【1年で破局した衝撃の理由】マスカラ・マヒカ2世と北斗晶の離婚の真相!

元女子プロレスラーの北斗晶さんは、現在は佐々木健介さんと結婚されていますが、実は一度離婚歴があることをご存知でしょうか?

その元夫とは、メキシコのプロレスラーであるマスカラ・マヒカ2世さんです。

お二人は、北斗晶さんがプロレス留学のためにメキシコに渡った際に出会い、1993年に結婚しました。

しかし、その結婚生活はたったの1年で終わってしまいました。

一体、何があったのでしょうか?

離婚理由は一切明かされておらず、謎に包まれています。

今回は、北斗晶さんとマスカラ・マヒカ2世さんの馴れ初めから離婚までの経緯を徹底的に調査しました。

また、お二人の間には子供がいるという噂もあります。その真相についても迫っていきます。

マスカラ・マヒカ2世と北斗晶の馴れ初め


引用画像:スポニチ

マスカラ・マヒカ2世と北斗晶さんとの馴れ初めから離婚までを調べてみました。

メキシコで出会った二人の恋の始まり

マスカラ・マヒカ2世さんと北斗晶さんの馴れ初めは、1991年にメキシコでプロレス留学をしていた北斗晶さんが、メキシコの人気レスラーだったマスカラ・マヒカ2世さんと出会ったことでした。お互いに惹かれ合い、交際をスタートさせました。

レイナ・フブキとして活躍した北斗晶のプロレス留学


引用画像:X

レイナ・フブキとして活躍した北斗晶さんのプロレス留学は、1991年から1994年までの約3年間にわたって行われました。

北斗晶さんはメキシコのプロレス団体EMLL(現在はCMLL)に参加し、覆面レスラーとして多くの試合に出場しました。

レイナ・フブキの名前は、日本のアニメ『 風の谷のナウシカ 』の主人公ナウシカの愛称「風の王女」と、メキシコのプロレスラー フブキ・カワダ の名前を組み合わせたものです。

レイナ・フブキは、メキシコの女子プロレス界で高い人気と実力を誇り、マスカラ戦やカベジェラ戦などのメキシコ独自のルールにも挑戦しました。

レイナ・フブキのパートナーとして、同じくメキシコに留学していた 井上京子 さんや、メキシコのレスラー マリポーサ さんなどが活躍しました。

レイナ・フブキは、メキシコでのプロレス留学を通して、技術や体力だけでなく、スペイン語やメキシコの文化も学びました。

レイナ・フブキは、1994年に日本に帰国し、北斗晶に戻りましたが、メキシコでの経験は、その後のプロレス人生に大きな影響を与えました。

レイナ・フブキが出場した試合の中でも特に印象的だったものは、1993年11月26日にメキシコシティで行われたCMLL世界女子王座決定戦です。

レイナ・フブキは、メキシコのレスラーであるマリポーサさんと対戦し、激しい攻防を繰り広げました。

試合は、レイナ・フブキがノーザンライトボムでマリポーサをピンフォールし、新王者に輝きました。

この試合は、メキシコの覆面レスラーとして初めて世界王座を獲得した日本人女子レスラーの快挙として歴史に残りました。

メキシコのレスリング界のスターだったマスカラ・マヒカ2世の経歴

マスカラ・マヒカ2世さんは、メキシコのプロレスラーで、1989年にデビュー、主にEMLL(現在はCMLL)という団体で活躍し、覆面レスラーとして人気を博しました。

マスカラ・マヒカ2世さんはマスカラ戦やカベジェラ戦などのメキシコ独自のルールにも挑戦し、多くのタイトルを獲得しました。

マスカラ・マヒカ2世と北斗晶の結婚と離婚


引用画像:X

マウカラ・マヒカ2世と北斗晶さんは1年という短い結婚生活になりました。

1993年に国際結婚した二人の結婚式

マスカラ・マヒカ2世と北斗晶の結婚式については、あまり詳しい情報はありませんが、以下のようなことがわかっています。

結婚式は1993年にメキシコで行われ、北斗晶さんの親友である井上京子さんや、メキシコのレスラーたちが参列したとのことです。

また、結婚式の様子は、メキシコのテレビ番組で放送されたとのことで、大きなニュースだったみたいです。

1994年にスピード離婚した二人の離婚理由

マスカラ・マヒカ2世と北斗晶さんの離婚理由は、公には明かされていませんが、一説によると、価値観の違いが原因だったと言われています。

お二人は、プロレス留学で出会い、1993年に結婚しましたが、翌年には離婚しました。結婚生活はたったの1年でした。

離婚後のマスカラ・マヒカ2世の消息と現在の関係

北斗晶さんとの離婚後のマスカラ・マヒカ2世の活動はあまり知られておらず、2010年以降の情報はありませんでした。

英語版のWikipediaによると、プロレストレーナーとして活動しているということですが、詳細は不明です。

最後に試合をしたのは2010年ごろだと言われています。

マスカラ・マヒカ2世はメキシコのプロレス界でスターだったので、今でもファンは多いと思います。

マスカラ・マヒカ2世と北斗晶の子供の噂


引用画像:X

マスカラ・マヒラ2世と北斗晶さんとの子供はいたのでしょうか。

マスカラ・マヒカJr.という男性が二人の子供ではないかとの疑惑

マスカラ・マヒカ2世と北斗晶さんの間に子供がいるという噂は、インターネット上で広まっているようですが、真偽は不明です。

その噂の元になったのは、マスカラ・マヒカJr.という名前のレスラーが、北斗晶さんとマスカラ・マヒカ2世の子供ではないかという推測です。

マスカラ・マヒカJr.は、メキシコのプロレス団体AAAに所属している覆面レスラーで、マスカラ・マヒカ2世の甥とされています。

しかし、マスカラ・マヒカJr.の素顔や本名は公開されておらず、北斗晶さんとの関係も確認されていません。

また、北斗晶さんは、ブログで元夫の家族との交流を紹介していますが、マスカラ・マヒカJr.については触れていません。

北斗晶とマスカラ・マヒカJr.の血縁関係の真相

マスカラ・マヒカJr.が北斗晶とマスカラ・マヒカ2世の子供であるというのは、根拠のない憶測に過ぎないと考えられます。

マスカラ・マヒカJr.のプロフィールとレスラーとしての活動

マスカラ・マヒカJr.は、メキシコのプロレス団体AAAに所属している覆面レスラーです。

マスカラ・マヒカJr.は2000年に手裏剣というリングネームでデビューし、2018年にマスカラ・マヒカJr.を名乗るようになりました。

彼はマスカラ・マヒカ2世の甥とされていますが、その素顔や本名は公開されていません。

マスカラ・マヒカJr.は主にタッグやトリオの試合に出場し、メキシコの覆面レスラーらしい華麗な空中技を披露しています。

マスカラ・マヒカ2世と北斗晶の家族との関係


引用画像:Yahooニュース

北斗晶さんと元夫の家族との交流を調べてみました。

北斗晶がブログで公開したメキシコの家族の写真

北斗晶さんは、メキシコのプロレス留学時代に親しくなった家族との写真を、ブログで何度か公開しています。


引用画像:北斗晶オフィシャル

2018年9月にメキシコを訪れた際に、空港で出迎えてくれた家族との集合写真。

北斗晶さんは「メキシコの私の家族達」と呼んでいます。

北斗晶さんは、メキシコの家族との交流を大切にしており、ブログでその様子を度々報告しています。

メキシコの家族も、北斗晶さんを温かく迎えてくれているようです。

北斗晶と元夫の家族との仲の良さと交流

北斗晶さんは、元夫のマスカラ・マヒカ2世さんとは離婚しましたが、その家族とは今でも仲が良いようです。

ブログで何度かメキシコの家族との写真を公開しています。

メキシコの家族との交流を大切にしており、ブログでその様子を度々報告しています。

マスカラ・マヒカ2世の伝説


引用画像:X

マスカラ・マヒカ2世はメキシコプロレス界での伝説とまで呼ばれていた選手です。

戦歴を調べてみました。

メキシコのプロレス界を席巻したマスカラ・マヒカ2世の輝かしい戦歴

マスカラ・マヒカ2世の輝かしい戦歴は以下になります。

団体 王座 相手 備考
1990 EMLL 世界ウェルター級王座 フエルテ・ゲレロ 初のシングル王座
1991 EMLL 世界ミドル級王座 アトランティス 2階級制覇
1992 EMLL 世界タッグ王座 ピラタ・モルガン パートナーはマスカラ・マヒカ2世
1993 EMLL 世界トリオ王座 モンテ・デ・マルバ パートナーはマスカラ・マヒカ2世とモンテ・デ・オロ
1994 AAA 世界タッグ王座 エル・イホ・デル・サント パートナーはマスカラ・マヒカJr.
1995 AAA 世界ミックスドタッグ王座 北斗晶 パートナーはマスカラ・マヒカ2世
1996 AAA 世界ヘビー級王座 コナン 最高位の王座
1997 AAA 世界ヘビー級王座 ペロ・アグアヨ 2度目の戴冠
1998 AAA 世界ヘビー級王座 ペロ・アグアヨJr. 3度目の戴冠
1999 AAA 世界ヘビー級王座 ラ・パルカ 4度目の戴冠
2000 AAA 世界ヘビー級王座 ヘクトール・ガルサ 5度目の戴冠
2001 AAA 世界ヘビー級王座 ヘビー・メタル 6度目の戴冠
2002 AAA 世界ヘビー級王座 チェスマン 7度目の戴冠
2003 AAA 世界ヘビー級王座 メスティソ 8度目の戴冠
2004 AAA 世界ヘビー級王座 ラ・パルカ 9度目の戴冠
2005 AAA 世界ヘビー級王座 エレクトロショック 10度目の戴冠
2006 AAA 世界ヘビー級王座 カオス 11度目の戴冠
2007 AAA 世界ヘビー級王座 カオス 12度目の戴冠
2008 AAA 世界ヘビー級王座 カオス 13度目の戴冠
2009 AAA 世界ヘビー級王座 カオス 14度目の戴冠
2010 AAA 世界ヘビー級王座 カオス 15度目の戴冠

北斗晶と佐々木健介の再婚と幸せな家庭


引用画像:スポニチ

北斗晶さんと佐々木健介さんのおしどり夫婦は有名ですね。

1995年に再婚した北斗晶と佐々木健介の馴れ初め

北斗晶さんと佐々木健介さんの馴れ初めは、1995年4月に北朝鮮で行われた「平和のための平壌国際体育・文化祝典」で出会ったことがきっかけです。

北斗晶さんは全日本女子プロレス、佐々木健介さんは新日本プロレスの選手として参加しました。

佐々木健介さんは北斗晶さんに一目惚れし、積極的にアプローチしました。

北斗晶さんは最初は佐々木健介さんのことをあまり気にしていなかったそうですが、やがて彼の真摯な態度に惹かれていきました。

2人は交際を始めてから約1ヶ月後の6月4日に入籍しました。

スピード婚で話題になりましたが、今でも仲の良いおしどり夫婦として知られています。

二人の子供として生まれた佐々木健之介のプロフィールとレスラーとしての活動


引用画像:Instagram

佐々木健之介さんは、北斗晶さんと佐々木健介さんの長男で、1996年11月6日生まれです。

身長は180cm、血液型はB型です。

高校卒業後、カナダの大学に留学し、映像制作を学びました。

現在はカナダで映像ディレクターとして働いています。

2022年5月には、女子プロレスラーの門倉凛さんと結婚しました。

佐々木健之介さんは、レスラーとしての活動はしていませんが、プロレスに関わることはあります。

例えば、2018年には父の佐々木健介さんの引退試合に参加し、タッグパートナーとして共闘しました。

また、2020年には母の北斗晶さんのプロデュースする女子プロレス団体「Marvelous」の映像制作を担当しました。

佐々木健之介さんは、プロレス界の名門一家の一員として、映像制作の分野でプロレスに貢献しています。

北斗晶と佐々木健介の夫婦仲と家族のエピソード


引用画像:AMEBA

北斗晶さんと佐々木健介さんは、芸能界でも有名なおしどり夫婦です。

二人は1995年に電撃結婚し、その後も仲睦まじく、ニコニコ笑顔を絶やさないそうです。

北斗晶さんは乳がんを公表し闘病中には、佐々木健介さんが家事も仕事もこなし、入院中の北斗晶さんのところにも極力会いに行くという健気さを見せました。

北斗晶さんも佐々木健介さんのことを「鬼のように怖い嫁のことじゃなくて、旦那のためなら鬼にもなれる嫁のこと」と名言を残しています。

二人の間には、長男の健之介さんと次男の誠之介さんがいます。

健之介さんはカナダで映像ディレクターとして働いており、2022年には女子プロレスラーの門倉凛さんと結婚しました。

誠之介さんは大学生で、将来はプロレスラーになることを目指しているそうです。

北斗晶さんと佐々木健介さんは、息子たちに対しても愛情深く接しており、家族みんなで仲良く暮らしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)