【衝撃の結婚生活の真相】篠山紀信の前妻(ジューン・アダムス)は激写に不満があった!

篠山紀信さんといえば、日本を代表する写真家ですが、彼の私生活にも注目が集まります。

特に、彼の最初の妻であるジューン・アダムスさんは、ハーフの美人モデルとして有名でした。

しかし、篠山紀信さんの結婚生活は、想像もつかないほどの衝撃的なものだったのです。

今回は、篠山紀信さんの前妻(ジューン・アダムスさん)が、どんな人だったのか、彼らの結婚生活はどうだったのか、そして、なぜ離婚したのか、という疑問に答えていきます。

篠山紀信の前妻(ジューン・アダムス)ってどんな人?


引用画像:X

深夜のお色気番組で大ヒットした初代11PMのカバーガールを務めたジューン・アダムスさん。

篠山紀信さんとは1971年に結婚をし、1976年に離婚をしました。

篠山紀信さんの前妻(ジューン・アダムスさん)は、とても興味深い人物です。

彼女は、1948年にアメリカのハワイで生まれ、父親はアメリカ人で、母親は日本人でした。

篠山紀信さんの前妻(ジューン・アダムスさん)は、幼い頃からモデルとして活動し、日本やアメリカで人気を博しました。

彼女は、1968年に日本で開催されたミス・ユニバースに出場し、第4位に入賞しました。

ジューン・アダムスさんは、その美貌とスタイルで、多くの男性の憧れの的でした。

篠山紀信の前妻の職業


引用画像:X

篠山紀信さんの前妻(ジューン・アダムスさん)の職業は、主にモデルと実業家でした。

彼女は、幼い頃からモデルとして活動し、日本やアメリカで人気を博しました。

ジューン・アダムスさんは、篠山紀信さんと結婚した後も、彼の写真のモデルとして活躍しました。

ジューン・アダムスさんは、離婚後、実業家の塚本啓一さんと再婚し、カフェバーやディスコ、映画製作などの事業を手がけました。

ジューン・アダムスさんは、塚本ジューンという名前で、社交界や芸能界で活躍しており、現在も事業を続けています。

篠山紀信の前妻(ジューン・アダムス)との結婚生活の真相


引用画像:X

篠山紀信さんとジューン・アダムスさんは、1971年に結婚しました。

二人は当時、それぞれ写真家とモデルとしてトップの地位にありました。

篠山紀信さんは、ジューン・アダムスさんを自分の作品の被写体としても使っており、1976年には『決闘写真論』という連載の中で「妻」をテーマにした写真を掲載しました。

その写真は、ジューン・アダムスさんが裸でベッドに横たわり、篠山紀信さんが銃を向けるという衝撃的なものでした。

しかし、その翌月に二人は離婚しました。

離婚の理由は明らかにされていませんが、篠山紀信さんの仕事に対する姿勢や生活スタイルに、ジューン・アダムスさんがついていけなかったのではないかと推測されています。

篠山紀信さんとジューン・アダムスさんの結婚生活は、ひそかに始まり、ひそかに終わったものでした。

二人は別れても友人であり続けると言っていましたが、その後の交流はほとんどなかったようです。

篠山紀信と前妻との間に、何があったのか?


引用画像:livedoor

篠山紀信さんは、自分の作品に対して強いこだわりを持っており、写真を撮ることに対する執念や情熱を持っていることで有名です。

篠山紀信さんは、自分の撮りたいものを撮るために、時には法律や倫理に反することも厭わないと言われています。

1970年代には、自分の妻であったモデルのジューン・アダムスさんをモチーフにしたヌー〇写真や激写シリーズを撮影しましたが、これらの写真は、ジューン・アダムスさんにとっては不快で苦痛なものでした。

篠山紀信さんは、ジューン・アダムスさんに対して、自分の意図に従うことを強要し、暴力をふるったこともあったと言われています。

しかし、ジューン・アダムスさんも自分の意見や感情も表現することを望んでおり、お互いの芸術家としての感性のすれ違いが大きくありました。

ジューン・アダムスさんは篠山紀信さんの写真への執着や暴力に耐えられなくなり、離婚したと言われています。

篠山紀信の前妻(ジューン・アダムス)との離婚原因


引用画像:X

篠山紀信さんと前妻(ジューン・アダムスさん)との間に、何があったのかという質問には、正確な答えはありません。

しかし、以下のようなことが考えられます。

篠山紀信と前妻のジューン・アダムスさんは、1971年に結婚しましたが、1976年に離婚しました。

二人の結婚生活は、篠山紀信の写真に対する執着や暴力、ジューン・アダムスさんの事業への関心などで、すれ違いが多かったと言われています。

篠山紀信は、ジューン・アダムスをモデルにして、多くのヌー〇写真や激写シリーズを撮影しましたが、ジューン・アダムスさんはそれに対して不満や苦痛を感じていたと思われます。

篠山紀信は、1976年に『決闘写真論』という連載の中で、ジューン・アダムスさんを「妻」として撮影した写真を掲載しましたが、その翌月に離婚しました。

この写真は、篠山紀信さんとジューン・アダムスさんの対立関係を象徴するもので、篠山紀信は自分の作品に昇華させようとしたのかもしれません。

ジューン・アダムスさんは、篠山紀信さんとの関係については、あまり語りたがりませんが、彼の写真に対する評価は高くしています。

そして、ジューン・アダムスさんは、篠山紀信さんの写真は「芸術だ」と言っていり、篠山紀信さんの写真に写っている自分を「別人だ」と感じていたようです。

ジューン・アダムスさんは、篠山紀信さんの写真について「私は、彼の写真の中にいるだけの人間だった」と言っています。

以上のことから、篠山紀信さんと前妻との間には、芸術家としての価値観や生き方の違いがあったのではないかと推測できます。

彼らは、互いに尊敬しあっていたとしても、幸せな結婚生活を送ることはできなかったのかもしれませんね。

篠山紀信の前妻(ジューン・アダムス) との出会い~結婚まで


引用画像:週プレnews

篠山紀信さんとジューン・アダムスさんとの出会いは、1968年に日本で開催されたミス・ユニバースに出場したジューン・アダムスさんが、篠山紀信さんにスカウトされたことがきっかけでした。

ジューン・アダムスさんは、アメリカのハワイで生まれたハーフの美人モデルで、日本やアメリカで人気を博していました。

篠山紀信さんは、広告写真家として有名で、山口百恵さんや桜田淳子さんなどのトップアイドルの撮影を手がけていました。

二人は、すぐに恋に落ち、1971年に結婚しました。

結婚後は、篠山紀信の写真のモデルとして活躍するジューン・アダムスさんの美しさが注目されました。

篠山紀信さんは、ジューン・アダムスさんをモチーフにしたヌー〇写真や激写シリーズを撮影し、多くの雑誌や写真集で発表しました。

これらの写真は、篠山紀信さんの作品の中でも特に有名で、衝撃を与えました。

篠山紀信の前妻(ジューン・アダムス)との子供


引用画像:週プレnews

篠山紀信さんの前妻であるジューン・アダムスさんとの間には、2人の子供がいることがわかりました。

子供は2人とも娘で、名前や活動などは公表されていません。

モデルさんの娘なので、多分綺麗なお子さんなんでしょうね。

篠山紀信の再婚相手は南沙織


引用画像:時事ドットコム

南沙織さんは1970年代にアイドル歌手としてデビューし、その美貌と歌声で人気を博しました。

二人は1979年に結婚し、その後3人の息子をもうけました。

しかし、二人の結婚生活は決して平穏ではありませんでした。

篠山紀信さんの浮気や暴力、南沙織さんの鬱病や自〇未遂など、多くの苦難を乗り越えながらも、二人は離婚せずに愛を貫きました。

結婚式は極秘のうちに行われた


引用画像:ソニーミュージック

二人の結婚式は、極秘のうちに行われました。

二人はサヨナラ公演の2週間後に欧州で落ち合い、その後帰国してすぐに篠山紀信さんの自宅で同居を始めました。

そして1979年6月4日、東京都港区の区役所に婚姻届を提出しました。

式は挙げず、親族や友人にも知らせなかったそうです。

再婚理由は前妻ジューン・アダムスとの対立が原因

篠山紀信さんと南沙織さんの再婚理由については、はっきりとしたことは分かりませんが、前妻との対立が原因の可能性が考えられます。

篠山紀信さんが前妻のジューン・アダムスさんとの対立に疲れていたことです。

篠山紀信さんとジューン・アダムスさんは1976年に離婚しましたが、その前に篠山紀信さんはジューン・アダムスさんを「決闘写真論」という連載の中で撮影し、その翌月に離婚を発表しました。

このことから、二人の夫婦関係は冷え切っており、篠山紀信さんはジューン・アダムスさんに対して敵意や不満を抱いていたのではないかと推測できます。

また、ジューン・アダムスさんは離婚後に実業家と再婚し、映画製作などにも進出しました。このことは、篠山紀信さんとの価値観の違いや競争心を引き起こしたのかもしれません。

篠山紀信が再婚相手・南沙織に求めた条件


引用画像:デイリー

篠山紀信さんが再婚相手・南沙織さんに求めた条件というのは、明確には公表されていませんが、おそらくは南沙織さんの美しさと歌声に惹かれたのでしょう。

篠山紀信さんは写真家として、多くの芸能人や有名人を撮影してきましたが、南沙織は彼の作品の中でも特に印象的な被写体でした。

南沙織さんは1978年に歌手活動を引退し、その後篠山紀信さんと交際を始めました。

二人は1979年に結婚し、現在も夫婦仲は良好です。

篠山紀信さんは南沙織さんについて、「彼女は僕の人生の中で最も大切な存在だ」と語っています。

篠山紀信さんが南沙織さんに求めた条件は、恐らくは彼の芸術的な感性に共感できることや、彼の仕事を尊重してくれることだったのではないでしょうか。

南沙織さんは篠山紀信さんの写真集や展覧会にも協力しており、彼の作品の一部となっています。

また、南沙織さんは家庭を優先し、篠山紀信さんの仕事をサポートしてきました。

篠山紀信さんと南沙織さんは、美と芸術を愛するふたりとして、長年にわたって幸せな結婚生活を送っています。

篠山紀信と再婚相手・南沙織との間に子供はいる


引用画像:中日スポーツ

上記の画像は次男・篠山輝信さん。

篠山紀信さんと南沙織さんの間には、子供が3人います。

全員が息子さんです。

長男は篠山紀信さんの個人事務所で働き、マネジメントを担当されていると言われています。

三男は国立大学出身で、ソニーの技術者として活躍する天才だそうです。

次男の篠山輝信さんは俳優として活躍しています。

篠山輝信さんは、玉川大学芸術学部卒業後に芸能界に入り、舞台やドラマに出演するほか、バラエティ番組にも多く出演しています。

2019年には元NHKアナウンサーの雨宮萌果さんと結婚しましたが、2022年に離婚が発表されました。

その他、篠山紀信さんの記事 篠山紀信が死去!写真界の巨匠が残した60年の軌跡とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)