栗山英樹のモテる若い頃の画像が衝撃的!イチローの妻との婚約破棄の真相とは?

栗山英樹さんといえば、北海道日本ハムファイターズや侍ジャパンの監督として活躍する野球界の名将ですが、若い頃はとてもイケメンで女性にモテまくっていたことをご存知でしょうか?

今回は、栗山英樹さんのモテていた若い頃の画像と、イチローさんの妻である福島弓子との婚約破棄の真相についてお伝えします。

栗山英樹のプロフィールと経歴


引用画像:朝日新聞

栗山英樹さんは、野球指導者で元プロ野球選手です。

現在は北海道日本ハムファイターズのプロフェッサーとして育成補佐をしています。

栗山英樹さんは、1961年4月26日に東京都小平市で生まれました。

高校は創価高校で、主将兼エースとして活躍しましたが、甲子園出場はなりませんでした。

大学は東京学芸大学で、投手、内野手、外野手として優れた成績を残しました。

1983年にドラフト外でヤクルトスワローズに入団しました。

外野手としてスピードと打撃力を発揮し、1989年にはゴールデングラブ賞を受賞しました。

しかし、メニエール病に苦しみ、1990年に現役を引退しました。

引退後は野球解説者やスポーツジャーナリストとして活動しました。

また、白鷗大学の教授や東京学芸大学の講師としても教鞭をとりました。

2012年からは北海道日本ハムファイターズの監督に就任しました。

2016年には日本シリーズ優勝と最優秀監督賞を獲得しました。2021年まで10年間監督を務め、球団最長の記録を更新しました。

2021年からは侍ジャパンの監督にも就任しました。

2023年のワールド・ベースボール・クラシックで日本代表を率いて、決勝でアメリカに勝利し見事、優勝しました。

2022年からは北海道日本ハムファイターズのプロフェッサーとして育成補佐をしています。

また、北海学園の特任教授としても講演を担当しています。

東京生まれの野球少年

栗山英樹さんは東京都小平市で生まれました。

小学校時代には父親が創設した少年野球チームに入り、野球を始めました。

中学3年時にはポニーリーグチームで投手として日米大会に出場し、MVPを獲得しました。

高校は創価高校で、主将兼エースとして活躍しましたが、甲子園出場はなりませんでした。

大学は東京学芸大学で、投手、内野手、外野手として優れた成績を残しました。

ドラフト外からプロ野球選手に


引用画像:スポニチ

栗山英樹さんは、1983年に東京学芸大学を卒業後、ドラフト外でヤクルトスワローズに入団しました。

野球解説者の佐々木信也さんの紹介でプロテストを受ける機会を得たことがきっかけでした。

栗山英樹さんは、遊撃手として一軍デビューを果たしましたが、その後はメニエール病や故障にも悩まされました。

外野手に転向してスイッチヒッターになり、1989年にはゴールデングラブ賞を受賞しましたが、1990年に29歳で現役引退を決めました。

野球解説者や大学教授を経て監督に


引用画像:ForbesJapan

1990年にヤクルトスワローズで現役引退した栗山さんは、1991年からテレビ朝日やTBSテレビ、TBSラジオなどで野球解説者として活動しました。

また、スポーツニッポンの専属野球評論家としても記事を執筆しました。

1993年からは東京学芸大学の講師として教鞭をとり、2008年からは白鷗大学の教授に就任しました。

教育学やスポーツ社会学などの分野で研究や講義を行いました。

2012年からは北海道日本ハムファイターズの監督に就任しました。

10年間の監督経験で、リーグ優勝2回、日本一1回、クライマックスシリーズ出場5回という成績を残しました。

2021年からは侍ジャパンの監督にも就任しました。

2023年のワールド・ベースボール・クラシックで日本代表を率いましたが、決勝でアメリカに敗れて準優勝に終わりました。

2022年からは北海道日本ハムファイターズのプロフェッサーとして育成補佐をしています。

また、北海学園の特任教授としても講演を担当しています。

栗山英樹のモテる若い頃の画像とエピソード


引用画像:文春オンライン

栗山英樹さんは、野球界の名将として尊敬されていますが、恋愛面ではあまり誠実ではなかったようです。

現在も独身で、野球に全てを捧げています。

モデルや女優との交際歴

栗山英樹さんは、現在独身ですが、過去にはモデルや女優との交際歴がありました。

  • 福島弓子さん
  • 伊達公子さん
  • 水野真紀さん
  • 佐藤江梨子さん

 


引用画像:Yahoo知恵袋

福島弓子さん:元TBSアナウンサーで、現在はイチローさんの妻です。

栗山英樹さんとは1994年頃に交際を始め、結婚寸前までいきましたが、栗山さんが一方的に婚約を破棄しました。


引用画像:YONEX

伊達公子さん:元プロテニス選手で、現在はテニス解説者です。

栗山英樹さんとは1995年頃に交際を始めましたが、栗山英樹さんが福島弓子さんとの婚約を破棄したことで世間の非難を浴びました。

そのため、二人は交際を隠していましたが、1996年に破局しました。


引用画像:X

水野真紀さん:女優で、自民党衆議院議員の後藤田正純さんと結婚されていました。

栗山英樹さんとは1997年頃に交際を始めましたが、栗山英樹さんがメニエール病に苦しみ、野球に専念するために別れを切り出しましたと言われています。


引用画像:Yahoo知恵袋

佐藤江梨子さん:女優で、現在は一般男性と結婚しています。

栗山英樹さんとは2000年頃に交際を始めましたが、栗山さんが白鷗大学の教授に就任し、忙しくなったことで疎遠になりました。

栗山英樹とイチローの妻・福島弓子との婚約破棄の真相


引用画像:X

栗山英樹さんと福島弓子さんは、1994年にTBSのスポーツ番組で共演したことがきっかけで交際を始めました。

二人は結婚を前提とした真剣な関係で、栗山英樹さんは福島弓子さんの両親に挨拶に行き、婚約という形になりました。

しかし、その後、栗山英樹さんは一方的に婚約を破棄し、福島弓子さんを傷つけました。

その理由は、当時プレイボーイだった栗山英樹さんは、テニス選手の伊達公子さんに惹かれてしまったからだと言われています。

あるメディアによると、福島弓子さんに対して、栗山英樹さんは「99%は福島弓子さんのことを考えているが、残り1%は伊達公子さんを考えている」と言い放ったとの情報もあります。

こういった情報もありますが、ただ単に食事をしただけの関係だったという証言もあります。

栗山英樹さんが過去に結婚まで考えたと報道されたのは、福島弓子さんだけです。

この婚約破棄により、福島弓子さんは精神的に追い込まれ、心労で頬が瘦せこけ、辛い日々を送ったそうです。

その後イチローさんと出会い、幸せな結婚生活を送っています。

栗山英樹さんは福島弓子さんと結婚直前で破局してから結婚歴もなく、独身を貫いてきました。

野球に集中している人生なので、新たに結婚する暇もなかったのかもしれませんね。

栗山英樹のモテる理由と魅力


引用画像:X

若き日の栗山英樹さん。

イケメンのプロ野球選手ということで、モテそうですよね。


引用画像:なんJ

塁上の貴公子とも言われていますね。

イケメンでスタイル抜群の外見


引用画像:X

筋肉質の引き締まった体と甘いマスクをされています。

栗山英樹さんの若い頃はバレンタインデーの時期の海外キャンプでは、ファンから数えきれないほどのチョコレートをもらっていたと言われています。

栗山英樹さんの性格は気さくで気取らないものだったため、人気があったとのことです。

また、栗山英樹さんは現役時代にヤクルトスワローズに入団した時、同じく人気のあった荒木大輔選手を上回るほどの人気があったと言われています。

知性と教養を兼ね備えた内面


引用画像:X

栗山英樹さんはイケメンで、国立大学(東京学芸大学)出身とあり、知性もルックスも良いことから嫉妬の対象にもなったと言われています。

栗山英樹のモテる恋愛観と結婚しない理由


引用画像:X

栗山英樹さんは、日本のプロ野球監督で、2023年のWBCで侍ジャパンを優勝に導きました。

栗山英樹さんは現在61歳ですが、結婚歴はありません。

栗山英樹さんはこれほどの人気があったにも関わらず、これまで結婚したことがなく、現在も独身です

栗山英樹さんは、野球への愛が強く、選手を預かる立場として結婚を考える余裕がなかったようです。

栗山英樹さんは、選手には早く結婚することを勧めていますが、自分のこととなると結婚の優先順位は低いようです。

栗山英樹さんの恋愛観は、野球愛や責任感が強く、自分のしたいことに集中できる独身生活を選んでいると言えるでしょう。

栗山英樹さんにとって、野球は恋人のような存在なのかもしれませんね。

栗山英樹のメニエール病との闘いと克服


引用画像:amazon

メニエール病は、めまいや難聴、耳鳴りなどの症状を引き起こす内耳の病気です。

栗山英樹さんは、メニエール病という難病を抱えながらも、プロ野球選手として活躍し、監督として日本をWBC優勝に導きました。

 プロ2年目に発症した難病

栗山英樹さんは、プロ野球選手として活躍していた1985年にメニエール病を発症しました。

栗山英樹さんは、試合中に突然目まいや立ちくらみを覚えるようになり、地面が揺れたりボールが2つにも3つにも見えたりすることもありました。

しかし、症状を隠しながらも野球に情熱を注ぎ、スイッチヒッターに挑戦したり、高い打率を残したりしました。

オフシーズンには長期入院をするほど重症でしたが、自分よりも深刻な病気の子供たちと出会ってからは、「一期一会の精神で野球に全力を尽くそう」と前向きになりました。

栗山英樹さんは、メニエール病を完全に克服したわけではありませんが、病気と闘いながらも野球に貢献し続けました。

1990年に29歳で引退しましたが、その後は野球解説者や監督として活躍しています。

 空振りを連発


引用画像:X

栗山さんは、メニエール病の症状を隠しながら試合に出続けましたが、ある試合でボールが2つに見えてしまい、打席で空振りを連発しました。

その後、チームメイトに「お前、目がおかしいんじゃないのか」と言われ、初めて自分の病気を告白しました。

野球への情熱と子供たちの支えで復活

栗山さんは、メニエール病の治療のために入院した際に、自分よりも重い病気の子供たちと出会いました。

彼らの姿に感動し、自分の病気を受け入れることができました。

また、子供たちに野球の楽しさを伝えるために、病院の屋上でキャッチボールをしたこともありました。

栗山英樹さんは、メニエール病の症状が悪化すると、耳鳴りやめまいに悩まされることがありました。

そんなときには、自分の好きな音楽を聴いて気分を紛らわせることがありました。

特に、ビートルズの「Let It Be」がお気に入りでした。

栗山英樹の今後の展望


引用画像:毎日新聞

栗山英樹さんの今後の展望はどうなんでしょうか。

日本ハムのプロフェッサーとして育成に携わる


引用画像:北海道ボールパーク F ビレッジ

栗山英樹さんは、2021年12月20日に日本ハムの新設ポスト「プロフェッサー」に就任することが発表されました。

プロフェッサーとは、2023年に「北海道ボールパーク F ビレッジ」の開業を控え、“世界がまだ見ぬボールパーク”でプレーするにふさわしい選手づくり、チームづくりを推進していくために新設されたポストです。

栗山英樹さんは、プロフェッサーとして、現役生活や監督としてチームを率いたプロ野球での経験、さらにはスポーツキャスターや大学教授として培った豊かな知見と類まれなキャリアに基づいて選手教育の指揮を執ります。

また、選手を対象に定期的に講義を行うなど、チーム強化の二大指針の一つである「育成」を推進します。

栗山英樹さんは、野球人としての人間形成をつかさどる役割を担います。

栗山英樹さんは、プロフェッサーとしての初仕事として、2022年1月17日に新人合同自主トレが行われた千葉・鎌ケ谷の球団施設を訪問し、ルーキー13選手に約1時間半の熱血講義を行いました。

栗山英樹さんは、「超一流になるため」の金言を授け、新人全員に「小さな修養論『致知』の言葉」という本をプレゼントしました。

栗山英樹さんは、講義で「人のせいにするな、前に進んでくれ」との思いも伝えました。

 北海学園の特任教授として教育に貢献する


引用画像:北海学園

栗山英樹さんは、2022年4月1日に学校法人北海学園の特任教授に就任しました。

栗山英樹さんは、特任教授として、北海学園大学や北海商科大学、北海高等学校や北海学園札幌高等学校などの学生や教職員に、自分の豊富な野球経験や知見を講義や指導を通して伝えています。

特に「人間学」をテーマにして、人生や野球における「超一流になるため」の秘訣や心構えなどを語っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)