【衝撃的な生い立ち!】叶恭子の輸入会社社長の娘からセレブ姉妹になるまでの壮絶な道のり

叶姉妹といえば、ゴージャスな生活を送るセレブリティとして有名ですが、彼女たちの生い立ちは決して平凡ではありませんでした。

叶恭子さんは、輸入会社の社長の娘として裕福な家庭に育ちましたが、父親は外にも家庭を持ち、叶美香さんは異母姉妹になりました。

高校生の時には、とてつもないお金持ちの男性と恋愛関係になり、その資金で会社を興し、バブルに乗って年商10億円にも上る企業に成長させました。

しかし、その後も男性とのトラブルや、実妹の金品持ち逃げなど、壮絶な道のりを歩んできました。

このブログでは、叶恭子さんの衝撃的な生い立ちと、叶美香さんとの出会いから叶姉妹としてのデビューまでの物語を紹介します。叶姉妹の謎に満ちた素顔に迫ります。

目次

叶恭子の生い立ち・輸入会社社長の娘からセレブ姉妹への道のり


引用画像:ポストセブン

叶恭子さんは、現在60歳を超えられましたが、その若々しさと美しさは衰えることを知りません。

セレブリティライフスタイルプロデューサーとして、ゴージャスなファッションやライフスタイルを発信し続けています。

しかし、彼女の生い立ちは決して平凡ではありませんでした。

裕福な家庭で育った叶恭子の幼少期

叶恭子さんは、父親が輸入会社の社長だったこともあり、裕福な家庭で育ちました。

叶恭子さんは、幼いころから芸能界に憧れていました。

母親が買ってくれた雑誌やテレビで見た女優やモデルに憧れ、自分もそうなりたいと思っていました。

叶恭子さんは、自宅の庭で芝居をしたり、自分で衣装やメイクをしたりして、夢を膨らませていたそうです。

叶恭子さんは、小学校6年生のときに、初めての恋をしました。

相手は、同じクラスの男の子で、恭子さんのことを気にかけてくれる優しい性格だったそうです。

叶恭子さんは、その男の子に手紙を書いたり、プレゼントを贈ったりして、想いを伝えようとしましたが、男の子は恭子さんのことを好きになってくれませんでした。

叶恭子さんは、そのときに初めて失恋の悲しみを味わったそうです。

小学校時代に周囲とのギャップから孤立してしまった叶恭子の苦悩

叶恭子さんは、大阪府城東区で輸入会社の社長をする父親と裕福な家庭で育ちましたが、小学校時代には周囲とのギャップから孤立してしまったそうです。

父親が実業家だったこともあり、遠足には吉兆の三段重を持参したり、白のリンカーン・コンチネンタルで送迎されたりという金持ちぶりが原因だったと言われています。

また、父親はプレイボーイで、恭子さんの家庭のほかにも複数の家庭を持っていたことも恭子さんの苦悩の一つだったようです。

父親の会社倒産と両親の離婚で変わった叶恭子の青春期

叶恭子さんは、幼いながらに、「父親にはなぜほかにも家があるのか」「男の習性上仕方ないものだ」と諦めていたそうです。

しかし、中学を卒業するころには父親の会社が倒産し、両親が離婚。

高校に進学した恭子さんは規則に縛られるのが嫌だったことから、大阪のクラブで夜遊びを始めるようになりました。

実業家男性との不倫関係と事務所設立で始まった叶恭子の芸能活動

クラブで夜遊びをしてた頃に出会った実業家の男性と恋愛関係になり、高級ブランド品や5千万円もの現金をプレゼントされることもあったそうです。

しかし、男性が年齢をごまかしていたことや妻子持ちだったことを知り、破局。恭子さんはかなりのショックを受けたそうですが、男性から貰った大金で事務所を設立し、ファッションモデルとしての活動をスタートさせました。

叶恭子の生い立ち・恋愛遍歴と芸能活動の始まり


引用画像:2チャンネル

叶恭子さんは、現在はタレントとして活躍されている叶姉妹の姉ですが、その生い立ちや過去の恋愛には、多くの秘密やドラマがあります。

特に、高校生の時に実業家の男性と不倫関係に陥ったことは、叶恭子さんの人生を大きく変えた出来事だったと言えるでしょう。

高校生で実業家男性との不倫関係に陥った叶恭子の衝撃の事実

叶恭子さんが中学を卒業するころ、父親の会社が倒産し、両親が離婚しました。

高校に進学した叶恭子さんは、規則に縛られるのが嫌だったことから、大阪のクラブで夜遊びを始めるようになりました。

そんな中、クラブでナンパされた27歳の実業家の男性と恋愛関係になりました。

その男性は、資産家だった父親の遺産を相続していたことから相当なお金持ちだったそうです。

デートの度に高級ブランド品や5千万円もの現金をプレゼントされることもあったんだとか。

しかし、交際が3年経った頃、男性が年齢をごまかしていたこと、妻子持ちだったことを知り、叶恭子さんとの関係は破局しました。

不倫相手から貰った大金で事務所を設立した叶恭子の芸能界入り

叶恭子さんは不倫相手との破局について、かなりのショックを受けたそうですが、男性から貰った大金で事務所を設立しました。

高校を3年生で中退すると、本名である小山恭子名義でファッションモデルとしての活動をスタートしました。

さらに、宝石や貴金属、時計を海外から並行輸入する会社も設立しました。

バブル好景気だったこともあり、年商10億円にも上る優良企業に成長させたとのことです。

株取引も成功し、資金を増やしていったと言われています。

本名である小山恭子から杉本エルザに改名した叶恭子のモデル活動

叶恭子さんは、芸能界に入ったばかりの頃は、杉本エルザという芸名で活動しており、1984年9月号の「平凡パンチ別冊」で、セミヌードとグラビアを披露しました。

その後は肌の露出を徐々に増やし、グラビア活動をしていたとのことです。

叶恭子の生い立ち・叶美香との出会いと姉妹になった理由


引用画像:livedoor

叶美香さんは叶恭子さんの異母妹であり、同じ父親を持っています。

しかし、叶美香さんは叶恭子さんの父の愛人だったということはありません。

この噂は、叶美香さんがミス日本グランプリに選ばれた時に、叶恭子さんの父が美香さんの父親だと名乗り出たことが発端となっています

叶恭子さんの父はプレイボーイで、複数の女性と関係を持ち、7人の子供を認知していました。

その中には美香さんも含まれていましたが、美香さんは叶恭子さんの父とは面識がなく、自分の父親だとは知りませんでした。

叶恭子さんの父は、美香さんがミス日本に出場したことを知って、自分の娘だと主張しましたが、美香さんはそれを拒否しました。

叶恭子さんの父は、美香さんに金銭的な援助を申し出ましたが、美香さんはそれも断りました。

ミス日本グランプリだった叶美香の生い立ちと芸能界入り


引用画像:ポストセブン

叶美香さんは、愛媛県西条市に生まれ、大阪府松原市出身です。

高校時代には、阪神タイガースを応援する番組『週刊トラトラタイガース』に番組アシスタントとして出演していました。

1988年には、第20回ミス日本に出場し、グランプリを受賞しました。

これがきっかけで芸能界入りを果たし、本名の玉井美香や玉乃ヒカリという芸名でモデルや女優として活動しました。

映画『私をスキーに連れてって』や『彼女が水着にきがえたら』にも出演しています。

ミスコンの常連だった叶恭子と叶美香の知り合いから仲良しになった経緯

叶恭子さんと叶美香さんは、異母兄妹と言われていますが、お互いに面識はなかったようです。

2人が知り合ったきっかけは、ミスコンでした。

叶美香さんは、1988年に第20回ミス日本に出場し、グランプリを受賞しました。

これが美香さんの芸能界入りのきっかけになりました。

一方、叶恭子さんは、高校を中退してモデルとして活動していましたが、あまり売れなかったそうです。

2人は、ミスコンの常連だったことから、同じ業界の仲間として知り合いになりました。

当時の叶恭子さんは、叶美香さんに対して「私の妹になってほしい」と思っていたそうです。

叶美香さんも、恭子さんのことを「姉のように慕っていた」と語っています。

叶三姉妹の結成

叶三姉妹は、叶恭子さん、叶美香さん、叶晴栄さんの3人からなるユニットでした。

恭子さんと晴栄さんは実の姉妹で、美香さんは恭子さんの異母妹でした。

1990年代に叶三姉妹を結成し、グラビアアイドルとして番組アシスタントなどをしていました。

叶晴栄さんは叶恭子さんの実妹で、叶三姉妹の最年少メンバーでした。

叶三姉妹を結成し、叶姉妹に改名した叶恭子と叶美香の戦略

叶三姉妹は、叶恭子さん、叶美香さん、叶晴栄さんの3人からなるユニットでしたが、晴栄さんが結婚したことを機に脱退しました。

その後、恭子さんと美香さんは叶姉妹に改名し、ファッション雑誌『25ans』に登場し注目を集めました。

叶姉妹に改名した理由は、以下のようなものが考えられます。

  •  叶三姉妹の時は、グラビアアイドルとしてのイメージが強かったが、叶姉妹になってからは、セレブリティとしてのイメージを打ち出したかった。
  •  叶三姉妹の時は、叶恭子さんと叶美香さんは異母兄妹ということを隠していたが、叶姉妹になってからは、そのことを公表し、姉妹の絆をアピールしたかった。
  •  叶三姉妹の時は、叶晴栄さんが一番若くて可愛らしいイメージだったが、叶姉妹になってからは、叶恭子さんと叶美香さんの大人の魅力や美しさを前面に出したかった。
  •  叶三姉妹の時は、3人の個性がバランスよく出ていたが、叶姉妹になってからは、恭子さんがリーダー的な存在となり、美香さんがサポート役となった。

 

叶恭子の実妹・叶晴栄の存在と叶三姉妹からの脱退


引用画像:X

叶三姉妹は、叶恭子さん、叶美香さん、叶晴栄さんの3人からなるユニットでしたが、叶晴栄さんは結婚を機に脱退しました。

叶恭子の実妹・叶晴栄の生い立ちと叶三姉妹への加入

叶晴栄さんは、叶恭子さんの実の妹で、叶三姉妹の次女役でした。

叶晴栄さんの生い立ちは、叶恭子さんと同じく大阪府城東区で輸入会社の社長をする父親、家事が苦手な母親、姉の4人家族の次女として誕生したということです。

叶恭子さんと同じく、父親の会社が倒産し両親が離婚した後は、夜遊びをするようになったそうです。

叶晴栄さんは、叶恭子さんと叶美香さんと共に「叶三姉妹」としてデビューしましたが、デビュー直後は3人姉妹の次女の役回りをしていました。

叶三姉妹は、グラビアアイドルとして番組アシスタントなどをしていましたが、晴栄さんは結婚を理由に脱退しました。

叶姉妹のマネージャーとして活動していたという噂もありましたが、恭子さんは2007年8月の『婦人公論』のインタビューで、否定しています。

叶晴栄が結婚を機に叶三姉妹を脱退した理由とその後の消息

叶晴栄さんが叶三姉妹を脱退後、叶恭子さんと叶美香さんは叶姉妹に改名し、セレブリティとしてのイメージを打ち出しました。

叶晴栄さんが結婚を機に叶三姉妹を脱退した理由は、以下のようなものが考えられます。

  • 叶三姉妹の活動に疲れていたか、自分の幸せを優先したかった。
  • 叶三姉妹のイメージと結婚生活のイメージが合わなかったか、夫との関係に支障が出ると考えたかった。
  • 叶三姉妹の人気が低迷していたか、叶姉妹の方が売れると予想したかった。

 

叶晴栄が叶恭子から3億円相当の金品を持ち逃げしたという疑惑と真相

2007年2月9日、芸能レポーターの井上公造さんが、叶晴栄さんが叶恭子さんの3億円以上する10カラットのダイヤの指輪、ダイヤがちりばめられた時計やジュエリーなど総額5億円相当を持って逃げたという噂をテレビ番組で報じました。

その後、『女性セブン』誌の報道を機に叶晴栄さんの失踪は広く知られることとなりました。

叶恭子さんは叶晴栄さんを横領罪で刑事告訴しましたが、晴栄さんは警視庁赤坂署に出頭し、事情を聴かれました。

叶晴栄さんは、恭子さんから金品を預かっていたが、返すことができなかったと供述しました。

叶晴栄さんは、恭子さんから預かった金品をベルギー人の男性に渡したと主張しましたが、その男性の存在は確認できませんでした。

最終的に、叶恭子さんと叶晴栄さんは和解しましたが、その内容は非公開となっています。

叶恭子さんは、叶晴栄さんに対する愛情は変わらないと語りましたが、叶晴栄さんは叶姉妹の活動には関与していません。

叶晴栄の脱退後の消息

叶恭子さんの金品を持ち逃げした後、叶晴栄さんの失踪は広く知られることとなりましたが、2010年に、恭叶子さんと叶美香さんの母親が亡くなった際に、葬儀に参列したという報道がありました。

しかし、2012年に叶恭子さんと叶美香さんの父親が亡くなった際に、葬儀に参列しなかったという報道がありました。

叶恭子の内縁の夫との関係と暴露本の騒動


引用画像:スポニチ

叶恭子さんは内縁の夫がいたとのことで、関係を調べてみました。

叶恭子が17年間交際していたという内縁の夫との出会いと生活

叶恭子さんが17年間交際していたという内縁の夫は、佐藤茂さんです。

2人は、恭子さんが高校生の時に出会い、一緒に上京しました。

叶恭子さんは、高校を3年生で中退し、本名の小山恭子でファッションモデルとして活動を始めました。

佐藤茂さんは、叶恭子さんのマネージャー兼カメラマンとして、叶恭子さんの仕事をサポートしていました。

2人は、恭子さんが杉本エルザという芸名でグラビアアイドルとして活動していた頃から、同棲生活を送っていました。

叶恭子さんは、佐藤茂さんとの関係を「内縁の夫」と呼んでいましたが、婚姻届は提出していませんでした。

内縁の夫が叶恭子との関係を暴露した『シーザーの憂鬱』とその内容


引用画像:amazon

『シーザーの憂鬱』は、叶恭子さんの元内縁の夫である佐藤茂氏が、2000年4月に出版した暴露本です。

この本では、佐藤茂さんは、叶恭子さんとの出会いから別れまでの17年間のエピソードを、飼い猫シーザーの語りという形で赤裸々に語りました。

佐藤茂さんは、叶恭子さんが叶姉妹としての活動を始めたころから、叶恭子さんの態度が変わり、自分に冷たくなったと感じたと述べました。

また、叶恭子さんが自分の金品を持ち逃げしたとも主張しました。

この本の出版により、叶恭子さんと佐藤茂さんの関係は終わりを告げました。

叶恭子さんは、佐藤茂さんの主張を否定し、佐藤茂さんを名誉毀損で訴えると発表しましたが、その後の動向は不明です。

この本は、叶恭子さんの訴えにより、出版差し止めとなりました。

叶恭子が暴露本を名誉棄損で告訴し、和解した経緯とその後の関係

叶恭子さんが名誉棄損で告訴した暴露本は、2000年に出版された『シーザーの憂鬱 “ゴージャス姉妹”叶恭子の捨てた猫』です。

この本は、叶恭子さんのプライバシーを侵害する内容が含まれていました。

叶恭子さんは、本の出版差し止めと1000万円の損害賠償を求めて、男性に対して訴訟を起こしました。

その後、双方が和解し、本の帯に掲載されていた叶恭子さんの写真を使用しないことで騒動は収束しました。

叶恭子の現在の活動と今後の展望


引用画像:ザ・テレビジョン

叶恭子さんの現在と今後の展望について調べてみました。

叶姉妹としてのセレブリティとしての活躍と影響力

叶姉妹は、セレブリティとしての活躍だけでなく、影響力も持っています。

彼女たちは、様々な社会貢献活動にも積極的に参加しており、動物愛護や環境保護、子供の教育などに関心を持っています。

また、サブカルチャーにも造詣が深く、アニメや漫画のコスプレをして写真を公開することで、新たなファン層を獲得することにも成功しています。

叶恭子の個人的な趣味やライフスタイル

叶恭子さんの個人的な趣味は、昆虫やベンガルキャットの飼育、入れ墨、コスプレなど多岐にわたります。

特に昆虫は大好きで、アリやカブトムシなどを飼っていたことがあります。

また、入れ墨は蝶や白虎などのモチーフを施しており、自身の個性を表現しています。

コスプレでは、アニメや漫画のキャラクターに扮して写真をブログに掲載しており、新たなファンを獲得しています。

叶恭子さんのライフスタイルは、一般人には想像もつかないほど豪華でセレブリティです。

叶恭子は、高級ブランドの服やアクセサリーを身につけており、特にバッグは一流の職人にオーダーメイドをした1点物を持っています。

また、叶恭子は「メンズ」と呼ぶ取り巻きの男性たちとデートを楽しんでおり、その中でも容姿端麗な男性のことを「グッド・ルッキング・ガイ」と呼んでいます。

叶恭子の人生における最優先事項は、妹である叶美香さんであり、彼女との仲はとても良好です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)