【天才脳科学者が6歳で見た夢】中野信子の生い立ち・IQ130以上の元メンサ会員

中野信子さんは、1975年に東京都で生まれた脳科学者、医学博士、認知科学者です。

ホンマでっか!?TVにも出演されていますね。

中野信子さんは、東京大学工学部を卒業し、同大学院で脳神経医学を専攻しました。

その後、フランス国立研究所で博士研究員として勤務し、脳や心理学の最先端の研究に携わり、現在は東日本国際大学や京都芸術大学で教授を務めるほか、テレビやラジオ、雑誌などで幅広く活躍されています。

著書には『サイコパス』『不倫』『脳の闇』などがあります 。

今回は、中野信子さんの幼少期から現在に至るまでのエピソードや思い出を紹介していきます。

中野信子さんがどのようにして脳科学者になったのか、どんな夢や目標を持っているのか、どんな人生観や価値観を持っているのか、などを知ることができます。

また、中野信子さんの著書や研究成果についても、わかりやすく解説していきます。

中野信子の生い立ち・幼少期


引用画像:aera

中野信子さんは、6歳のときに見た夢がきっかけで、脳に興味を持ち始めたそうです。

天才脳科学者、中野信子さんの幼少期はどんな少女だったのか、調べてみました。

6歳で見た夢

中野信子さんが6歳の時に見た夢は、自分が死んだ後に、自分の脳が研究所に運ばれて、解剖されるというものでした。

中野信子さんは、その夢を見たことで、自分の脳がどうなっているのか、自分の意識や感情はどこから来るのか、という疑問を抱くようになりました。

その夢がきっかけで、中野信子さんは脳科学者になることを決意したと言われています。

 

中野信子さんは、6歳にして、夢の内容は天才物理学者のアルベルト・アインシュタインの死後、天才の脳みそを保存され、解剖されていたことを知っていたのでしょうかね?

中野信子の幼少期はどんな子供だった

中野信子さんは、幼少期に他人とコミュミケーションをとるのが苦手で、友達を作ることや、好きな物を好きということなど、皆に出来ることができなかったそうです。

また、物心がつく頃には周りとは自分は何か違うと感じていたのだとか。

中野信子さんは幼稚園では、周り子から「違う」と言われることが何度もあったが、何が違うのかが、分からなかったとコメントされていました。

自分では普通のつもりが他人からしたら変と感じられているのを幼稚園の時に気付いていたとのことでした。

また、女の子と男の子でコミュニケーションの取り方が違うという感覚も幼稚園当時でなんとなく理解されていたようです。

 

中野信子さんは幼稚園の時にもう既に知能が大人のような感覚ですよね。

学問への早期の興味

中野信子さんは、脳に関する本や雑誌を読み漁り、脳の仕組みや機能について学びました。

中学生のときには、自分で脳波計を作って、自分の脳波を測定したり、友達に実験をしたりしました。

高校生のときには、脳科学の権威であるオリヴァー・サックスの著書『レナードの朝』に感銘を受け、脳の病気や障害についても興味を持ちました。

中野信子さんは、東京大学に入学してからも、脳科学の研究に没頭しました。

中野信子さんは、自分の脳の問題を解決するために、脳科学の道を歩んできたのです。

中野信子の家族構成

中野信子さんはどんな家庭で環境で育ったのでしょうか。

父親:平凡なサラリーマンで、母親の実家に婿入りした。仕事を転々とし、経済的に困窮した時期もあったようです。娘の学業には期待していたが、理解できない部分も多かった。高校生の時に両親が離婚。

母親:普通の主婦で、4人姉妹の長女だったようです。娘がテストでいい点をとっても喜ばず、心配するような人だった。「普通でいてくれればいいよ」というのが口癖だったみたいです。娘には抵抗感を持って扱っていたが、妹にはかわいがっていたようです。

妹:中野信子さんより5歳年下で、人の気持ちをくむ達人だった。成績は中のレベルだったが、周囲とうまく交流できるタイプで母親に愛情をたっぷりと注がれて育ったとのこと。

中野信子の生い立ち・学びのスタートライン


引用画像:小学館

天才の科学者・中野信子さんの学びのスタートについて調べてみました。

中学生の時の天才エピソード

中野信子さんは、中学生の時にある発言で周りの友達をドン引きさせたことがあります。

それは、いつもテストで100点をとることができた中野信子さん。

授業でやったり教科書に載ってることしかテストには出ないのに、なんでみんな忘れちゃうの?と聞いてしまったのだそうです。

これには友達はドン引きだったようです。

だって普通の人は1回聞いても右から左ですぐ忘れちゃいますよね。

周りの空気の読めない中野信子さんは、ますます友達がいなくなってしまったとのことです。

仕方なく東京大学に通った

中野信子さんは、高校時代に、ヘヴィメタルバンドの聖飢魔IIの信者で、ボーカルのデーモン閣下と同じ早稲田大学を目指していました。

ところが、家庭の経済状況から私立大学に行くことは許してもらえず、仕方なく東京大学に進学したそうです。

東大と言えば、一般的には日本の最高学府とされていますが、中野信子さんにとっては、東大合格なんて目標でもなんでもなかったようですね。

中野信子さんは、1998年に東京大学工学部応用化学科に合格し、卒業しました。

中野信子さんは、工学部では女子が少なくて、応用化学科は50人中、女子は5人だったと言います。

中野信子さんは、東大に入った時点で「第二東大生」という扱いになる面があり、男子からはお嫁さん候補でもないし、自分たちと同じ東大生でもないという感じだったそうです。

中野信子さんは男女関係においてはあまり華のある学生生活ではなかったみたいですね。

医学への転向

中野信子さんは、工学部の応用化学科では、脳の構造や物質について学びました。

しかし、中野信子さんは、脳の機能や認知についてもっと深く研究したいという思いが強くなり、工学部卒業後、東京大学大学院医学系研究科に入学しました。

中野信子さんは、医科学専攻修士課程を修了し、脳神経医学専攻博士課程に進み、博士論文では、高次聴覚認知における知覚的範疇化の神経機構について、fMRIやTMSという先端技術を用いて調べました。

中野信子さんは、2008年に博士(医学)の学位を取得しました。

中野信子の生い立ち・研究者としての歩み


引用画像:講談社

中野信子さんの研究者としての生活やフランスでの研究時のエピソードを調べてみました。

博士課程の挑戦

中野信子さんは博士課程について

「脳の構造や物質については工学部で学びましたが、脳の機能や認知については医学部で学びました。脳の構造や物質は、脳の機能や認知の基盤となるものですが、それだけでは脳の全体像はわかりません。脳の機能や認知は、脳の構造や物質の働き方によって決まるものですが、それだけでは脳の個性はわかりません。私は、脳の全体像と個性を知りたかったのです。それには、工学と医学の両方の視点が必要だと思いました。

と応えられていました。

フランスでの研究生活

中野信子さんは、フランスでの研究生活について

フランスは、脳科学の分野でとても先進的な国です。ニューロスピンでは、世界最高水準の設備や人材が揃っていて、刺激的な環境でした。私は、フランス人や他の国の研究者とも多くの交流を持ち、学び合いました。また、フランスの文化や芸術にも触れることができ、視野を広げることができました。フランスでの研究生活は、私にとってとても貴重な経験でした。」

とコメントされていました。

中野信子さんは、フランスでの研究生活の中で、ロボティクスや拡張現実を駆使してイマージュの可能性を探求するフランス人アーティスト、ジュスティーヌ・エマールと知り合い、親しくなりました。

ジュスティーヌは英語を流暢に話すけれど、中野信子さんがフランス語を忘れないようにしたくてフランス人と見るとフランス語を使うようにしているので、それに付き合ってフランス語で話してくれたそうです。

二人は、脳や心理学をテーマにした作品を共同制作したり、展覧会に参加したりされていたようです。

中野信子の生い立ち・著書とメディア出演


引用画像;講談社

中野信子さんの著書やメディア出演などを調べてみました。

脳科学から見た「祈り」


引用画像:amazon

中野信子さんは2011年に「脳科学者からみた祈り」という本を出版されました。

中野信子さんは、「祈り」とは、自分や他者の幸福を願う心の動きだと定義しています。

祈りは、宗教的なものだけでなく、日常的なものでもあります。例えば、親が子供の健康を祈る、先生が生徒の成績を祈る、友人が友人の恋愛を祈る、などです。

中野信子さんは、祈りが脳に与える影響について、脳科学の知見を紹介しており、祈りは、脳内の快感物質であるドーパミンやベータエンドルフィン、愛情ホルモンであるオキシトシンなどを分泌させ、幸福感や安心感を高めます。

また、祈りは、脳の前頭前野や側頭前野などの高次機能を活性化させ、記憶や想像力、創造力などを向上させるとのことみたいです。

中野信子さんは、祈りの効果には、祈る内容や方法によって違いがあると指摘しています。

祈りは、自分や他者の幸福を願う「よい祈り」と、自分や他者の不幸を願う「悪い祈り」に分けられます。

「よい祈り」は、自分や他者の幸福を高める効果がありますが、「悪い祈り」は、自分や他者の幸福を低下させる効果があります。

また、祈りは、自分の心の中で行う「内的祈り」と、声に出したり、体を動かしたりする「外的祈り」に分けられます。

「外的祈り」は、「内的祈り」よりも脳に強い刺激を与え、祈りの効果を高めると解説されていました。

テレビでの情報発信


引用画像:facebook

中野信子さんはテレビでの情報発信にも取り組まれています。

『ホンマでっか!?TV』や『Qさま!!』などのバラエティ番組に出演するほか、『ワイド!スクランブル』では金曜日のコメンテーターとしてニュースを分析しています。

中野信子さんは、脳科学の知識をもとに、人間の心理や行動についてわかりやすく解説されています。

評論家としての役割


引用画像:文春オンライン

中野信子さんは、評論家として、社会問題や人間の心理に関する脳科学的な見解を提供しています。

中野信子さんは、テレビや雑誌などのメディアで、自分の専門分野から様々な話題に切り込んでいます。

中野信子さんの評論は、脳科学の知識をもとに、人間の闇や脳の暗部に着目することが多く、読者や視聴者に衝撃を与えることもあります。

中野信子さんは、評論家としての役割を、自分の使命として捉えているようで、脳科学者と評論家の両方の立場から、社会に影響を与えることを目指しているかもしれないですね。

中野信子の生い立ち・興味本位でメンサ会員になる


引用画像:X

中野信子さんは、過去にメンサという高IQ集団の会員でした。

メンサは、世界の全人口で上位2%の知能指数を持つ人のみが入会できる団体です。

中野信子さんは、メンサに入会した理由について、「個」と「集団」の関係に興味を持ったからだと語っています。

しかし、2016年にメンサを退会しました。

退会の理由については、「天才」と連呼されるのが恥ずかしく、会費を払っていても全く会員との交流の機会がなかったからだと述べています。

中野信子さんは、メンサでの活動を通して「みんなに合わせられるのが賢いとされるのは何故なのか」という疑問を解くためだったのだそうです。

興味本位でメンサ会員になるとか天才は考えることが違いますよね。

中野信子の生い立ち・個人的な一面


引用画像:フジテレビュー

中野信子さんの個人的な趣味や家族との関係を調べてみました。

中野信子の趣味

中野信子さんはたくさんの趣味をお持ちみたいです。

  • 現代アート
  • 読書
  • 香りを楽しむこと
  • スキューバダイビング
  • クレー射撃

現代アート:中野信子さんは現代アートに興味があり、自宅には多くの作品を飾っているそうです。中野信子さんは「現代アートは、脳の構造や機能に関する問いかけをしてくれる」と語っています。

読書:中野信子さんは歴史やミステリーなどの本を好んで読むそうです。中野信子さんは自身の著書の文庫解説も手がけており、幻肢やレナードの朝などの作品について脳科学の観点から解説しています。

香りを楽しむこと:中野信子さんは香りに敏感で、自分の好きな香りを探すのが趣味だそうです。彼女は「香りは、脳の感情や記憶に深く関わっている」と言っています。

スキューバダイビング:中野信子さんはスキューバダイビングのライセンスを持っており、海の中の美しさや不思議さに魅了されているそうです。中野信子さんは「水中は、脳にとって刺激的な環境だ」と話しています。

クレー射撃:中野信子さんはクレー射撃も趣味の一つで、自分の集中力や反射神経を試すのが好きだそうです。中野信子さんは「クレー射撃は、脳の運動能力を高める」と言っています。

中野信子の結婚


引用画像:文春オンライン

中野信子さんは2011年に結婚しました。

夫は大阪芸術大学准教授の中野圭さんです。

中野信子さんは友達の紹介で知り合った中野圭さんに一目惚れしたと言っています。

中野信子さんは結婚生活を「履き心地のよい靴」に例えています。一緒にいることで心地よさを感じるということです。

中野信子の生い立ち・中野信子の哲学


引用画像:フジテレビュー

中野信子さんの哲学というと、脳科学的な視点から人間の行動や社会を分析することが特徴です。

中野信子さんは、人間はただ生きているだけで、生きる意味や目的は自分で決めるものだと考えています。

また、人間は脳内麻薬やサイコパスなどの概念によって、自分の思い通りにならないことに苦しんだり、他人を傷つけたりすることがあると指摘しています。

中野信子さんは、科学的な知識や論理的な思考を身につけることで、自分の人生をより自由に楽しく生きることができると提案しています。

中野信子さんの哲学は、現代社会における人間の生き方や幸せについて、深く考えさせられるものですね。

脳と心の関係

脳科学者の中野信子さんは、脳と心の関係について興味深い見解を持っています。

中野信子さんによると、脳は心の状態に影響を与えるだけでなく、心も脳の働きにフィードバックをするということです。

例えば、笑顔を作ると、脳は自分が楽しいと感じて、快楽物質を分泌します。逆に、不安やストレスを感じると、脳は危険を察知して、ホルモンのバランスを崩します。

このように、脳と心は相互に作用しながら、私たちの感情や行動を決めているのです。

中野信子さんは、脳と心の関係を理解することで、自分の人生をより自由に楽しく生きることができると提案しています。

脳と心の関係は、私たちの幸せにとって重要なテーマですね。

科学と人生観

中野信子さんによると科学はどんな人にも反論や批判が許されるフェアな基準であり、正解のない人生を自由に楽しく生きるための知識や論理を提供してくれると言っています。

中野信子さんは、社会のルールや世間の目に縛られず、自分なりの幸せのものさしで目標や夢を決めることをおすすめしています。

未来への展望

中野信子さんによると現代社会は不確実性や変化の時代であり、それを恐れるのではなく、境目の時代に生きる幸運を享受すべきだと言っています。

 

天才脳科学者・中野信子さんの世界観はいかがだったでしょうか。

生きるうえでのコツを少しでも中野信子さんの考え方を参考にできたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)