【大地主の御曹司】河奈裕正の元嫁が語る松田聖子との略奪婚の裏側

河奈裕正さんは松田聖子の現在の夫で、元慶応の准教授で歯科医師です。

しかし、河奈裕正さんには前妻との間に双子の息子がいました。

河奈裕正さんは前妻に突然離婚を切り出し、2年後に松田聖子さんと結婚しました。

この記事では、河奈裕正さんの元嫁が語る離婚の経緯や松田聖子さんとの関係を紹介します。

また、河奈裕正さんのプロフィールや資産、松田聖子さんとの出会いや結婚後の様子も探ります。

松田聖子さんと河奈裕正さんの略奪婚の裏側を知りたい方は、ぜひこの記事をお読みください。

河奈裕正と元嫁の馴れ初めと結婚生活


引用画像:東京歯科大学

河奈裕正さんと元嫁は、1991年に静岡県の病院で出会いました。

河奈裕正さんの元嫁は8歳下の看護師で、河奈裕正さんは歯科医として出向していました。

河奈裕正さんは、1993年から1995年までドイツに留学しましたが、遠距離恋愛を続け、1995年に結婚しました。

河奈裕正さんと元嫁は、2000年に双子の息子を授かりました。元嫁は子育てに専念するために看護師を辞めました。

1993年から1995年までドイツに留学での遠距離恋愛を乗り越えて1995年に結婚

河奈裕正さんは、1993年から1995年までドイツに留学しました。

留学先は、ミュンヘン大学の歯科医学部でした。

留学の目的は、歯科インプラントの研究と技術の習得でした。

留学中には、ドイツ語を勉強し、現地の文化や人々とも交流しました。

留学後には、日本歯科インプラント学会の理事や評議員に就任し、歯科インプラントの普及に貢献しました。

河奈裕正さんはドイツでの留学中の遠距離恋愛を乗り越えて1995年に結婚をしました。

河奈裕正と元嫁との結婚式

河奈裕正さんと元嫁は、1995年に結婚しました。結婚式は、ドイツで行われました。

河奈裕正さんは、1993年から1995年までドイツに留学していたので、その縁でドイツで挙式したと思われます。

結婚式には、親族や友人が参列しました。河奈裕正さんの実家の家族もドイツまで駆けつけたそうです。

双子の息子をもうける

河奈裕正さんと元嫁は、2000年に双子の息子を授かりました。

双子の息子は、一卵性で、顔も性格もよく似ていると言われています。

双子の息子は、東京都内の私立中学校に通っていましたが、河奈裕正さんと元嫁が離婚した後は、母親に引き取られて静岡県に移り住みました。

河奈裕正が元嫁に切り出した衝撃の一言


引用画像:X

河奈裕正さんは、2010年5月に元嫁に対して突然、「離婚してほしい」と言ったそうです。

元嫁は、河奈裕正さんが女性関係に問題があるのではないかと疑いましたが、河奈裕正さんは「女性関係ではない」と強く主張したそうです。

河奈裕正さんは、元嫁に「親権は放棄するから、養育費だけ払う」と言ったそうです。

元嫁は、河奈裕正さんに「理由を教えてほしい」と何度も尋ねましたが、河奈裕正さんは「言えない」との1点張りだったようです。

理由を告げずに家を出る

河奈裕正さんが理由を告げずに家を出たのは、2010年5月のことでした。

河奈裕正さんは当時、慶應義塾大学病院歯科・口腔外科の准教授で、松田聖子さんと交際していました。

 7か月の話し合いの末に離婚成立

元嫁は、精神的に追い詰められていったそうです。

河奈裕正さんと元嫁は、離婚に際して7か月間話し合いを続けましたが、最終的に慰謝料なしで養育費のみを支払うことで合意しました。

河奈裕正さんと元嫁の離婚は、2010年12月に成立しました。

この離婚は、一部のメディアから「略奪婚」と報じられましたが、河奈裕正さんと元嫁は離婚前に別居していたという情報もあります。

河奈裕正の元嫁が離婚後に再婚した相手


引用画像:岡山大学

河奈裕正さんの元嫁が離婚後に再婚した相手については、残念ながら公開されている情報はありません。

元嫁は、河奈裕正さんとの離婚後に静岡県に移り住み、息子たちと暮らしていると言われています。

元嫁は、河奈裕正さんとの離婚についてはほとんど語っておらず、プライベートなことは隠しているようです。

元嫁が再婚したかどうかは、本人や関係者しか知らないことでしょう。

河奈裕正の元嫁子供たちの現在

双子の息子は、現在は成人しています。

河奈裕正さんは息子たちと交流を続けているという話もあります。

双子の息子は、松田聖子さんとも仲が良いと言われています。

松田聖子さんは、河奈裕正さんと結婚する前に、双子の息子に会って挨拶をしたそうです。

河奈裕正の元嫁が語る松田聖子との不倫の証拠


引用画像:X

河奈裕正さんの元嫁が松田聖子さんとの不倫の証拠について語ったという情報は、残念ながら見つかりませんでした。

元嫁は、河奈裕正さんとの離婚についてはほとんど公表しておらず、プライベートなことは隠しているようです。

慰謝料の額も明らかに

河奈裕正さんが元嫁に支払った慰謝料の額については、公開されている情報はありません。

河奈裕正さんと元嫁は、離婚に際して7か月間話し合いを続けましたが、最終的に慰謝料なしで養育費のみを支払うことで合意しました。

河奈裕正と松田聖子の出会いと不倫関係


引用画像:X
河奈裕正さんと松田聖子さんは、2012年6月に結婚しました。

河奈裕正さんは歯科医師で、現在は神奈川歯科大学で口腔インプラント科診療科長を務めています。

松田聖子さんは、永遠のアイドルとして歌手として活躍しています。

二人の結婚は、一部のメディアから「略奪婚」と報じられましたが、実際のところはどうだったのでしょうか。

河奈裕正さんと松田聖子さんの出会いと不倫関係についてまとめました。

2010年に歯科医として松田聖子の治療を担当


引用画像:松田聖子オフィシャル

河奈裕正さんと松田聖子さんの出会いは、2010年に慶應義塾大学病院で行われた歯科インプラントの手術でした。

松田聖子さんは、歯の欠損に悩んでいたところ、友人の紹介で河奈裕正さんのもとに訪れました。

河奈裕正さんは、松田聖子さんの歯の状態を診断し、インプラントの治療を提案しました。

松田聖子さんは、河奈裕正さんの説明に納得し、手術を受けることにしました。

手術は無事に成功し、松田聖子さんは河奈裕正さんに感謝の気持ちを伝えました。

河奈裕正さんも、松田聖子さんの笑顔に魅了されました。

二人は、手術後の経過を確認するために何度も連絡を取り合い、やがて、二人の関係は友人以上恋人未満の微妙なものになっていきました。

河奈裕正さんは、家族との絆を大切にしていましたが、松田聖子さんとの惹かれ合いを止めることができませんでした。

河奈裕正と松田聖子の結婚と反響


引用画像:デイリー

河奈裕正さんは、離婚成立から2年後の2012年6月に松田聖子さんと再婚しました。

「略奪婚」と批判される


引用画像:松田聖子オフィシャル

河奈裕正さんと松田聖子さんが「略奪婚」と批判される理由は、二人が元嫁との離婚前から交際を開始していたことが発覚したからです。

河奈裕正さんは、2010年5月に元嫁に離婚を切り出し、理由を明かさずに家を出てしまいました。

その年の10月には、松田聖子さんとの不倫疑惑が報道されました。

河奈裕正さんと元嫁は、7か月間の話し合いの末に慰謝料なしで離婚しました。

河奈裕正さんは、離婚成立から2年後の2012年6月に松田聖子さんと再婚しました。

この離婚は、一部のメディアから「略奪婚」と報じられましたが、河奈裕正さんと元嫁は離婚前に別居していたという情報もあります 。

河奈裕正さんと松田聖子さんの結婚に対して、元嫁や一部のファンからは批判の声が上がりました 。

元嫁は、河奈裕正さんに「裏切られた」と感じ、激怒したと言われています。

一部のファンは、松田聖子さんが河奈裕正さんのためにイメチェンしたと見て、彼女の歌手としての魅力が失われたと感じたと言われています 。

また、河奈裕正さんが大地主の御曹司であることも明らかになり、松田聖子さんが金目当てで結婚したという噂も流れました。

河奈裕正は群馬県の大地主の御曹司

河奈裕正さんは、松田聖子さんの現在の夫で歯科医師ですが、実は群馬県の大地主の御曹司でもあります。

河奈裕正さんの先祖は、信州松本藩主の戸田光則に仕える身分の高い武士でした。

廃藩置県により、曾祖父の代で長野県から東京都に本拠地を移し、都内一等地にある土地の資産額は40億円にもなるそうです。

現在は土地の一部に賃貸用のマンションを建設し、家賃収入もあると思われます。

地元の不動産業者を回ると、口を揃えて「有名な大地主」、「古くからの名家」と表現していることから、家族は裕福な環境にあるようです。

実家の父親からの条件

松田聖子さんは、2012年6月に歯科医師の河奈裕正さんと再々婚を発表しました。

河奈裕正さんは、松田聖子さんとの結婚を決めた時、群馬県に住む実家の父親に挨拶に行きましたが、父親は芸能人が息子の嫁になることに反対でした。

河奈裕正さんの父親は、「今後はテレビに出て歌わないと約束するなら承諾する。歌うんだったら結婚はさせない」という条件を出したそうです。

この条件に対して、河奈裕正さんや松田聖子さんがどのような返答をしたのかは明らかにされていませんが、結婚後も松田聖子さんは歌手活動を続けています。

父親は、条件を解除したのか、それとも反対を押し切ったのか、不明です。

河奈裕正と松田聖子の現在と離婚危機


引用画像:デイリー新潮

河奈裕正さんと松田聖子さんは、2012年6月に結婚しましたが、その後、別居や離婚の噂が絶えませんでした。

神奈川歯科大学の教授に就任

河奈裕正さんは、1964年生まれで、群馬県の獣医師の家系に生まれ、東北大学歯学部を卒業後、慶應義塾大学医学部に研修医として入りました。

その後、国立病院や静岡県の病院で勤務した後、ドイツに留学し、日本に帰国後は、慶應義塾大学医学部の准教授として歯科・口腔外科学を教えました。

2018年には、慶應義塾大学医学部を退職し、神奈川歯科大学歯科インプラント学講座の教授に就任しました。

松田聖子の義娘の死去に同情

河奈裕正さんの義娘である神田沙也加さんが亡くなった際、河奈裕正さんは「私たちにとっては、家族の一員でした。本当に残念でなりません」とコメントしています。

別居報道や不仲説の真相


引用画像:X

河奈裕正さんと松田聖子さんの現在は、離婚危機というよりは、夫婦円満という方が近いようです。

二人は、マスコミの目を避けるために、ツーショットを撮られることはほとんどありませんが、松田聖子さんのライブに河奈裕正さんがサポートに駆けつけたり、松田聖子さんが腰痛で車椅子になった時に河奈裕正さんが介助したりと、お互いを支えあっている様子が目撃されています。

河奈裕正さんは、離婚危機の報道に対して激怒し、完全否定しています。

松田聖子さんも、河奈裕正さんのことを「私の夫は素晴らしい人です」と語っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)