慰安婦の証言は「事実ではない」と述べたことが、韓国人説を強めたとされます。

名前が似ている石橋蓮司に韓国人説


引用画像:日刊ゲンダイ

石橋凌さんと名前が似ている石橋蓮司さんにも韓国人説がありました。

石橋蓮司さんは、1997年に元従軍慰安婦の証言に疑問を呈したことで、韓国人だという噂が流れたそうです。

この噂が石橋凌さんにも波及した可能性があります。

名前が韓国人っぽい

石橋凌さんの名前が韓国人っぽいと感じるのは、漢字の読み方が珍しいからかもしれません。

石橋凌さんの本名は石橋秀樹といいますが、凌という字は「りょう」と読むのが一般的です。

しかし、石橋凌さんは「凌」を「りょう」ではなく「りょ」と読んでいます。

これは、石橋凌さんが音楽家として活動する際に、自分の名前をもっとインパクトのあるものにしたいと思ったからだそうです。

そのため、凌という字を「りょ」と読むようにしたのです。

顔が韓国人に似ている

石橋凌さんの顔が韓国人に似ていると感じるのは、おそらく目や鼻の形などの特徴が韓国人の俳優やアイドルと共通しているからかもしれません。

しかし、石橋凌さんは日本人であり、韓国人との血縁関係はないとされています。

石橋凌の今後の展望


引用画像:くるめのみりょく

石橋凌さんの今後の展望について調べてみました。

音楽活動の再開

石橋凌さんは、2022年にニューアルバム『オーライラ』をリリースし、全国ツアー“KEEP IN TOUCH!”を開催しました。

これは、2017年の『may Burn!』以来、5年ぶりの音楽活動の再開でした。

俳優業の継続

石橋凌さんは、俳優業を続けています。

2021年には、映画『 マスカレード・ナイト 』に出演し、高評価を得ました。

2022年には、映画『 マスカレード・ホテル 』の続編『 マスカレード・ホテル2 』に再び出演する予定です。

また、ドラマ『 やんごとなき一族 』にもレギュラー出演しています。

国際的な活躍の拡大


引用画像:X

石橋凌さんは、国際的な活躍を目指しています。

ネット上には石橋凌さんの国籍が韓国という噂がありますが、これを裏付ける情報は出ておらず、あくまで噂にすぎないようです。

石橋凌さんは、音楽家としても俳優としても、多くの作品に出演しています。

1995年には、映画『クロッシング・ガード』でアメリカ映画俳優組合(SAG)の会員になりました

その後も、アメリカやヨーロッパの映画に出演するなど、海外での活動を展開しています。

石橋凌さんは、日本だけでなく、世界に向けて自分の表現を発信し続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)