【本当の姿が現れた】心屋仁之助の宗教的な一面に迫る!

心屋仁之助という名前を聞いたことがありますか?

心理カウンセラーとしてテレビや雑誌で活躍している人です。

心屋仁之助さんは「性格リフォームの匠」と呼ばれ、多くの人の悩みを解決してきたとされています。

しかし、心屋仁之助さんの本当の姿はどうなのでしょうか?

心屋仁之助さんのアドバイスは本当に心理学に基づいているのでしょうか?

心屋仁之助さんは宗教的な思想を持っているのでしょうか?

このブログでは、心屋仁之助さんの宗教的な一面に迫ります。

心屋仁之助さんは、心理学ではなく新興宗教の教祖なのか?

心屋仁之助さんのカウンセリングは、人を救うのか、それとも破滅させるのか?

真実を知りたい方は、ぜひお読みください。

心屋仁之助とはどんな人物か?


引用画像:X

心屋仁之助さんとは、日本の心理カウンセラー(公認資格はない)で、テレビや本で人気を博した人物です。

心屋仁之助さんは「性格リフォームの匠」と名乗り、自分らしく生きるためのアドバイスをしてきました。

しかし、2020年に心理カウンセラー活動を終了し、2021年からはミュージシャンとして活動しています。

心屋仁之助さんの考え方や教えは、がんばりすぎて苦しんでいる人には役に立つかもしれませんが、ガンガンがんばりたい人にはブレーキになるかもしれません。

心屋仁之助さんのカウンセリングの効果については、評価が分かれています。

性格リフォーム心理カウンセラーとして活躍


引用画像:PHP

性格リフォーム心理カウンセラーとは、自分の性格を変えることで問題を解決するという手法の心理カウンセラーです。

この手法は、心屋仁之助(現:JIN佐伯仁志)さんが考案したもので、心屋仁之助さんはテレビや本で人気を博しました。

心屋仁之助は、自分や家族の問題をきっかけに心理療法を学び、大手企業の管理職を辞めてカウンセラーとして起業しました。

心屋仁之助さんは、独自の「言ってみる」カウンセリングスタイルで、多くの人の心の悩みを解決してきたとされています。

心屋仁之助さんは、カウンセラーを卒業して、2021年からはミュージシャンとして活動しています。

 本やブログ、セミナーなどで多くのファンを獲得

心屋仁之助さんは、自分らしく生きるための心理学を提唱する人気の心理カウンセラーです。

心屋仁之助さんは、本やブログ、セミナーなどで多くのファンを獲得しました。

心屋仁之助さんの本は、70種以上におよび、累計発行部数は1000万部を超えており、ブログは、アメーバブログのランキングで常に上位に入り、多くのコメントやいいねを集めています。

心屋仁之助さんのセミナーは、毎回満席になるほどの人気で、参加者は心屋仁之助さんの言葉に感動や共感を覚えるといわれています。

心屋仁之助さんのファンは、彼の教えを実践して、自分の人生を変えたという声が多く聞かれます。

 佐伯仁志という本名と心屋仁之助というペンネームの由来


引用画像:Instagram

佐伯仁志は、心屋仁之助さんの出生名です。

心屋仁之助さんは兵庫県出身で、大学卒業後に佐川急便に入社しました。

心屋仁之助は、心理カウンセラーとして活動する際に使ったペンネームです。

心屋仁之助さんは、自分の心の問題を解決するために心理療法を学び、佐川急便を退職してカウンセラーとして起業しました。

心屋という名前は、彼が心の家(心屋)を建てるというコンセプトでカウンセリングを行っていたことに由来しているみたいです。

仁之助という名前は、心屋仁之助さんが尊敬する人物の名前をもじったものです。

心屋仁之助さんは、自分の父親や祖父、そして歌舞伎役者の市川團十郎の芸名に仁之助という名前があることに感銘を受けたらしいです。

2020年末に心理カウンセラー活動を終了し、2021年からは本名に愛称のJinをつけた「Jin佐伯仁志」としてミュージシャンとして活動しています。

心屋仁之助さんは、音楽が自分の本当の夢であり、心屋仁之助という名前はもう必要ないと判断したからだと語っています。

心屋仁之助の考え方や教えはどんなものか?


引用画像:心屋仁之助オフィシャル

心屋仁之助さんの考え方や教えは、自分らしく生きるための心理学です。

心屋仁之助さんは、自分の経験や問題をもとに、自分の性格を変えることで悩みを解決するという「性格リフォーム」の手法を提唱しています。

心屋仁之助さんの教えの中心には、「ゆるく生きる」「自分ファーストで生きる」「損をしよう」「無責任に生きる」といったメッセージがあります。

心屋仁之助さんは、人生は上りのエスカレーターであり、努力や苦労は必要ないと考えています。

自分の性格を変えることで問題を解決するという性格リフォームの手法

心屋仁之助さんは、自分の性格を変えることで悩みを解決するという「性格リフォーム」の手法を提唱している心理カウンセラーです。

心屋仁之助さんの「性格リフォーム」の手法は、以下のような特徴があります。

  • 自分の性格は、自分の思い込みや癖によって作られていると考えます。その思い込みや癖を変えることで、自分の性格も変わると信じます。
  • 性格を変えるためには、自分の心の家(心屋)を建てるというコンセプトを用います。心の家とは、自分の心のあり方や状態を表すもので、自分の心の家を自分の好きなように作り直すことで、自分の心も変わると考えます。
  • 心の家を建てるためには、「魔法の言葉」と呼ばれる言葉を使います。「魔法の言葉」とは、自分の心に響く言葉や、自分の思い込みや癖を逆転させる言葉のことで、自分に言ってみることで、自分の心を変えると考えます。
  • 性格を変えることで、自分の悩みや問題を解決するだけでなく、自分の夢や目標を実現することもできると考えます。自分の性格を変えることで、自分の人生を変えることができると信じます。

心屋塾という自身のコミュニティで弟子を育成


引用画像:X

心屋塾とは、心屋仁之助さんが創設した心理カウンセリングのスクールです。

心屋塾では、心屋仁之助さんの考え方やカウンセリング技法を学ぶことができます。

心屋塾には、入門講座とマスターコースという2つのコースがあります。

入門講座は、心屋仁之助さんの本やブログを読んだり、セミナーに参加したりして、心屋流の心理学に興味を持った人向けのコースです。

マスターコースは、心屋仁之助さんのカウンセリング技法を学びながら「カウンセリングができる人」「人を信頼できる自分」になることを目指すコースです。

心屋塾の卒業生は、心屋仁之助さんの弟子として、全国各地で心屋流心理学のセミナーやボランティアでのグループカウンセリングを展開しています。

心屋仁之助に対する批判や疑問の声はどんなものか?


引用画像:X

心屋仁之助さんは、自分らしく生きるための心理学を提唱する人気の心理カウンセラーですが、心屋仁之助さんに対する批判や疑問の声も少なくありません

心屋仁之助さんの発言や行動には、以下のような問題点が指摘されています。

  • 心屋仁之助さんは、自分の考え方や教えを絶対的なものとして押し付け、異なる意見や批判に対しては攻撃的に反応する傾向があります。
  • 心屋仁之助さんは、自分のブログやツイッターで、自分を叩く人を「蹴散らして、ぶち殺してやる」という暴言を吐いたことがあります。
  • 心屋仁之助さんは、自分のカウンセリングやセミナーで、相談者や参加者の深刻な悩みを笑い飛ばしたり、無責任なアドバイスをしたりすることがあります。心屋仁之助さんは子どもを亡くした女性に「次男が亡くなったことと(長男を)つなげるのはやめて」と言ったり、流産した女性に「流産は前世で自分が望んだ」と言ったりしました。
  • 心屋仁之助さんは、自分の教えに基づいて、自分ファーストで生きることや、損をすることや、無責任に生きることを勧めています。心屋仁之助さんは人生は上りのエスカレーターであり、努力や苦労は必要ないと考えています。心屋仁之助さんの教えは、社会的なモラルや倫理に反するという批判があります。
  • 心屋仁之助さんは、自分の教えを学ぶために、高額な年会費や参加費を徴収することがあります。心屋仁之助さんは自分のコミュニティ「心屋塾」で弟子を育成し、心屋仁之助さんの影響力を拡大しています。心屋仁之助さんのビジネスは、信者ビジネスやマインドコントロールに近いという疑惑があります。

以上のように、心屋仁之助さんに対する批判や疑問の声は、心屋仁之助さんの人格や信念、カウンセリングや教え、ビジネスやコミュニティなど、さまざまな側面から出ています。

無資格でカウンセリングを行うことへの批判

心屋仁之助さんはは無資格でカウンセリングを行っていることに対して、多くの批判や疑問の声があります。

心屋仁之助さんは、国家資格である公認心理師や臨床心理士とは異なり、心屋塾という自らのコミュニティで認定した心屋認定心理カウンセラーという肩書きを使っています。

しかし、この肩書きには、心理学やカウンセリングの専門的な知識や技術、倫理や責任を保証するものはありません。

心屋仁之助さんのカウンセリングは、無資格であり、無責任であり、無倫理であるという批判があります。

心屋仁之助の家族に起こった事件とは?


引用画像:Instagram

心屋仁之助さんの家族に起こった事件とは、心屋仁之助さんの妻が心屋仁之助さんの弟子と不倫したことです。

この不倫が発覚した後、心屋仁之助さんは妻と離婚し、弟子とも縁を切りました。

この事件は、心屋仁之助さんの心に大きな傷を残し、心理療法を学び始めるきっかけとなりました。

心屋仁之助さんは、この事件を乗り越えるために、自分の性格を変える「性格リフォーム」の手法を提唱するようになりました。

この事件は、心屋仁之助さんの人生を大きく変えた出来事と言えるでしょう。

娘の虐待とその肯定

心屋仁之助さんは、自身のブログで、娘が小学生の頃、母親に叩かれていたというエピソードを公開しました。

そのブログでは、心屋仁之助さんは娘に対して、「キミの娘さん叩かれるために生まれてきたのよ。だから、叩きたくもないキミを動かしたのよ」という衝撃的な言葉をかけたと書いています。

心屋仁之助さんは娘が虐待されることを肯定し、それが娘や母親の成長のために必要なことだと主張しています。

このブログは、多くの批判や疑問の声を呼びました。

精神科医の斎藤環さんは、心屋仁之助さんの発言は「心理学ではなく新興宗教」と断じ、虐待の連鎖を断ち切るためには「それで、いい」と肯定するのではなく、「それは、いけない」と否定することが必要だと指摘しました。

また、心理カウンセラーの能登丈暁さんは、心屋仁之助さんのカウンセリングは無資格であり、無責任であり、無倫理であるという批判を展開しました。

心屋仁之助の宗教的な一面はあるのか


引用画像:Instagram

  • 心屋仁之助さんの教えは、社会的なモラルや倫理に反するという批判があります。
  • 心屋仁之助さんは自分の教えを学ぶために、高額な年会費や参加費を徴収することがあります。彼は、自分のコミュニティ「心屋塾」で弟子を育成し、心屋仁之助さんの影響力を拡大しています。心屋仁之助さんのビジネスは、信者ビジネスやマインドコントロールに近いという疑惑があります。

以上のように、心屋仁之助さんの宗教的な一面は、心屋仁之助さんの人格や信念、カウンセリングや教え、ビジネスやコミュニティなど、さまざまな側面から問題視されています。心屋仁之助さんの考え方や教えに興味を持つ人は、これらの批判や疑問を参考にして、自分の判断をすることが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)