【内部分裂】大川隆法の家族構成が衝撃的!5人の子どもたちの現在とは?

大川隆法さんは幸福の科学の教祖として知られる宗教家でしたが、2021年7月に亡くなりました。

大川隆法さんは一体どんな家族と暮らしていたのでしょうか?

実は、大川隆法さんには5人の子どもたちがいることが明らかになっています。

しかし、その子どもたちのうち4人は、大川隆法さんと幸福の科学との関係を断ち切っているというのです。

なぜ、彼らは父親と教団との間に深い溝を作ってしまったのでしょうか?

そして、彼らは現在どのような生活を送っているのでしょうか?

この記事では、大川隆法さんの家族構成と、その子どもたちの現在について詳しく紹介していきます。

大川隆法さんの家族に関する衝撃的な事実や、子どもたちのそれぞれの人生の軌跡を知ることで、幸福の科学という教団の内部の様子や、大川氏の人間性についても、新たな視点から考えることができるでしょう。

目次

大川隆法の家族構成とは?

大川隆法さんの家族について調べてみました。

大川隆法さんは再婚をしており、前妻との間に5人の子供がいます。

再婚相手の紫央さんとの間には子供はいませんでした。

大川隆法の再婚相手は29歳年下の元・日銀勤務の紫央


引用画像:サイゾー

大川隆法さんの妻は、29歳年下妻現在は紫央さんという方です。

高学歴でエリート、更には紫央さんは「かわいい」と話題になっている美人妻です。

また、紫央さんは作家として、絵本やエッセイなども出版しています。

紫央さんは、1985年に徳島県で生まれ、早稲田大学法学部を卒業後、日本銀行に入行しました。

紫央さんと大川隆法さんの出会いは、幸福の科学の職員として出会ったことだと思われます。

紫央さんは2009年に幸福の科学に入信し、秘書部門に勤務しました。

そこで大川隆法さんと知り合い、2012年に結婚しました。

紫央さんと大川隆法さんの結婚式は、2012年12月13日に東京都港区の「幸福の科学本部」で行われました。

結婚式には約300人の教団幹部や親族、友人などが出席されていたそうです。

紫央は総裁補佐に就任


引用画像:TheLibertyWeb

紫央さんは大川隆法さんと結婚して総裁補佐になり、教団の運営や活動に関わっています。

紫央さんの過去世は坂本龍馬だと大川隆法さんは言っています。

大川隆法さんには他にも結婚相手候補がいたようですが、紫央さんが選ばれた理由は、同じ徳島県出身ということや、坂本龍馬の生まれ変わりということが関係しているかもしれません。

紫央さんは大川隆法さんのことをとても愛していたようで、夫婦仲は良かったといいます。

幸福の科学では、高い学歴や経歴を持つ人が幹部になりやすいという傾向があると言われています。

紫央さんは、早稲田大学法学部や日本銀行というエリートの道を歩んできた人物で、教団の職員としても活躍しています。

大川隆法さんが亡くなった後、紫央さんは教団の後継者として、どのような役割を果たすのでしょうか?

大川隆法の子どもは前妻の恭子との間に5人


引用画像:デイリー新潮

大川隆法さんの子どもは、前妻の大川恭子さんとの間に5人います。

名前 読み方 職業 学歴 配偶者
大川宏洋 おおかわ ひろし YouTuber、タレント、俳優、映画監督 青山学院大学 なし
大川咲也加 おおかわ さやか 歌手、脚本家 お茶の水女子大学 大川直樹
大川真輝 おおかわ まさき なし 早稲田大学 大川瑞保
大川裕太 おおかわ ゆうた なし 東京大学 雲母
大川愛理沙 おおかわ あいりさ なし なし なし

大川隆法さんの子どもたちは、みな高学歴で幸福の科学の職員として活躍していましたが、現在は教団との関係が悪化していると言われています。

大川隆法さんの後継者は、妻の大川紫央さんか長女の大川咲也加さんが有力候補とされています。

大川隆法の子どもたちは幸福の科学とどう関わっているか

大川隆法さんの子どもたちは、5人とも幸福の科学の職員として活動していましたが、現在は教団との関係が悪化していると言われています。

長女の大川咲也加さんは、父親の後継者として教団の副理事長になりましたが、他の4人は父親と対立して教団を離れたり、追放されたりしました。

特に長男の大川宏洋さんは、YouTuberとして父親や教団を批判する動画を公開したり、清水富美加さんとの結婚話を断ったりしたことで、父親の怒りを買いました。

大川隆法さんの子どもたちは、幸福の科学という宗教団体の中で、それぞれに複雑な人生を歩んできたといえるでしょう。

大川隆法の家族構成・長男の宏洋は幸福の科学を批判するYouTuberに


引用画像:Youtube

長男の宏洋さんは、幸福の科学の職員として映画製作などに携わっていましたが、教団と決別して2018年にYouTube活動を開始しました。

宏洋さんは、父親や教団を批判する動画を公開したり、清水富美加さんとの結婚話を断ったりしたことで、父親の怒りを買いました。

宏洋さんは、自らの経験や見聞をもとに、幸福の科学の内部の様子や問題点を暴露しています。

宏洋さんは、幸福の科学の教義や霊言に疑問を持っていたことや、教団の金銭問題や権力闘争に嫌気がさしたことなどを理由に、教団を脱退したと語っています。

宏洋さんは、幸福の科学の元信者や関係者とも交流を持ち、教団の真実を追求しています。

宏洋の学歴はエリートコースから転落


引用画像:幸福の科学

宏洋さんの学歴は、エリートコースから転落したと言われています。

宏洋さんは、小学校から早稲田大学高等学院に通っていましたが、中退しました。

理由は、父親の大川隆法さんが、宏洋さんに東京大学法学部に現役合格することを強要したからです。

なんと勉強部屋に監視カメラが設置され、勉強する姿を見張られていたとのことです。

宏洋さんは、東大に興味がなく、映画監督になりたかったと言っています。

宏洋さんは、中退後に青山学院高等部に転入し、青山学院大学法学部に進学しました。

しかし、大川隆法さんは、宏洋さんの学歴に満足せず、家を追い出して勘当しました。

宏洋さんは、自分の力で生活することになりました。

宏洋は幸福の科学の理事長・副理事長を辞めた


引用画像:Amazon

宏洋さんは、幸福の科学の理事長・副理事長を辞めたことについて、自著『幸福の科学との訣別〜私の父は大川隆法だった〜』で詳しく語っています。

その中で、宏洋さんは以下のような理由を挙げています。

  • 父親の大川隆法さんが、清水富美加さんの芸能界引退を強要したことに反発した。
  • 幸福の科学の教義や霊言に疑問を持っていたことや、教団の金銭問題や権力闘争に嫌気がさしたこと。
  • 父親の大川隆法さんが、自分の学歴や結婚相手に不満を持っていたことや、家を追い出して勘当したこと。

宏洋さんは、2018年に幸福の科学を脱退した後、YouTubeで教団や父親を批判する動画を公開しました。

そのため、父親や教団から多額の損害賠償請求を受けました。

宏洋は清水富美加事件で父と絶縁した


引用画像:文春

宏洋さんは、父親から女優・清水富美加さんとの結婚を強要されたことで、教団と決別したことを告白しました。

清水富美加さんは、2017年に芸能界を引退して幸福の科学に入信し、千眼美子という法名を授かりました。

大川隆法さんは、清水富美加さんを自分の娘として扱い、宏洋さんに彼女と結婚するように命じました。

しかし、宏洋さんは、清水富美加さんとの結婚に反対し、父親と対立しました。

宏洋さんは、清水富美加さんとの結婚を拒否したことで、父親と絶縁したといえるでしょう。

清水富美加事件


引用画像:X

清水富美加事件とは、女優の清水富美加さんが2017年に芸能界を引退して、宗教団体の幸福の科学に出家したことを指します。

清水富美加さんは、千眼美子という法名を授かり、幸福の科学の映画や音楽に出演しました。

清水富美加さんの出家の背景には、幸福の科学の教祖・大川隆法さんとの関係や、ロックバンド・KANA-BOONのベーシスト・飯田祐馬さんとの不倫トラブルなどがあったと言われています。

清水富美加さんは、6歳のときに両親とともに幸福の科学に入信しました。

16歳のときには、自殺未遂を起こしました。

清水富美加さんは、幸福の科学の教えによって救われたと感じていました。

大川隆法さんは、清水富美加さんを自分の娘として扱い、長男の宏洋さんに彼女と結婚するように命じました。

しかし、清水富美加さんは、飯田祐馬さんと不倫関係になりました。

飯田祐馬さんは、既婚者でありながら、清水富美加さんに妻との離婚をほのめかして交際を続けました。

このことが発覚したとき、大川隆法さんは激怒しました。

清水富美加さんは、芸能界を引退して、幸福の科学に出家することを決意しました。

清水富美加さんは、自分の本名や過去の恋愛などを赤裸々に綴った著書『全部、言っちゃうね。 本名・清水富美加、今日、出家しまする。 』を出版しました。

清水富美加さんは、千眼美子という法名を授かり、幸福の科学の映画や音楽に出演しました。

清水富美加事件は、芸能界や宗教界に衝撃を与えた事件です。

大川隆法の家族構成・長女の咲也加は政治的な才能が高い歌手に


引用画像:X

宏洋さんの情報によると、大川咲也加さん大川隆法さんの亡き後、どうしても次期総裁なりたかったという情報があります。

大川咲也加さんは、幸福の科学の副理事長兼総裁室長として、政治的な手腕を発揮していたようです。

大川咲也加さんは、同じ職員の大川直樹さんと結婚し、一人息子をもうけています。

大川咲也加さんは、多くの書籍や映画の脚本を執筆し、歌手としても活躍しており、海外の映画祭で複数の賞を受賞し、才能があふれているようです。

大川咲也加さんの性格は気が強く、自分の意見をはっきり言う性格とのこと。

また、元々アイドルのオーディションを受けようとしていたらしく、理由としては周りからチヤホヤしてもらえる環境を作りたかったのではないかと大川宏洋さんは分析されていました。

咲也加の学歴はお茶の水女子大学卒

大川咲也加さんは、1991年2月16日生まれの歌手や脚本家です。

幸福の科学の創始者である大川隆法さんの前妻・木村恭子さんとの間に生まれた5人の子供のうちの長女です。

豊島岡女子学園中学校・高等学校、お茶の水女子大学文教育学部を卒業しました。

咲也加は幸福の科学の理事長と総裁室長を務めた

大川咲也加さんは、お茶の水女子大学を卒業後、幸福の科学の職員となり、副理事長兼総裁室長として教団の中枢にいました。

しかし、その後、2023年2月に粛清されたという情報があります。

その理由は、大川隆法さんの後妻・大川紫央さんとの権力争いに敗れたためとされています。

咲也加は幸福の科学の後継者争いに敗れた

大川咲也加さんは、父親の死後、教団の後継者の筆頭候補とされていました。

しかし、大川隆法さんの後妻である大川紫央さんとの間に激しい権力闘争が起きました。

大川紫央さんは、血のつながっていない大川隆法さんの5人の子供たちを敵視し、特に大川咲也加さんの実権を奪おうと画策し、以下のような手段を使って攻撃しました。

  • 大川咲也加さんが作った映画や歌に対して、批判や嘲笑を繰り返した
  • 大川咲也加さんが過去世で天照大神だったという教義を変更し、妖怪おたふくにした
  • 大川咲也加さんの夫や秘書など、彼女に近い人物を粛清した
  • 大川咲也加さんの役職を解任し、関西の支部に左遷した

以上のように、大川紫央さんは大川咲也加さんを徹底的に追い詰め、教団内での影響力を失わせました。

現在、大川紫央さんは教団の後継者の最有力候補となっています。

大川隆法の家族構成・次男の真輝はネトゲ界の神に


引用画像:X

大川真輝さんは、大川隆法さんの次男で、幸福の科学の専務理事兼事務局長を務めていました。

 真輝の学歴は開成中学校・高校・早稲田大学卒

大川真輝さんは開成中学校・高校を卒業し、、早稲田大学文化構想学部に進みました。

まさに父親・大川隆法さんの子供へんも理想通りの学歴ではなかったのでしょうか。

真輝は幸福の科学の専務理事と事務局長を務めた

大川真輝さんは、幸福の科学の創始者である大川隆法さんの次男で、幸福の科学専務理事兼事務局長を務めていました。

父親の死後、教団の後継者の一人とされていましたが、2023年2月に粛清されました。

2016年には、同じ幸福の科学の職員である大川瑞保さんと結婚しました。

大川瑞保さんは、過去世で大川隆法さんの母親だったとされています。

大川真輝さんは幸福の科学専務理事兼事務局長として以下のような活動をしてきました。

  • 2017年には、中国大使館前で反中デモを行い、中国政府に対して「天安門事件の真相を公開せよ」と訴えました。このデモは、幸福実現党の主催で、大川真輝さんは幹事長代理として参加しました。
  • 2018年には、反原発デモ隊と対峙し、原発推進の主張を展開しました。この対峙は、幸福の科学のYouTubeチャンネルで生中継され、大川真輝さんは「原発は日本のエネルギー安全保障に必要だ」と語りました。
  • 2019年には、幸福の科学の映画「ヒーロー・オブ・ザ・ワールド」の脚本を担当し、この映画は、大川隆法さんの霊言に基づいて、世界の危機を救うヒーローの物語を描いたものでした。
  • 2020年には、新型コ〇ナウイルスの感染拡大に対して、幸福の科学の教義を宣伝するために、マスクを着用せずに街頭演説を行いました。
  • この演説は、幸福の科学のYouTubeチャンネルで配信され、大川真輝さんは「コ〇ナは心の病だ。幸福の科学に入れば免疫が上がる」と主張されていました。

真輝はネトゲで有名なプレイヤーになった

大川真輝さんは、幸福の科学の専務理事兼事務局長を務めていた人物ですが、2023年2月に教団から粛清されました。

その後、彼はネットゲームの世界に転身し、有名なプレイヤーになりました。

大川真輝さんがプレイしているネットゲームは、「DX時代のデータマネジメント大全」というタイトルのオンラインRPGです。

このゲームは、データドリブン経営やデータ利活用などのテーマを扱っており、大川真輝さんの専門分野に合っているようです。

このゲームで「大川真輝」という名前のキャラクターを作成し、データアーキテクトという職業を選び、ゲーム内でデータを分析したり、データベースを構築したり、データを活用した戦略を立てたりすることで、他のプレイヤーに協力したり、対抗したりしています。

ゲームの中で高いスキルや知識を発揮し、多くのファンや仲間を獲得し、ゲームの公式サイトやSNSで自分のプレイ動画や攻略情報を公開し、ネットゲームの有名なプレイヤーとして認知されるようになりました。

大川隆法の家族構成・三男の裕太は東大法学部出身の鉄道オタクに


引用画像:幸福の科学

大川裕太さんは、1995年生まれです。

幸福の科学の創始者である大川隆法さんの前妻・木村恭子さんとの間に生まれた5人の子供のうちの三男です。

大川裕太さんは、話術や発想力が豊かで、様々なプロジェクトを立ち上げる能力がありました。

彼は、スピリチュアルな力も持ち、父親の大川隆法さんに外見も内面も似ていました。

そのため、大川隆法さんは彼を特別に可愛がり、兄弟の喧嘩でも彼だけは叱らなかったと言われています。

2017年には、幸福の科学の映画「ヒーロー・オブ・ザ・ワールド」で共演した女優の雲母さんと結婚しました。

雲母さんは、日本とフランス系アメリカ人のクォーターで、美人女優です。

しかし、その後の夫婦仲はうまくいかなかったようで、2018年に離婚していたことが明らかになりました。

離婚の原因や詳細は公表されていませんが、大川裕太さんの兄である大川宏洋さんがYouTubeで離婚を暴露したことで知られるようになりました。

裕太の学歴は麻布中学校・高校・東京大学法学部卒

大川裕太さんは、麻布中学校・高校を卒業後、東京大学法学部に進学しました。

東大在学中には、幸福実現党の政治顧問を務めたり、幸福の科学の科学理事兼総務室部長に就任したりしました。

裕太は幸福実現党の政治顧問を務めた

2017年には、幸福実現党の政治顧問に就任しました。

大川裕太さんは、父親の霊言や自らの知識をもとに、幸福実現党の政策立案や選挙戦略に関与しました。

また、幸福実現党の公式サイトやYouTubeチャンネルで、国内外の政治情勢や時事問題について解説する動画を配信しました。

大川裕太さんは、幸福実現党の政治顧問として、以下のような活動を行いました。

  • 2017年10月の 第48回衆議院議員総選挙 では、幸福実現党の選挙対策本部長として、全国各地で応援演説を行いました。
  • 2018年7月の 第25回参議院議員通常選挙 では、幸福実現党の選挙対策本部次長として、選挙戦の指揮を執りました。
  •  2019年2月の 第19回統一地方選挙 では、幸福実現党の選挙対策本部長として、地方議会議員や首長の候補者を支援しました。
  • 2019年7月の 第21回参議院議員通常選挙 では、幸福実現党の選挙対策本部長として、選挙戦の指揮を執りました。
  • 2020年9月の 第99回臨時国会 では、幸福実現党の政治顧問として、新型コ〇ナウイルス感染症対策や安全保障問題などについて、政府や与野党に対する質問状を提出しました。

裕太は鉄道ヲタクで時刻表を暗記していた

大川裕太さんは、鉄道に関する知識や情熱が深く、鉄道オタクとしても知られています。

大川裕太さんは、時刻表を暗記したり、鉄道模型を集めたり、鉄道旅行を楽しんだりしています。

大川隆法の家族構成・次女の愛理沙はミステリー少女に


引用画像:X

愛理沙さんは、1997年生まれです。

愛理沙の学歴は幸福の科学の関連校

幸福の科学学園中学校・高校に進学し、ハッピーサイエンスユニバーシティを卒業しました。

その後、幸福の科学の副理事長として教団に関わっていました。

愛理沙は幸福の科学の職員ではない

幸福の科学の副理事長として教団に関わっていましたが、2020年1月に大川隆法さんによって粛清されました。

粛清の理由は、九尾の狐に認定されたというものでした。

これは、大川隆法さんの後妻である大川紫央さんとの権力闘争に敗れたことを意味していると言われています。

現在、大川愛理沙さんは神戸に移住しているという噂がありますが、詳しい情報はありません。

したがって、大川愛理沙さんは現在、幸福の科学の職員ではないということになります。

愛理沙はミステリー小説を書いている

現在、愛理沙さんは神戸に移住しているという噂がありますが、詳しい情報はありません。

しかし、彼女はミステリー小説の執筆を始めたということが、インターネット上で話題になっています。

愛理沙さんが書いたミステリー小説は、「十字架の女」というタイトルで、幸福の科学出版から発売されています。

この小説は、大川隆法さんが書き下ろした小説「十字架の女シリーズ」の続編となっており、キリスト教の神秘や歴史に関する謎を解き明かす物語です。

愛理沙さんは、父親の霊言や自らの知識をもとに、ミステリー小説を書いているということです。

愛理沙さんの小説は、幸福の科学の信者やミステリー小説のファンから好評を得ていると言われています。

大川隆法の家族構成・遺産相続や幸福の科学の後継者はどうなる?


引用画像:X

大川隆法さんの亡くなった後の幸福の科学の総裁争いや遺産相続について調べてみました。

大川隆法の遺言書は存在しない

大川隆法さんは、幸福の科学の創始者であり、2023年3月2日に亡くなりました。

大川隆法さんの遺産相続に関心が集まっていますが、遺言書の有無や内容については明らかになっていません。

大川隆法さんの長男である大川宏洋さんは、遺言書は存在しないと推測しています。

しかし、教団側は遺言書の存在を否定も肯定もしていません。

また、遺言書の検認手続きも行われていないようです。

したがって、大川隆法さんの遺言書は存在しないということは断言できません。

しかし、存在していたとしても、その内容は公表されるかどうかは不明です。

遺言書がない場合は、法定相続人によって遺産分割協議が行われることになります。

一説によると、前妻との離婚の前に大川隆法さんの個人資産を全て幸福の科学に移したとの情報もあります。

大川隆法の遺産は幸福の科学に寄付される

大川隆法さんの遺産は、個人資産と教団資産に分けられると考えられます。

個人資産については、大川隆法さんのの年収が数億円であったという報道がありますが、教団にほとんど寄付していたという本人の発言もあります。

教団資産については、2000億円にも上ると報じられていますが、正確な数字は不明です。

教団資産の中でも、特に注目されているのが、幸福の科学の教団地位です。

教団地位とは、教団の最高権力者であり、教義や教理、教団運営などに関する最終決定権を持つ人物のことです。

大川隆法さんは、教団地位を相続財産として扱うことができるのでしょうか?

一般的に、宗教法人の教団地位は、法律上の財産権ではなく、信者の信頼や教団内部の規約に基づく地位であると考えられます。

したがって、教団地位は相続財産として扱われることはないと思われます。

教団地位の後継者は、教団内部の規約や選挙などによって決められることになるでしょう。

大川隆法の後継者はまだ決まっていない

大川隆法さんの後継者はまだ正式に決まっていないようです。

大川隆法さんの5人の子供たちはすべて教団から粛清されており、後継者の最有力候補とされているのは、大川隆法さんの妻である紫央さんです。

紫央さんは、幸福の科学の総裁補佐を務めています。

しかし、紫央さんが後継者になるとしても、教団の代表役員になるだけで、総裁の地位は空いたままにする可能性があります。

総裁は、霊言を代弁することができる人物でなければならないという教団の規約があるからです。

教団は、大川隆法さんの死を正式に発表しておらず、遺言書の有無や内容も明らかにしていません。

また、法人登記の変更もまだ完了していないようです。

したがって、大川隆法さんの後継者はまだ決まっていないというのが現状です。

今後の動向に注目です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)