【ホスト界の帝王】ローランドの生い立ち・ホストから実業家になった男の衝撃の過去!

ホスト界の帝王と呼ばれるローランドさん。

彼はどのような生い立ちを持ち、どのようにしてホストから実業家になったのでしょうか?

この記事では、ローランドさんの衝撃の過去を徹底調査してみました。

ローランドさんの生い立ちやホスト時代の苦労や改名の理由、実業家としての成功の秘訣など、ローランドさんの魅力に迫る内容をお届けします。ぜひ最後までお読みください!

目次

ローランドの生い立ち・家族構成と出身地


引用画像:スポニチ

ローランドさんの家族構成や出身地について調べてみました。

プロギタリストの父との関係


引用画像:X

ローランドさんは、AIRBLANCAやJAM Projectなどで活躍する有名なプロギタリストの松尾洋一さんの息子です。

幼い頃から父親の影響で音楽に親しんでおり、特にアニメソングに興味を持っていました。

父親とは仲が良く、よく一緒にギターを弾いたり、アニメを見たりしていたそうです。

しかし、ローランドさんは中学生の時にサッカーに夢中になり、音楽から離れていきました。

父親は息子のサッカーへの情熱を応援していましたが、高校進学後にサッカーをやめてしまったローランドさんに対して、サッカーを辞めた理由を聞こうとしました。

しかし、ローランドさんは父親にサッカーをやめた本当の理由を話せず、そのままホストになることを決めてしまったようです。

ホストになったローランドさんは、父親との関係が悪化し、家を出て一人暮らしを始めました。

父親は息子の選択を認めず、連絡を絶ってしまいました。

ローランドさんは父親との関係を修復するために、ホストとして成功することを誓ったとことみたいです。

現在、ローランドさんは実業家として多方面で活躍しています。

父親とはまだ和解していないようですが、ローランドさんは父親に自分の活動を知ってもらうために、テレビ番組に出演したり、自身のブランドやメディアでの露出を増やしたりしているそうです。

母親の影響


引用画像:X

ローランドさんの母親は、真面目、道徳的な方だったそうです。

他人に対し正しくしなさい、相手を傷つけるような人間にはなるなと教えられて育ったそうです。

ローランドさんはテレビに出る時でも、発言には気を付けているそうで、それも母親の躾の影響だそうです。

アニメ好きの双子の妹との仲

ローランドさんとアニメ好きの双子の妹さんは、とても仲が良いそうです。

幼い頃から父親の影響でアニメに親しんでおり、よく一緒にアニメを見たりしていたそうです。

妹さんは海外に留学していたため、イタリア語、フランス語、英語、日本語の4カ国語を話せるマルチリンガルです。

ローランドさんは妹さんのことをかなり溺愛しており、妹さんに彼氏ができるのを嫌がっていました。

妹さんは2020年に結婚しましたが、ローランドさんは結婚相手と仲良くなろうと努力しています。

ローランドさんと妹さんの仲の良さは、YouTubeやInstagramなどのメディアで見ることができます。

ローランドの弟


引用画像:youtube

ローランドさんの弟は叶音(かのん)さんという名前です。

叶音さんはもともと整体の専門学生でしたが、ローランドさんの勧めでホストになりました。

現在はローランドさんが経営する脱毛サロンの店長を務めています。

ローランドさんと叶音さんは幼い頃からサッカーが好きで、仲が良いです。

しかし、仕事の面ではローランドさんから厳しく指導されることもあります。

ローランドさんは叶音さんのことをとても大切に思っており、学費を立て替えたり、彼女のことを気にかけたりしています。

ローランドさんと叶音さんの兄弟の姿は、YouTubeやInstagramなどのメディアで見ることができます。

八王子市で育った幼少期のエピソード

ローランドさんの幼少期は、サッカーに夢中で、音楽にも親しんでいたそうです。

ローランドさんは個性的な性格でとても目立つ存在だったみたいです。

小学1年生のときに、クラス分けで「集団の一人として扱われるのが嫌だ」と先生に抗議したりしたこともあったそうです。

また、絵日記に「今日は大変なことがありました。詳しくは書けません」と書いて、先生を困らせたこともあったそうです。

インタビューによると、小さい頃はどんな少年だったかの問いに「もう無敵だと思っていた」とのことみたいです。

さすがのローランド節というとこでしょうか。

ローランドの生い立ち・サッカー経歴と中退の理由


引用画像:日刊スポーツ

サッカーの天才とまで呼ばれたローランドさんの経歴とサッカーを辞めた理由などを調べてみました。

柏レイソルジュニアユースに所属していた才能


引用画像:X

ローランドさんは、中学時代に柏レイソルのジュニアユースに所属していました。

サッカーの天才と呼ばれていたローランドさんは、柏レイソルのジュニアユースでは攻撃的なミッドフィールダーとしてプレーしていました。

スピードとテクニックに優れ、ゴール前での決定力も高かったそうです。

柏レイソルのジュニアユースでは、現在Jリーグで活躍する選手や日本代表の選手とも同期や先輩後輩の仲間でした。

ローランドさんは、柏レイソルのジュニアユースでプロサッカー選手を目指していましたが、残念ながらユースへの昇格は果たせませんでした。

それでも、ローランドさんはサッカーへの情熱を失わず、名門帝京高校に進学してサッカー部に所属しました。

ローランドさんは、柏レイソルのジュニアユースで培った才能を発揮し、帝京高校でも活躍しました。

中学時代のサッカー部の思い出

ローランドさんの中学時代は柏レイソルのジュニアユースに入っていて、毎日練習に明け暮れていたそうです。

しかし、上には上がいるもので、ローランドさんよりも上手い人がたくさんいて、自身を無くしてしまったそうです。

特に同期の稲垣祥さんはライバルで仲も良かったそうですが、稲垣祥さんの努力にはローランドさんはついていけなくなったそうです。

稲垣祥さんはユースに昇格し、ローランドさんはユースに落ちました。

そこで、サッカーを辞めたくなったそうですが、諦めることが出来ず、帝京高校に入学して、名門サッカー部に入部したとのことでした。

帝京高校進学後にサッカーをやめた決断の背景


引用画像:pinterest

ローランドさんは、帝京高校でサッカー部に所属していましたが、プロサッカー選手になることを諦めました。

その決断の背景には、以下のような理由がありました。

  • プロサッカークラブからのオファーがなかったこと
  • 怪我をしたこと
  • ホストになることを決めたこと

プロサッカークラブからのオファーがなかったこと

ローランドさんは高校3年生の時に、全国高校サッカー選手権大会の都大会決勝で敗れたことがショックだったそうです。

その後、プロサッカークラブからのスカウトやオファーがなかったことで、自分の実力に疑問を持つようになったみたいです。

怪我をしたこと

ローランドさんは高校時代に、足首や膝を何度も怪我していました。

その影響で、サッカーのパフォーマンスが低下したり、練習に参加できなかったりすることがありました。

怪我のリスクを考えると、プロサッカー選手としてのキャリアが不安だったそうです。

ホストになることを決めたこと

ローランドさんは大学に進学しましたが、入学式の翌日に退学しました。

その理由は、自分の居場所がないと感じたことと、ホストになることを決めたことでした。

ローランドさんはホストになることで、自分の人生を変えることができると信じていました。

ホストになったら、サッカーに対する姿勢や楽しみ方が変わったと言っています。

 

ローランドさんは、今でもサッカーが大好きで、日本代表の試合を観戦したり、自身のYouTubeチャンネルでサッカーに関する動画を配信したりしています。

ローランドさんのサッカーへの情熱は、ホストになっても変わらないみたいです。

ローランドの生い立ち・ホストデビューと最年少記録の秘話


引用画像:HOST-TV

ローランドさんは大学に進学をされたのですが、入学後すぐに退学しホストの道へ進みました。

大学は入学式の翌日に退学

ローランドさんは大学に進学されました。

どこの大学に通っていたかは公表されていませんが、出身高校から帝京大学に進学した可能性が高いという情報があります。

ローランドさんは大学をなんと入学式の翌日で辞めた理由について、「自分の居場所がないと感じたこと」と「ホストになることを決めたこと」だと語っており、ホストになることで自分の人生を変えることができたと信じています。

ホストクラブ勤務初日の自己紹介


引用画像:YouTube

ローランドさんは新宿歌舞伎町のホストクラブの勤務初日の自己紹介で、「歴史を塗り替える伝説のホストになる」と宣言されたそうです。

周りのホストからは大顰蹙を買ったそうですが、ローランドさんは大真面目だったそう。

勤務初日の接客

初めて接客した女性は、ローランドさんと口すらきいてくれなかったそうです。

ローランドさんはただ天井を見上げてやり過ごしていたと言っています。

歌舞伎町のホストクラブでの売り上げと人気の理由

ローランドさんは2018年に月売上6000万円、年間売上1億7000万超を記録し、歌舞伎町の歴代月間売上記録を樹立しました。

ローランドさんは、ホストとしてのルックスやスタイルはもちろん、接客や会話の技術も高い為、お客さんの心理やニーズを見抜き、満足させることができるからだと言われています。

ローランドさんは、ホストとしてのルックスやスタイルにこだわっていますが、ある日、お客さんに「髪型がダサい」と言われました。すると、ローランドさんはその場で髪を切って、お客さんに「どう?」と聞いたそうです。

オーランドさんはお客様の満足することに関してプロ意識というか、そこまでやるということもやっていたそうですね。

21歳で代表取締役になった経緯と先輩ホストからの反発

ローランドさんは、18歳でホストデビューし、歌舞伎町の最年少記録を次々と更新しました。

その実力が認められ、20歳で所属していた店舗の代表取締役に就任しました。

しかし、そのあまりの辣腕ぶりに、先輩ホストからの反発を受けました。

ある日、先輩がローランドさんの髪を切ろうとしたとき、ローランドさんは逆に先輩の髪を切ってしまいました。

それはローランドさんに対しての先輩からの嫉妬でトレードマークである金髪を黒く染めろという意味だったようですが、反発して、逆に先輩の髪を切ってやったとのこと。

この事件をきっかけに、ローランドさんは代表取締役を退任し、大手ホストクラブグループ「KG-produce」に移籍しました。

そこでさらに売り上げや人気を伸ばし、ホスト界の帝王と呼ばれるようになりました。

ローランドの生い立ち・実業家としての活動と成功の秘訣


引用画像:Yahooニュース

ローランドさんはホストから実業家へ転身し、成功を収められています。

その成功の秘訣を調べてみました。

ホストから実業家に転身した動機とビジネスの展開

ローランドさんは、ホストとして活躍していた時代に、自分のやり方に疑問を感じるようになりました。

ローランドさんは「女は金だ」という営業方法から卒業したくて、自分のブランディングを変えるために「東城誠」から「ROLAND」に改名しました。

その後、現役ホストを引退して、自身が設立した個人事務所シュヴァルツに所属しました。

ローランドさんは実業家として、ホストクラブや飲食店の経営を始めました。

また、美容商品の販売やシャンパンの輸入総代理店を務めるなど、多岐にわたる事業を展開しています。

ローランドさんは「世の中の男性をきれいにしたい、かっこよくしたい」というモチベーションで、脱毛サロンを全国展開させることも目標にしています。

ローランドさんは、ホストから実業家に転身した動機として、自分の理想とするホスト像を追求したかったと語っています。

ローランドさんは「女の子を幸せにできなかったことがたくさんあった。それが自分の中で嫌になってきて、何で俺は女の子に対して泣かせるようなことばっかりしているんだろう」という葛藤を告白していました。

ローランドさんは、自分のファンやスタッフに対しても、感謝の気持ちを忘れずに接しているそうです。

自身のブランドやメディアでの露出の戦略と効果


引用画像:MINIMUS

ローランドさんは、自分の名前を冠したアパレルブランド「MINIMUS」を立ち上げました。

このブランドは、ローランドさんのファッションセンスやライフスタイルを反映した、シンプルで高品質なメンズウェアを展開しています。

ローランドさんは、自分のブランドを宣伝するために、SNSやYouTubeなどのメディアを積極的に活用し、自分の日常や仕事、趣味などを公開することで、ファンとのコミュニケーションを図っています。

ローランドさんは、メディアでの露出によって、自分の知名度や信頼度を高めるとともに、自分の事業やメッセージを広く伝えることができると考えているからだそうです。

ローランドさんは、自分のブランドやメディアでの露出の効果として、自分のファン層が広がったことや、自分の商品やサービスに対する需要が高まったことを挙げており、自分のブランドやメディアでの露出を通じて、自分の存在価値を高めることができたと感じているとのことです。

コ〇ナ禍でのホスト業界の苦境と自身の対策と支援

ローランドさんは、自身が経営するホストクラブ「THE CLUB」を4月から営業停止しました。

これは、小池百合子都知事がバー、ナイトクラブなどの自粛要請に応えたためです。

ローランドさんは、営業停止による経済的な打撃を受けながらも、自分の判断に後悔はないと言っており、「倒産しても誰も責任を取ってくれない」と述べ、自分のスタッフやお客さんの安全を第一に考えたと強調されていました。

ローランドさんは、自分のホストクラブだけでなく、他のホストクラブや水商売の人たちにも支援を行っているようで、YouTubeチャンネルで水商売の現状や悩みを取り上げたり、自分の商品やサービスの売り上げの一部を寄付したりしているみたいです。

ローランドの今後の展望と夢


引用画像:Instagram

ローランドさんの今後はどんなことを夢にみて活動していくのでしょうか。

ホストとしての現在の目標と将来の引退の条件


引用画像:theclub

ローランドさんは、自分の経営するホストクラブ『THE CLUB』と『THE CHIC』を再開させることが、現在の目標の一つだったとのこと。

また、コ〇ナ禍での営業停止や閉店を経験した後、ホスト業界の再興に貢献したいという思いを持っているみたいです。

ローランドさんのホストとしての引退の条件として、自分の会社が美容業界のトップシェアを獲得することを挙げています。

芸能活動は自分の事業やメッセージを広く伝えるための手段であると考えており、自分の会社が安定したら芸能界を引退するつもりだとのこと。

ホストとしてのキャリアには満足しており、また、芸能人としての目標はないとも言っています。

いずれテレビやメディアからローランドさんが見れなくなる時が来そうですね。

実業家としての今後の挑戦と社会貢献のビジョン

ローランドさんは、自身が立ち上げたアパレルブランド「ミニマス」を通じて、ミニマリストのライフスタイルを提案し、人々の思考や価値観を変えることを目指しています。

ローランドさんは、服をシンプルにすることで、もっと大切なことにフォーカスできるようになった自身の経験をもとに、1億総ミニマリストに変えることができたら面白いと考えています。

また、自分の資金力が続く限りは「ミニマス」を続けるつもりであり、業績が良ければ半永久的に続けると言っています。

ローランドさんはは、服は自分の好きなものではあるが、単なる好きとは違い、ライフスタイルを変えられるものだと考えています。

また、ローランドさんの社会貢献として、カンボジアへの学校設立に協力しています。

ローランドさんは、自身の名言を集めた著書の印税を全てカンボジアへの学校設立に寄付しており、自身も現地を訪れて子どもたちと交流しています。

プライベートな恋愛観や結婚願望の有無


引用画像:abema

ローランドさんは、今までに恋愛をしたことがなく、興味もないとのこと。

ローランドさんは「女の子はもちろん大好きだし、デートをしていて楽しいなとは思うけど、恋愛をしたいという感覚が一切ない」と打ち明けています。

また、結婚願望も全くなく、一生独身でいるというビジョンを持っていると言っています。

ローランドさんは「世界には1個ぐらい誰も登れない山があってもいい」という自分のスタイルを貫いています

ローランドさんは、恋愛をしない理由として、自分の基準が高すぎることや、傷つくことを恐れることを挙げており、「男子校(出身)だったので女の子と触れ合うことがなかったんですよ。 だから女の子を美化しすぎちゃってた」と説明しています。

ローランドさんは、あるテレビ番組で恋愛で荒れ狂う自分を「見たいなっていう願望はある」とも話しており、スタジオの女性陣を大きく盛り上げていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)