【多彩な経歴のプリンセス】メーガン妃の生い立ちに迫る!幼少期から女優・王室妃までの軌跡

メーガン妃は、アメリカ・ロサンゼルスでオランダ・アイルランド系の父親とアフリカ系アメリカ人の母親のもとに生まれました。

幼いころからフェミニズムや社会正義に関心を持ち、カトリック系のお嬢様学校に通いました。

ノースウェスタン大学で演劇と国際関係を学び、アルゼンチンの米国大使館でインターンをしました。

女優として活動を始め、人気ドラマ「SUITS/スーツ」で知名度を上げました。

2018年にイギリス王室のヘンリー王子と結婚し、王室の公務や慈善活動に専念するようになりました。

2019年に長男のアーチー君が誕生し、2021年に長女のリリベットちゃんが誕生しました。

メーガン妃は、多彩な経歴を持つプリンセスです。

今回はメーガン妃の生い立ちについて調べてみました。

メーガン妃の生い立ち・出生と家族


引用画像:MOVIEWALKER

メーガン妃の幼少期や家族について調べてみました。

アメリカ・ロサンゼルスで生まれる


引用画像:slobodenpecat

メーガン妃は、1981年8月4日にレイチェル・メーガン・マークルとしてロサンゼルスで生まれました。

父親はオランダ・アイルランド系の照明ディレクター、母親はアフリカ系アメリカ人のヨガインストラクターでした。

両親はメーガン妃が6歳のときに離婚し、その後は母親と暮らしました。

国際色豊かな両親との関係


引用画像:vanityfair

メーガン妃は、両親の影響を受けて多文化的な価値観を持ちました。

父親は照明ディレクターとして働いており、メーガン妃は父親の仕事現場によく同行していました。

そこでメーガン妃は、映画やテレビの世界に興味を持ち、女優になる夢を抱きました。

母親はヨガインストラクターとして働いており、メーガン妃は母親のヨガのレッスンに参加していました。

そこでメーガン妃は、ヨガの哲学や精神的な健康に関心を持ちました。

メーガン妃は、両親との関係を大切にしています。

父親とは離れて暮らしているため、電話やメールで連絡を取り合っています。

母親とは非常に仲が良く、よく一緒に旅行やショッピングを楽しんでいます。

メーガン妃は、両親から受けた愛情や教育に感謝しており、自分のアイデンティティや価値観を誇りに思っています。

メーガン妃は、国際色豊かな両親との関係を通して、多様性や寛容さを学んだプリンセスです。

両親の離婚と母親との暮らし

メーガン妃は、小学5年生のときに女性差別的なCMに抗議する手紙を送り、メーカーがキャッチフレーズを変えたことがあります。

このとき、母親のドリアさんはメーガン妃に「世界を変えることができる」と言って励ましました。

メーガン妃は、母親のドリアさんと一緒にヨガのレッスンに参加しており、ヨガの哲学や精神的な健康に関心を持ち、現在もヨガを続けています。

メーガン妃は、母親のドリアさんと仲が良く、母親のドリアさんを「私のロック」と呼んでいるみたいです。

メーガン妃の生い立ち・教育とキャリア


引用画像:Yahooニュース

メーガン妃はどんな教育を受けて育ったのでしょうか?

カトリック系のお嬢様学校で学ぶ

メーガン妃は、中学・高校はカトリック系のお嬢様学校に通いました。

この学校は、ジョニー・デップさんの娘であるリリー・ローズさんも通っていたそうです。

学費は1年間で160万円もかかりましたが、父親が7500万円の宝くじを当てて学費に充てたとか。

ノースウェスタン大学で演劇と国際関係を専攻する


引用画像:Yahoo

メーガン妃は、イリノイ州エヴァンストンにある名門校ノースウェスタン大学に通いました。

この大学は、2021年のQS世界大学ランキングで30位に位置する学力の高い大学です。

メーガン妃は、2003年に演劇と国際関係の2つの学位を取得して卒業しました。

演劇の専攻では、シェイクスピアやチェーホフなどの名作に挑戦し、演技力を磨きました。

国際関係の専攻では、スペイン語やフランス語を学び、在学中には炊き出しに志願したり、卒業後にはアルゼンチンの米国大使館でインターンをしたりしました 。

女優としての活動とブログの開設


引用画像:Yahooニュース

メーガン妃は、女優として様々な映画やテレビドラマに出演してきました。

最も有名なのは、法律ドラマ「SUITS/スーツ」でレイチェル・ゼイン役を演じたことでしょう。

このドラマは、2011年から2018年まで放送され、メーガン妃は第7シーズンまで出演しました。

メーガン妃は、演技だけでなく、ライフスタイルやウェルネスにも関心を持っていました。

2014年には、自身のブログ「The Tig」を開設しました。

このブログは、お気に入りの赤ワイン「ティニャネロ」にちなんだ名前で、料理のレシピやファッション、旅行、日常生活のあれこれについて綴っていました。

メーガン妃の生い立ち・恋愛と結婚


引用画像:東京新聞

美しいメーガン妃の恋愛や結婚について調べてみました。

最初の夫との出会いと離婚


引用画像:デイリー

メーガン妃は、2004年に映画プロデューサーのトレバー・エンゲルソン氏と出会い、恋に落ちました。

2人は7年間の交際を経て、2011年にジャマイカで結婚式を挙げました。

このときメーガン妃は、「トレバーのいない人生なんて想像もできない」と親友に話していたそうです。

しかし、結婚後は2人の関係に亀裂が入り始めました。

メーガン妃はドラマ「SUITS/スーツ」の撮影でカナダのトロントに長期滞在し、一方、夫のエンゲルソン氏はロサンゼルスで活動していました。

遠距離での結婚生活を続けるうちに、いつしか2人の間に隙間風が吹くようになりました。

また、メーガン妃が有名女優になると、それまでの友人たちとの関係も変わっていきました。

メーガン妃は、自分のキャリアにプラスになる人物だけを友人にしたがっているように見えたという。

2013年、メーガン妃は単独で結婚生活に終止符を打つという決断を下しました。

離婚申請時の理由は、「和解しがたい不和」という抽象的なものでした。

メーガン妃は、ダイヤモンドの結婚指輪と婚約指輪を書留で送り返すという「残酷な行為」に出ました。

この一件は、夫のエンゲルソン氏にとっては「寝耳に水」だったに違いありません。

ヘンリー王子との馴れ初めと婚約


引用画像:ポストセブン

メーガン妃とヘンリー王子は、2016年7月にロンドンのレストランで知人の紹介により初めて出会いました。

メーガン妃はアメリカの人気ドラマ「SUITS/スーツ」に出演していた女優で、ヘンリー王子はイギリス王室の第5位の王位継承者でした。

2人はすぐに意気投合し、その後も頻繁にデートを重ねました。

しかし、交際が発覚すると、メーガン妃は人種や経歴などを理由にメディアやネット上で誹謗中傷されるようになりました。

ヘンリー王子は、メーガン妃を守るために王室から異例の声明を発表しました。

2人の愛は困難に負けず、2017年11月に婚約を発表しました。

婚約指輪は、ヘンリー王子が自らデザインし、故ダイアナ妃のダイヤモンドを使って作られました。

婚約発表のインタビューでは、2人は幸せそうに見つめ合い、プロポーズのエピソードや将来の夢などを語りました。

メーガン妃とヘンリー王子は、異なる背景を持つ2人が出会い、愛し合い、結ばれたおとぎ話のようなカップルです。

結婚前のエピソード


引用画像:毎日新聞

メーガン妃とヘンリー王子は、交際が発覚する前に、ボツワナで3週間のキャンプ旅行を楽しみました。

2人はテントで寝泊まりし、星空を眺めながらお互いのことを深く知り合ったそうです。

この旅行が2人の関係を強めるきっかけになりました。

メーガン妃は、ヘンリー王子との結婚式の3日前に、カンタベリー大主教と一緒に教会で結婚の誓いを交わしました。

メーガン妃は、このことをオプラ・ウィンフリーのインタビューで明かしましたが、実はこれは正式な結婚式ではなく、2人だけの「秘密のウエディング」だったそうです。

メーガン妃は、「私が望んだのはミモザとクロワッサンだけだった」と語りました。

華やかな結婚式と第一子の誕生


引用画像:CNN

メーガン妃は、2018年5月19日にイギリス王室のヘンリー王子と結婚しました。

2人の結婚式は、ウィンザー城のセント・ジョージ礼拝堂で行われ、世界中から注目を集めました。

メーガン妃は、ジバンシィの白いドレスにヴェールとティアラを身につけ、チャールズ国王にエスコートされてバージンロードを歩きました。

ヘンリー王子は、赤い軍服に金色の飾りをつけて待っていました。

2人は、愛と尊敬を誓い合い、指輪を交換しました。

式の後、馬車に乗ってウィンザーの街をパレードし、沿道の人々から祝福を受けました。

メーガン妃とヘンリー王子は、2019年5月6日に第一子の息子を出産しました。

メーガン妃とヘンリー王子はらは、アーチー・ハリソン・マウントバッテン=ウィンザーと名付けました。

2日後、ウィンザー城でメディアに赤ちゃんを披露しました。

メーガン妃は、「世界に最高の男性が2人もいて、私はとても幸せです」と語りました。

ヘンリー王子は、「彼はとてもスイートで落ち着いた赤ちゃんです」と語りました。

その後、エリザベス女王に赤ちゃんを紹介しました。

メーガン妃の生い立ち・慈善活動と社会貢献


引用画像:Yahooニュース

メーガン妃は慈善活動や社会貢献に対して強い関心を持たれています。

フェミニズムや人権に関心を持つきっかけ

メーガン妃は、幼いころからフェミニズムや人権に関心を持っていました。

小学5年生のときには、女性差別的なCMに抗議する手紙を送り、メーカーがキャッチフレーズを変えたことがあります。

このとき、母親のドリアさんはメーガン妃に「世界を変えることができる」と言って励ましました。

メーガン妃は、この経験が自分の社会活動の原点だと語っています。

メーガン妃は、カトリック系のお嬢様学校に通い、ノースウェスタン大学で演劇と国際関係を専攻しました。

在学中には炊き出しに志願したり、卒業後にはアルゼンチンの米国大使館でインターンをしたりしました。

メーガン妃は、自分の才能や教育を社会に還元することが大切だと考えていました。

メーガン妃は、女優として活動する傍ら、様々な慈善団体やNGOと協力して、女性や子どもの権利や教育、健康などの問題に取り組んできました。

2015年には、国連女性の擁護者に任命され、フェミニズムについてのスピーチを行いました。

メーガン妃は、「女性たちは“声を見つける”必要などありません。だってすでに“声”を持っているんですから。ただ、それを使うための勇気が必要なのです。

人々はちゃんと耳を傾けるよう促されるべきなのです」と語りました。

メーガン妃は、フェミニズムや人権に関心を持つきっかけを自分の経験や教育に求め、社会に貢献することを目指していたと言われています。

国連やチャリティー団体との協力


引用画像:Yahooニュース

メーガン妃は、女優としての活動と並行して、女性や子どもの権利や教育、健康などの社会問題に取り組んできました。

2015年には、国連女性の擁護者に任命され、フェミニズムについてのスピーチを行いました。

メーガン妃は、国連だけでなく、ワールド・ビジョン²やワールド・ワイルド・ファンドなどのチャリティー団体とも協力して、アフリカやアジアなどの発展途上国の女性や子どもたちを支援してきました。

王室の公務からの離脱と新たな活動


引用画像:MOVIEWALKER

メーガン妃とヘンリー王子は、2020年1月に王室の公務から距離を置くと発表しました。

2人は経済的に独立し、イギリスと北米を行き来する生活を選びました。

王室からの離脱には、メディアやネット上での誹謗中傷や、王室のしきたりに縛られることへの不満などが影響したとみられます。

王室からの離脱に伴い、2人は「殿下」の敬称や公的資金を失いました。

また、王室の代表としての公務や軍務も辞めました。

しかし、2人は自分たちの信念や価値観を貫き、慈善活動や社会貢献に力を注いでいます。

2人は、自身の非営利団体「アーチウェル」を設立し、教育や健康、メディアなどの分野で活動しています。

メーガン妃の生い立ち・魅力と今後の展望


引用画像:Yahooニュース

メーガン妃はファッションや美に対して注目を世間から集めています。

ファッションや美容に対するこだわり


引用画像:precious

メーガン妃は、王室の一員としても、自分らしいファッションや美容を貫いています。

メーガン妃の着用したアイテムは、高級ブランドからファストファッションまで幅広く、自分の好みや体型に合わせて選んでいます。

メーガン妃は、シンプルで洗練されたスタイルが好きで、ベーシックカラーやモノトーンを多用し、小物やジュエリーでアクセントをつけています。

また、メーガン妃は、自然なそばかすを隠さない最低限のメイクが特徴で、ナチュラルビューティを目指しています。

メーガン妃のファッションや美容には、フェミニズムや社会貢献といった彼女の信念や価値観が反映されています。

メーガン妃は、女性の力や美しさを引き出すようなファッションを好み、女性の権利や教育などの問題に取り組むブランドや団体をサポートしています。

多彩な才能や趣味を発揮する場面

メーガン妃は、女優としてだけでなく、様々な分野で自分の才能や趣味を発揮しています。

例えば、彼女はカリグラフィの達人で、学生時代には結婚式の招待状などを書いてお金を稼いでいたそうです。

また、彼女は料理が得意で、自身のブログ「The Tig」でレシピを紹介したり、ヘンリー王子にチキンを作ってプロポーズされたりしたこともあります。

メーガン妃は、音楽やダンスにも興味があり、高校時代にはヒップホップのダンスチームに所属していました。

メーガン妃は、ヘンリー王子との結婚式の披露宴で、ウィットニー・ヒューストンの「I Wanna Dance With Somebody」を踊ったことを明かしています

第二子の出産と家族との幸せ


引用画像:毎日新聞

メーガン妃とヘンリー王子は、2021年6月4日に第二子の娘を出産しました。

メーガン妃とヘンリー王子は、リリベット・リリ・ダイアナ・マウントバッテン・ウィンザーと名付けました。

名前のリリベットは、ヘンリー王子の祖母であるエリザベス女王の愛称から、ダイアナはヘンリー王子の母である故ダイアナ妃から取りました。

メーガン妃とヘンリー王子は、第一子のアーチーとともにカリフォルニア州の自宅で幸せな家族生活を送っています。

メーガン妃は、第二子の妊娠前に流産を経験し、深い悲しみを味わっていました。

しかし、第二子の誕生で、その悲しみは喜びに変わりました。

メーガン妃の生い立ちに関する暴露本やインタビューの内容や評価


引用画像:デイリー

メーガン妃の生い立ちに関する暴露本が話題になっています。

その本とは、メーガン妃の異母姉サマンサ・マークル氏が書いた『ザ・ダイアリー・オブ・プリンセス・プシィーズ・シスター・パートI』です。

サマンサ氏は、メーガン妃を含む自身の家族の「隠された真実」を明かすとしています。

サマンサ氏は、メーガン妃とは17年間も会っておらず、メーガン妃の結婚式にも招待されなかったことから、メーガン妃に対して敵意を持っているとされています。

サマンサ氏は、メーガン妃が王室から離脱したことについても批判しており、メーガン妃を「嘘つき」や「詐欺師」と呼んでいます。

メーガン妃の生い立ちに関する暴露本は、メーガン妃の家族の確執や不和を暴くものと期待されていますが、メーガン妃の側は、この本に対して公式なコメントは出していません。

メーガン妃の生い立ちに関する暴露本は、メーガン妃の人気や評判に影響を与えるのでしょうか?

メーガン妃の生い立ちに関するネット上の反応や世論調査の結果


引用画像:Yahooニュース

メーガン妃は、アメリカの女優として活躍していたときに、イギリス王室のヘンリー王子と出会い、2018年に結婚しました。

しかし、王室のしきたりやメディアの圧力に耐えかねて、2020年に王室から離脱しました。

この決断には、世界中からさまざまな反応がありました。

ネット上では、メーガン妃の生い立ちや人種に関するコメントが多く見られました。

メーガン妃は、白人の父親と黒人の母親の間に生まれ、幼いころから差別や偏見に直面してきました。

メーガン妃の支持者は、メーガン妃のフェミニズムや社会貢献に賞賛の声を寄せました。

一方、メーガン妃の批判者は、彼女の野心や裏切りに非難の声を寄せました。

世論調査では、メーガン妃に対する評価は国や地域によって大きく異なりました。

例えば、日本では、メーガン妃に好感を持つ人が49.5%、持たない人が25.7%でした。

一方、イギリスでは、メーガン妃に好感を持つ人が29%、持たない人が61%でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)