大浦龍宇一の前妻との親権争いの真相!息子を引き取った理由とは?

大浦龍宇一さんは、日本の俳優であり、数々のドラマや映画に出演しています。

しかし、大浦龍宇一さんの芸能活動だけでなく、彼の私生活も注目を集めています。

特に、大浦龍宇一さんの前妻との親権争いは、メディアやファンの間で大きな話題となりました。

大浦龍宇一さんはなぜ、前妻との間に生まれた息子を引き取ったのでしょうか?

そして、その背景にはどのような事情があったのでしょうか?

大浦龍宇一さんの前妻との親権争いの真相について、あなたは気になっていませんか?

また、息子さんの現在の様子や、大浦龍宇一さんの新しい家族についてもご紹介します。

大浦龍宇一さんの前妻との親権争いの真相を知りたい方は、ぜひこの記事を読んでください。

大浦龍宇一の前妻との出会いと結婚

 


引用画像:X

大浦龍宇一さんと前妻との出会いは、大浦龍宇一さんが俳優デビューした1994年の頃だったと思われます。

当時、大浦龍宇一さんはフジテレビのドラマ『この世の果て』で主演を務めていました。

元妻はそのドラマのスタッフだったという説があります。

半年の交際を経て、大浦龍宇一さんの28歳の誕生日に結婚式を挙げました。

前妻は一般女性で、名前や顔写真は非公開

大浦龍宇一さんの前妻は、一般人の女性で、名前や顔写真などは公表されていません。

2003年に長男の主之和を出産

結婚後は、2003年に長男の主之和くんをもうけましたが、その後は夫婦仲が悪化していきました。

元妻は大浦龍宇一さんの稼ぎを当てにして贅沢な生活を送り、義母との電話代に月7万円もかかっていたという話もあります。

大浦龍宇一さんは離婚を考えていましたが、そのタイミングで元妻が妊娠したため、一度はやり直そうと思ったそうです。

大浦龍宇一の前妻との離婚原因と経緯


引用画像:X

大浦龍宇一さんと前妻の離婚原因を調べてみました。

 価値観の違いや前妻の極度のマザコン娘ぶりに不満

大浦龍宇一さんと元妻は、2000年に結婚しましたが、2007年に離婚しました。

離婚の理由は、元妻が極度のマザコンで、母親との電話代に月7万円もかかっていたことや、価値観の相違などが原因だったと言われています。

元妻は母親と頻繁に長電話をしており、大浦龍宇一さんはその電話料金を支払うようにと妻の母親から言われ理不尽に感じたそうです。

この事が離婚に直結したわけではないでしょうが、大浦龍宇一さんと妻や義母の関係は必ずしも良好ではなかったと思われます。

妻が極度のマザコンだった場合に想定される問題

妻が極度のマザコン娘だった場合に想定される問題を想像してみました。

まず、妻がマザコンであるということは、妻が自分の母親に強い執着や依存心を持っているということです。

妻は母親の言いなりになったり、母親優先の考え方をすることが多いでしょう。

妻がマザコンであると、夫は以下のような問題に直面する可能性があります。

  • 妻は夫よりも母親を優先する
  • 妻は夫にも母親と仲良くするように強制する
  • 妻は夫が正しくても母親の方を持つ
  • 妻は料理や掃除などについて、夫と母親を比較する
  • 妻は子供の名前や自宅の購入など、重要な決定を母親に委ねる
  • 妻は母親とLINE等のSNSや電話で過剰にやり取りをする

大浦龍宇一さんも上記のような問題を抱えていた可能性が高いですね。

2007年7月に協議離婚を発表

2003年に長男の主之和くんをもうけましたが、離婚後は当初は元妻が親権を持っていました。

離婚の内容については、以下のような情報があります。

大浦龍宇一さんと元妻は、協議離婚を選択し、裁判所に離婚届を提出しました。

大浦龍宇一さんと元妻は、財産分与や慰謝料などの問題については、公表していません。

大浦龍宇一さんと元妻は、離婚後も子供のために良好な関係を保っているということです。

大浦龍宇一の前妻との親権争いの経過と結果


引用画像:大浦龍宇一オフィシャル

俳優の大浦龍宇一さんは、2000年に一般女性と結婚し、2003年に長男の主之和くんを授かりました。

しかし、2007年に離婚してしまい、当初は元妻が親権を持っていました。

2011年の東日本大震災をきっかけに大浦龍宇一が主之和を引き取る


引用画像:ポストセブン

2011年の東日本大震災がきっかけで、元妻が仕事に追われて息子を一人で留守番させることが多くなりました。

それを見かねた大浦龍宇一さんは、元妻と話し合って息子を引き取ることにしました。

 前妻は自営業を切り盛りしながらの育児が難しくなり、親権を譲る

大浦龍宇一さんは、親権を得るために、元妻との調停や審判、訴訟などの手続きを経て、裁判所の判断によって決まりました。

親権者の選定には、子どもの利益が最優先されます。そのため、親権を得るためには、以下のようなポイントが重要です。

  • 子どもとの関係性を深める。子どもと一緒に過ごす時間を増やし、心の育成に配慮する。
  • 子どもの意向を尊重する。子どもが15歳以上の場合は、裁判所は必ず子どもの意見を聴きます。
  • 子どもが10歳前後でも、自分の意思を表明できると考えられます。
  • 子どもの養育環境を整える。子どもの居所や学校、医療などの生活面を安定させる。
  • 経済的に子どもを養える状況にあることを示す。

 大浦龍宇一はシングルファザーとして主之和を育てる


引用画像:スポニチ

大浦龍宇一さんはシングルファザーとして、息子の育児に専念しました。

料理やキャラ弁作りにも挑戦し、息子との絆を深めました。

テレビやブログでシングルファザーの様子を公開し、多くの人から称賛を受けました。

大浦龍宇一の息子・主之和の現在と将来


引用画像:amematimes

思春期にシングルファーザーで育てられた息子の主之和くんの生活と将来について調べてみました。

主之和は2年に高校を卒業


引用画像:大浦龍宇一オフィシャル

大浦龍宇一さんは、息子の進路についてもブログで触れています。

大浦龍宇一さんは、息子さんの高校卒業を2022年3月12日にブログで報告しました。

息子さんは、2020年に亡くなった祖父のネクタイを着けて卒業式に臨みました。

大浦龍宇一さんは、息子さんの高校名を明かしていませんが、息子さんは、第一志望の私立高校に落ちて、第二志望の公立高校に入学したそうです。

大浦龍宇一さんは、息子さんの進路についても明かしていませんが、どんな道を選ぼうとも愛があることを願っています。

息子さんは、音楽に興味があるようで、大浦龍宇一さんは、息子さんの夢を応援しています。

以上の情報から、大浦龍宇一さんの息子さんの高校は、都立高校の中のどれかである可能性が高いですが、正確な高校名はわかりません。

主之和は父親の仕事を手伝ったり、テニスをしたりする

大浦龍宇一さんと主之和くんは、親子としてだけでなく、友達のようにも仲が良いようです。

ブログやインスタグラムには、2人で旅行に行ったり、映画を観たり、食事をしたりする様子がたびたびアップされています。

主之和くんは、父親の仕事にも興味を持っているようで、舞台やドラマの撮影現場にも同行しています。

 主之和は大学進学や就職などの進路について考えている

主之和くんは、父親の大浦龍宇一さんや祖父の高田浩吉さんのように、将来は芸能界に進むのでしょうか。

それとも、自分の道を切り開くのでしょうか。どちらにしても、主之和くんの成長と活躍を、これからも見守っていきたいですね。

大浦龍宇一の再婚相手・ゆりえとの関係と家族


引用画像:大浦龍宇一オフィシャル

2019年には、22歳年下のシンガーソングライターのゆりえさんと再婚しました。

ゆりえさんは、元フジテレビアナウンサーの寺田理恵子さんの長女で、音楽の才能にも恵まれています。

浦龍宇一さんとゆりえさんは、一昨年のクリスマスに出会い、昨年3月から交際を始めました。

ゆりえは22歳年下のシンガーソングライター


引用画像:PRTIMES

ゆりえさんは、10歳の時に箏曲部に所属して楽器の魅力に目覚め、12歳からピアノで鼻歌作曲を始めました。

14歳でアコースティックギターを手に入れて弾き語りに憧れ、16歳で初めてライブハウスに出演しました。

高校生の時には、音楽甲子園やMusic Revolutionなどのコンテストに参加して多くの受賞歴を持ちました。

19歳でシンガーソングライターとしてデビューし、20歳で作詞作曲家としてメジャーデビューしました。

音大卒業後は、アミューズに所属して舞台やミュージカルにも出演しました。

2019年には、大浦龍宇一さんと再婚しました。現在は、ソロやバンドでのライブ活動や楽曲提供、舞台出演などを続けています。

大浦龍宇一とゆりえの馴れ初め


引用画像:大浦龍宇一オフィシャル

大浦龍宇一さんとゆりえさんは、2018年に出演したミュージカル「マリー・アントワネット」で知り合いました

2人は、同じマーティンのギターを持っていたことがきっかけで仲良くなり、音楽の話で盛り上がりました。

その後、ゆりえさんのライブに大浦龍宇一さんが足を運んだり、一緒に食事に行ったりするうちに、恋愛感情が芽生えました

大浦龍宇一とゆりえは22歳差婚を発表


引用画像:大浦龍宇一オフィシャル

2019年3月22日に都内の区役所に婚姻届を提出しました。

22歳差婚に対する世間の反応

2人の結婚は、22歳の年齢差や、大浦龍宇一さんの連れ子である当時15歳の息子との年齢差が13歳しかないこと、ゆりえさんの母親で元フジテレビアナウンサーの寺田理恵子さんと大浦龍宇一さんの年齢が近いことなどが話題となりました。

また、結婚式はディズニーで行うという噂もありましたが、実際には行われませんでした。

2人の結婚に対しては、祝福の声も多くありましたが、批判的な声もありました。

特に、大浦龍宇一さんの元妻との離婚や親権の問題に関しては、様々な憶測や誹謗中傷が飛び交いました。

大浦龍宇一さんは、ブログで「寝耳に水のこの記事に、正直心を痛めている状態です」と否定しました。

結婚3周年を迎えた幸せな夫婦


引用画像:大浦龍宇一オフィシャル

結婚3周年を迎えた2022年3月22日に、それぞれのブログで感謝の気持ちを伝えました。

大浦龍宇一さんは、「心に光を、愛を持って歩んでいきます」とコメントしました。

ゆりえさんは、「たくさん喧嘩や話し合いも重ねました」と衝突も多かったという結婚生活を振り返りました。

また、2人は念願だったというウェディングフォトを公開しました。

ディズニーの名シーンを再現した写真には、2人のラブラブぶりが伝わってきます。

現在は大浦龍宇一とゆりえは主之和と3人で暮らしてはいない


引用画像:日刊スポーツ

大浦龍宇一さんは、ブログで結婚の報告しました。

かけがえのない人生の相棒として、これからの道を息子ともに一歩一歩大切に歩んでいきます。

人生に授かった相棒と小さな幸せに気づき、時間を積み重ね、ステップアップファミリーとして、3人で幸せを掴みたいと思います。

浦龍宇一さんとゆりえさんは、結婚当初は3人で暮らしていましたが、現在はそうではないそうです。

浦龍宇一さんと主之和くん、浦龍宇一さんとゆりえさんの2パターンで生活しているとのことです。

その理由は、家族になるために急ぎすぎたと反省しているからだといいます。

大浦龍宇一とゆりえの離婚はあるのか

大浦龍宇一さんは自身のブログで、夫婦喧嘩で別居はしたが離婚の意思はないと否定しました。

ゆりえさんの所属事務所は、別居中であることを認めたが、離婚については事実確認中とコメントしています。

大浦龍宇一さんとゆりえさんは、それぞれのブログで、離婚はせず家族として暮らしていく気持ちを表明しています。

以上の情報から大浦龍宇一さんとゆりえさんは現在も別居中である可能性は高いですが、離婚する予定は今のところ、ないということみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)