【家族が教えた3つの教え】大谷翔平の家族構成が凄すぎる!父親・母親・兄・姉の素顔とは?

野球ファンなら誰もが知る、大リーグで活躍する大谷翔平選手。

大谷翔平選手はどのような家族に育てられたのでしょうか?

大谷翔平選手の家族は全員スポーツ経験があり、父親は元野球選手で現在は少年野球の監督、母親は元バドミントン選手で,現在は焼肉屋でパート、兄は元プロ野球選手で現在はコーチ、姉は看護師で花巻東高校野球部の部長と結婚という、驚くべき家族構成なのです。

今回は、そんな大谷翔平選手の家族について、詳しくご紹介します。

大谷翔平選手の家族らはどんな人柄で、どんな育て方をしたのでしょうか?

大谷翔平選手に教えた「3つの教え」とは何なのでしょうか?

ぜひ、最後までお読みください。

目次

大谷翔平の家族構成は5人+愛犬!


引用画像;instagram

大谷翔平選手の家族構成を調べてみました。

父親は元野球選手で現在はリトルシニアの監督


引用画像:毎日新聞

大谷翔平選手の父親は、大谷徹さんという名前で、元は社会人野球の選手でした。

現在は、大谷翔平選手が子どものころに所属していた花巻リトルシニアの監督を務めています。

大谷徹さんは、大谷翔平選手に野球の基礎を教え、投手としての才能を伸ばすために、様々な工夫や指導をしました。

例えば、大谷徹さんは、大谷翔平選手が小学生のころに、軽量ボールを使って投げる練習をさせました。

これは、肩や肘に負担をかけずに、スピードやコントロールを向上させる効果があると考えたからです。

花巻リトルシニアとは

岩手県花巻市を拠点とする硬式野球チームです。

チーム名の「リトルシニア」とは、リトルリーグとシニアリーグの中間にあたる年齢層(12歳から15歳)のことを指します。

花巻リトルシニアは、2009年に創部され、東北連盟岩手県支部に所属しています。

チームのモットーは「感謝の気持ちを“力”に換えて」です。

花巻リトルシニアは、大谷翔平選手(エンゼルス)や高橋光成選手(楽天)など、多くのプロ野球選手を輩出しています

また、日本リトルシニア選手権大会には、3回出場しており、2023年には初めて1勝を挙げました。

母親は元バドミントン選手で現在は焼肉屋でパート


引用画像:スポニチ

大谷翔平選手の母親は、大谷加代子さんという名前で、元実業団のバドミントン選手でした。

大谷加代子さんは、小学5年生からバドミントンを始め、中学・高校時代には全国大会や国体に出場するほどの実力者でした。

加代子さんは、身長170cmと女性としてはかなり長身で、大谷翔平選手が高身長なのも遺伝的な要因があると思われます。

現在は、東京の焼肉屋でパートをしているという情報があります。

しかし、これは確かなことではなく、噂の域を出ないかもしれません。

兄はトヨタ自動車のコーチでイケメン


引用画像:女性PRIME

大谷翔平選手の兄は、大谷龍太さんという名前で、トヨタ自動車東日本硬式野球部のコーチを務めています。

大谷龍太さんは、元プロ野球選手で、四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスに所属していました。

大谷龍太さんは、身長187cmでイケメンと評判です。

テレビ番組に出演した際には、女性タレントから「ヤバい、ヤバい」「かっこよすぎ」「モテるでしょうね」と絶賛されました。

大谷龍太さんは、高校卒業後は一般企業に勤務しながらクラブチームに所属していましたが、2010年に高知に入団しました。

高知では2年間プレーし、打率.217・本塁打4・打点37・盗塁18の成績を残しました。

2011年シーズン終了後に退団し、2012年に父親の勤務先であるトヨタ自動車東日本に入部しました。

トヨタ自動車東日本は、創部から7年目となる2018年に都市対抗野球大会に出場しましたが、初戦で敗退しました。

大谷龍太さんは、現在はコーチとして後進の指導にあたっています。

兄の経歴、社会人野球での活躍ぶり


引用画像:スポーツ報知

大谷龍太さんは、大谷翔平選手の7歳上の兄で、野球一家に育ちました。

中学校では軟式野球をやり、高校では岩手県の名門・前澤高校に進みました。

高校時代は3番を打ち、甲子園出場を目指しましたが、残念ながら叶いませんでした。

高校卒業後は地元の企業に就職し、工場で働きながらクラブチームで野球を続けました。

しかし、仕事と野球の両立が難しくなり、2010年に社会人野球を辞めて、四国アイランドリーグの高知ファイティングドッグスに入団しました。

高知では2年間プレーしましたが、2011年に退団しました。

その翌年、父親の勤めるトヨタ自動車東日本が硬式野球部を新設したことをきっかけに、トヨタ自動車東日本に入部しました。

トヨタ自動車東日本では、選手とコーチの二刀流として活躍し、都市対抗野球にも出場しました。

2022年には現役を引退し、専任コーチとなりました。

兄とのエピソード


引用画像:X

大谷翔平選手は、中学時代に兄の龍太さんが監督を務める北上リトルシニアに所属していましたが、兄弟仲は良くなかったということです。

翔平選手は、龍太さんの指導に反発し、練習にも真面目に取り組まなかったということです。

しかし、龍太さんは、翔平選手の才能を認めており、厳しく指導することで、翔平選手の成長を促そうとしていたということです。

大谷翔平選手は、高校時代に外野4人シフトをしかれたことがあります。

これは、翔平選手の打球が強すぎて、内野手が怖がってしまうため、外野に4人配置するという珍しい守備法でした。

このとき、翔平選手は、兄の龍太さんに「どうすればいいの?」と相談しましたが、龍太さんは「どうでもいいよ」と冷たく返したということです。

その理由は、龍太さんが高校時代にも同じシフトをしかれたことがあり、そのときに「どうすればいいの?」と父親に相談したら、「どうでもいいよ」と言われたからだということです。

姉は看護師で花巻東高校野球部の部長と結婚


引用画像:スポニチ

大谷翔平選手の姉は、大谷結香さんという名前で、看護師として働いています。

大谷結香さんは、1993年生まれで、大谷翔平選手の2歳年上です。

大谷結香さんは、2020年1月に結婚しました。

お相手は、大谷翔平選手の母校である花巻東高校野球部の部長を務める流石裕之さんです。

流石裕之さんは、教員免許を持ち、数学を教えています。

結婚相手は花巻東高校野球部の部長!流石裕之さんの経歴とは?


引用画像:日刊スポーツ

名前:流石裕之(さすがひろゆき)
生まれ:1981年11月2日
出身:山口県立富士河口湖高騰学校・国士舘大学
職業:教員(世界史)
野球歴:2004年から花巻東高校野球部のコーチ、2007年から部長
出会い:大谷翔平選手の弟分として指導したことがきっかけ、大谷翔平選手が姉の結香さんを紹介

流石裕之さんと大谷結香さんの結婚式は、2020年1月に東京都内のホテルで行われました。

披露宴には、大谷翔平選手や日本ハムの栗山監督などが出席しました。

大谷翔平選手は姉の幸せを祝福するスピーチをし、出席者から感動をもらいました。

流石裕之さんは、大谷翔平選手の高校時代の恩師であり、弟分として指導したことがきっかけで、大谷翔平選手が姉の結香さんを紹介したそうです。

大谷翔平の家族構成・両親は社内恋愛で結婚!出会いから現在までのエピソード


引用画像:X

大谷翔平選手のご両親の馴れ初めから現在までのエピソードを調べてみました。

両親は三菱重工で知り合い、1986年に結婚

大谷翔平選手の両親は、大谷徹さんと大谷加代子さんという名前です。

徹さんは、岩手県北上市和賀町出身で、1969年生まれです。

大谷徹さんは、元社会人野球選手で、三菱重工横浜野球部に所属していました。

加代子さんは、神奈川県横浜市出身で、1963年生まれです。

加代子さんは、元実業団バドミントン選手で、三菱重工横浜バドミントン部に所属していました。

徹さんと加代子さんは、高校卒業後に三菱重工横浜に就職し、入社1年目で出会いました。

そして、1986年の12月に、徹さんが24歳で、加代子さんが23歳のときに結婚しました。

その後、長男の大谷龍太さん、長女の大谷結香さん、次男の大谷翔平さんをもうけました。

長女誕生後に岩手県水沢市に引っ越し、その後も転居を繰り返す

大谷翔平選手は、1994年7月5日に岩手県奥州市で生まれました。

その後、岩手県水沢市に引っ越し、水沢駒形野球倶楽部に所属しました。

大谷翔平選手は小学校5年生のときに、岩手県花巻市に引っ越し、花巻リトルシニアに所属しました。

このチームの監督は、大谷翔平選手の父親の大谷徹さんでした。

大谷翔平選手は、中学校3年生のときに、岩手県北上市に引っ越し、北上リトルシニアに所属しました。

このチームの監督は、大谷翔平選手の兄の大谷龍太さんでした。

大谷翔平選手は、高校からは岩手県花巻市に戻り、花巻東高校に入学しました。

この高校では、甲子園に3回出場し、2回優勝しました。

両親はWBC観戦や大谷翔平の試合を応援するも、取材はNG

大谷翔平選手のご両親は、WBC2023の東京ドームでの試合に観戦に来ていましたが、メディアに対しては一切の取材を拒否していました。

その理由は、息子の夢でもあったWBCの舞台で、野球のことだけに集中してもらいたいという思いと、自分たちは裏方に徹するという大谷家のルールだったからです。

ご両親はは、息子の邪魔をしない、野球以外のことで煩わせないと決めていたので、メディアに出ることはありませんでした。

大谷翔平の家族構成・兄弟は兄と姉!結婚や子供の情報も


引用画像:X

大谷翔平選手の兄や姉の結婚や子供の情報を調べてみました。

兄は英語堪能のミス高知の美人と結婚し、男の子の父親に

大谷龍太さんは2013年に結婚し、2016年に男の子が誕生しました。

結婚相手については公表されていませんが、ネット上では元芸能人でミス高知だったという噂があります。

大谷翔平さんのお父さんは孫を第2の大谷翔平に育て上げようといているとか。

姉は花巻東高校野球部の部長と結婚し、女の子の母親に

大谷結香さんは、2020年1月に結婚しました。

お相手は、大谷翔平さんの母校である花巻東高校の野球部部長を務める流石裕之さんです。

大谷結香さんと流石裕之さんには、女の子の子供が一人います。

大谷翔平さんは、姪っ子と一緒にのんびりしたいと語っていました。

大谷翔平さんと大谷結香さんは、仲の良い兄妹です。

大谷翔平さんの服は、お姉さんがコーディネイトしてくれることもあるそうです。

また、お姉さんの結婚式では、大谷翔平さんがスピーチをして、出席者を感動させたといいます。

大谷翔平と兄弟の幼少期のエピソード

大谷翔平さんは三人兄妹の末っ子ですが、兄と姉に甘やかされて育ったそうです。

幼い頃はよく喧嘩をしたそうですが、今はとても仲が良いそうです。

大谷翔平さんは、幼い頃から野球が大好きで、兄の龍太さんと姉の結香さんとよくキャッチボールをしていました。

しかし、大谷翔平さんのボールは速くて強くて、兄と姉は手が痛くなってしまったそうです。

そのため、兄と姉は大谷翔平さんに「もっと優しく投げて」と言っていたそうですが、大谷翔平さんは「優しく投げているのに」とのこと。

大谷翔平選手は幼いころから野球センスはずば抜けていたんですね。

大谷翔平の家族構成・愛犬は「デコピン」!犬種や名前の由来は?


引用画像:NHK

大谷翔平選手の愛犬、デコピンについて調べてみました。

デコピンはダッチ・ディーコイ・スパニエルという希少な犬種

大谷翔平さんの愛犬の名前はデコピンです。

デコピンはコーイケルホンディエという犬種で、別名でダッチ・ディーコイ・スパニエルと呼ばれています。

コーイケルホンディエはオランダ原産の鳥猟犬で、垂れ耳と長い尾が特徴です。

陽気でフレンドリーな性格で、人や他の動物と仲良くできます。

コーイケルホンディエは日本ではまだ知名度が低く、希少な犬種です。

日本での登録頭数は年間100頭前後で、価格相場は30~55万円程度です。

デコピンは犬種名の一部をとって名付けられた

大谷翔平さんは2023年のシーズン終了前後にデコピンを飼い始めました。

デコピンはもともとディコイという名前でしたが、大谷翔平さんがディコイからデコピンと名付けました。

デコピンは大谷翔平と一緒にアメリカで暮らしている

デコピンは大谷翔平さんにとてもなついていて、一緒に寝たているそうです。

大谷翔平さんはデコピンを「現時点で一緒に暮らしている唯一の友達みたいなところ」と語っています。

大谷翔平の家族構成・家族が教えた「3つの教え」とは?


引用画像:Yahooニュース

大谷翔平選手の父親・大谷徹さんが大谷翔平選手に3つの教えを伝えました。

  • 「自分のやりたいことをやれ」
  • 「自分のやり方でやれ」
  • 「自分の力でやれ」

これらの教えは、大谷翔平選手が高校、大学、プロとステップアップしていく中で、モチベーションや自信につながりました。

大谷翔平選手は、父親の影響を大きく受けて、野球の道を歩んできました。

これらの教えは、大谷翔平さんが野球を始めた小学生の頃から父親が伝えてきたもので、大谷翔平さんは今も大切にしています。

「自分のやりたいことをやれ」

大谷翔平選手は、自分のやりたいことをやるために、常に高い目標を持ち、努力を惜しまない選手です。

メジャーリーグに挑戦する際には、二刀流を続けることを条件に、エンゼルスと契約しました。

2021年には、投手として9勝2敗、防御率3.18、156奪三振、打者として46本塁打、100打点、打率.257を記録し、日本人史上2人目となるメジャーリーグのシーズンMVPに選ばれました。

大谷翔平選手は、「誰もやったことがないことをやりたい」という気持ちを持ち続けています。

大谷翔平選手は、自分のやりたいことをやることで、野球界に革命を起こしています。

「自分のやり方でやれ」

大谷翔平選手は、「自分のやり方でやれ」という言葉を父親から教えられたそうです。

大谷翔平選手は、二刀流という難しい挑戦をする中で、自分のやり方を貫いてきました。

例えば、メジャーリーグに移籍する際には、二刀流を続けることを条件に、エンゼルスと契約しました。

他の球団からもオファーがあったそうですが、自分のやり方を妥協しなかったのです。

また、2021年シーズンでは、投手としても打者としても圧倒的な成績を残しました。

しかし、大谷翔平選手は自分のやり方を変えることなく、常に向上心を持って練習に励んでいました。

大谷翔平さんは、「自分のやり方でやれ」という言葉を実践して、世界を驚かせる選手になりました

「自分の力でやれ」

米紙「ワシントンポスト」の二ール・グリーンバーグは、大谷の二刀流の活躍に感嘆し、ツイッターで「ショウヘイ・オオタニは、自分の力でどんなことでもやってしまう」と称賛した。

全ての人が大谷翔平選手の力を認めるしかない活躍をされています。

こちらも自分の力でなんでもやってしまう、大谷翔平選手のプレイスタイルになっていますね。

大谷翔平さんのその他の記事【ほぼ国家予算やん!】大谷翔平の年俸は日本円で43億円!総収入は91億円!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)