【曽根幸明が前妻と別れた真相】太田きよみとの略奪婚による家庭崩壊と和解

曽根幸明さんは、日本の作曲家で、太田きよみさんの夫でした。

曽根幸明さんは、歌手や俳優としても活動していましたが、作曲家としては、藤圭子さんや勝新太郎さんなどのヒット曲を多数手掛けました。

曽根幸明さんは、1960年代から2017年に亡くなるまで、創作活動を続けていました。曽根さんの代表作には、「座頭市子守唄」や「圭子の夢は夜ひらく」などがあります。

そんな曽根幸明さんは下積み時代を支えた妻と2人の子どもたちを捨てて、当時人気女優だった太田さんと不倫の末に略奪婚しました。

今回は曽根幸明さんと太田きよみさんの不倫から始まった略奪婚の代償と、前妻との家庭崩壊と和解について調べてみました。

曽根幸明とは?ヒットメーカーの華やかな人生と裏側


引用画像:X

曽根幸明さんは、1939年に東京に生まれました。幼い頃から音楽に興味を持ち、高校時代にはバンドを結成しました。

大学では、作曲家の池野成さんに師事し、音楽の勉強を深めました。

曽根幸明さんは、1962年に作曲家としてデビューし、その後、藤圭子さんや勝新太郎さんなどの人気歌手の曲を手掛けました。

曽根幸明さんの作品は、日本の歌謡曲の黄金期を築いたと言われています。

曽根幸明さんの人生は、音楽で輝いていましたが、その裏側では、家族や恋愛の問題に苦しんでいました。

歌手・俳優としてデビュー「藤田功」という芸名で活動


引用画像:diskunion

1964年に自ら作曲した「座頭市子守唄」を歌ってヒットさせたとき、藤田功さんは勝新太郎さんと共演した映画『男の紋章』の中で、その曲を歌うシーンがありました。

しかし、そのシーンでは、藤田功さんは自分の曲を歌うことに恥ずかしさを感じて、顔を隠すようにして歌っていたということです。

その姿が逆に親しみやすくて、観客に好評だったと言われています。

作曲家に転身

曽根幸明さんは、1959年に「藤田功」という芸名で歌手デビューしましたが、その後、作曲家に転身しました。

そのきっかけは、歌手としての仕事がなくなり、生活に困ったことだと言われています。

曽根幸明さんは、作曲家としての才能を発揮し、多くのヒット曲を生み出しましたが、歌手としての夢は捨てきれなかったようです。

曽根幸明さんは、作曲家としての活動を始めた当初、自分の曲を自分で歌って売り込もうとしましたが、レコード会社に断られました。

そのため、曽根幸明さんは、自分の曲を他の歌手に提供することにしました。

しかし、曽根幸明は、自分の曲を他の歌手に歌われるのに不満を感じていたこともあったようです。

下積み時代を支えた前妻との結婚2人の子どもたちとの幸せな日々


引用画像:X

曽根幸明さんは、子どもたちにも音楽の手ほどきをしました。

曽根幸明さんの長女は、後にシンガーソングライターの曽根由希江としてデビューしました。

曽根幸明さんは、歌手としての仕事がなくなっても、作曲家としての活動を始めるまでは、自分の曲を自分で歌って売り込もうとしました。

そのため、前妻と子どもたちと一緒に、全国各地のライブハウスやスナックなどで歌って回りおり、曽根幸明さんは、自分の曲を歌うことで、前妻や子どもたちにも自分の想いを伝えようとしました。

曽根幸明さんは、作曲家としての活動を始めた後も、前妻や子どもたちとの家族の時間を大切にしており、家族で旅行に行ったり、映画を観に行ったり、食事を楽しんだりしましたとのことです。

曽根幸明さんは、自分の曲がヒットしたときには、前妻や子どもたちにも報告して、喜びを分かち合い、前妻や子どもたちに対して、愛情と感謝の気持ちを持って接していたとのことです。

曽根幸明の前妻・直美とはどんな人なのか?


引用画像:サンスポ

曽根幸明の前妻の名前は直美さんです。

曽根幸明さんの前妻の直美さんとは、曽根幸明さんが作曲家としてデビューする前に結婚した女性で、2人の子どもの母親です。

曽根幸明さんの前妻の直美さんの顔は公表されていませんが、曽根幸明さんの下積み時代を支えた女性であることは確かです。

曽根幸明さんは、前妻の直美さんと結婚した当時、まだ無名の歌手で、収入も少なかったようです。

しかし、直美さんは、曽根幸明さんの才能を信じて、曽根幸明さんの音楽活動を応援しました。

直美さんは、曽根幸明さんのために、パートや家事をこなしながら、子育てもしました。

曽根幸明さんは、直美さんとの間に、一男一女をもうけました。

曽根幸明と太田きよみとの出会い


引用画像:X

曽根幸明さんと太田きよみさんとの出会いは、1965年に映画『バラケツ勝負』で共演したことがきっかけでした。

当時、曽根幸明さんは37歳で、既に妻と2人の子どもがいましたが、作曲家としての成功にもかかわらず、歌手としての夢を捨てきれなかった人物でした。

一方、太田さんは19歳で、お色気アクションドラマ「プレイガール」でトップクラスの人気を誇る若手女優でした。

曽根幸明と太田きよみの共演

映画「バラケツ勝負」で2人は共演をしました。

1965年に公開された日本の映画で、ボクシングを題材にしたアクションコメディです。

監督は佐伯幸三さん、主演は勝新太郎さんと太田きよみさんです。

曽根幸明さんは、この映画で山田友三という元ボクサーの役を演じました。

若手人気女優太田きよみが感じた曽根幸明の魅力

曽根幸明さんは、作曲家として多くのヒット曲を生み出し、日本の音楽界に多大な影響を与えた人物でした。

太田きよみさんは、曽根幸明の音楽の才能やセンスに惹かれたのことです。

曽根幸明は、歌手としての夢を捨てきれなかった人物でしたが、太田きよみさんは、曽根幸明の情熱や挑戦心に惹かれていきました。

曽根幸明さんは、箱入り娘だった太田きよみさんにとって、今まで触れたことのない大人の魅力を感じていたのでしょう。

妻子ある曽根幸明との泥沼不倫


引用画像:X

日本の音楽界に多大な影響を与えた作曲家の故曽根幸明さんは、下積み時代を支えた妻と2人の子どもたちがいながら、人気女優の太田きよみさんと不倫関係に陥りました。

その恋は、14年に及ぶ泥沼の恋になりました。

二人は、映画の中で恋人役を演じましたが、それが現実にもなりました。

この不倫関係は、世間の注目を集めるスキャンダルになりました。

14年間の不倫の末に曽根幸明の前妻からの略奪婚


引用画像:X

太田きよみさんは曽根幸明さんが妻と別れない中、2人の子供を妊娠、出産しました

出会ってから14年後、第2子を妊娠した後に2人はついに結婚しました。

曽根幸明と太田きよみの結婚式

曽根幸明さんと太田きよみさんの結婚式は、1979年11月25日に東京・赤坂のホテルで行われました。

二人は、14年に及ぶ不倫の末に、曽根さんの前妻と離婚した後に結婚しました。

結婚式には、二人の間にできた子どもたちや、曽根さんの前妻との間にできた子どもたちも参列しました。

曽根幸明さんは、「私は、太田さんに出会ってから、人生が変わりました。太田さんは、私の音楽の才能を信じてくれました。太田さんは、私の妻子との関係を尊重してくれました。太田さんは、私の愛情と罪悪感を受け止めてくれました。私は、太田さんに感謝しています。私は、太田さんを愛しています」と涙ながらに語りました。

太田きよみさんは、「私は、曽根さんに恋に落ちました。曽根さんは、私に音楽の魅力を教えてくれました。曽根さんは、私に情熱と挑戦を教えてくれました。曽根さんは、私に優しさと温かさを教えてくれました。私は、曽根さんに尊敬しています。私は、曽根さんを愛しています」と笑顔で語りました。

略奪婚の代償・太田きよみの苦悩と献身的な介護


引用画像:日刊スポーツ

14年間の不倫の末に結婚した曽根幸明さんと太田きよみさんですが、幸せは訪れませんでした。

太田きよみさんは、結婚から1年半後に義母が直腸がんになり、子育てと介護を両立させる生活になりました。

さらに、曽根幸明さんは脳梗塞を発症し、左半身不随で車椅子生活になりました。

太田きよみさんは、曽根幸明さんの介護も必死に行いましたが、2017年に曽根幸明さんは肺炎で亡くなりました。

義母の直腸がんと夫の脳梗塞・子育てと介護の二重苦

14年間の不倫の末の結婚は一つの家庭を壊した略奪婚であり、その代償は大きかったようです。

太田きよみさんは、結婚から1年半後に義母が直腸がんになり、子育てと介護を両立させる生活になりました。

太田きよみさんは、義母の手術や化学療法の付き添いをしながら、自分の子どもたちや曽根さんの前妻との子どもたちの面倒も見ました

太田きよみさんは、自分の仕事をほとんど休業し、家族のために尽くしました。

不幸の連鎖は終わらず、曽根幸明さんは脳梗塞を発症し、左半身不随で車椅子生活を余儀なくされました。

悪い種をまいた実を刈り取っていると自責・夫への愛と罪の意識

太田きよみさんは、自分が犯した罪の償いとして、介護を行ったと語っています。

また、「悪い種をまいた実を介護という形で刈り取っている。自分で犯した罪のつぐないの一つです」と涙ながらに語りました。

太田きよみさんは、自分が曽根幸明さんの妻子との関係を壊したことに対して、深い罪悪感と自責の念を抱いていたのです。

また、曽根幸明さんとの間にできた子どもたちを愛して育て、曽根幸明さんの妻子との関係を尊重して、曽根幸明さんの前妻との子どもたちとも仲良くしていたとのことです。

故曽根幸明の遺産相続問題


引用画像:スポニチ

曽根幸明さんが亡くなった後、遺産相続問題が発生しました。

作曲家印税の分配・死後50年間で推定1億8000万円の遺産

曽根明幸さんは、多くのヒット曲を生み出し、楽曲の印税収入は少なく見積もっても月に30万円でした。

死後50年間で推定1億8000万円がもらえることになりました。

太田きよみさんは、非難されることを覚悟で、前妻と遺産相続問題の話し合いをするために直接対面することになりました。

前妻・直美が印税相続を放棄した理由

前妻の直美さんは印税の相続を放棄しました。

前妻の直美が印税相続を放棄した理由は、人気作曲家の故曽根幸明さんと不倫の末に結婚した女優の太田きよみさんが、その後の人生で苦悩と献身的な介護をすることになったことに対する敬意や同情からだと考えられます。

前妻の直美さんは、曽根さんが離婚後も毎月100万円の仕送りをしていたことや、太田さんが義母や曽根さんの介護を必死にしていたことを知りました。

前妻直美さんは太田きよみさんに「当時は好きになれませんでしたよ。でも、彼のお母さんの面倒も見てくれたんです。彼の世話も一生懸命やっていて立派だなと。5年も10年も苦労したんですよ。この人は曽根のことを心から愛しているんだと分かりました。だから印税は必要ないと思ったんです。気持ちを軽くしてください」と労わってくれました。

また、前妻の直美さんは、曽根さんとの間にできた子どもたちとも和解しました。

以上の情報から、前妻の直美さんは印税相続を放棄した理由として、次のようなことが考えられます。

  • 前妻の直美さんは、曽根幸明さんが離婚後も自分と子どもたちに対して経済的に責任を果たしてくれたことに感謝していた。
  • 前妻の直美さんは、太田きよみさんが曽根さんの妻子との関係を尊重しながら、曽根幸明さんや義母の介護を献身的に行ったことに敬意や同情を抱いた。
  • 前妻の直美さんは、曽根幸明さんとの間にできた子どもたちとの関係を修復することを優先した。

太田きよみの略奪婚での生活は地獄だった


引用画像:roadsiders

不倫と略奪婚の罪は世間から非難をされ、芸能界から仕事を干されたり、実家から勘当されたりとする苦労もあったようです。

太田きよみさんは当時のことを世間の冷たい目にさらされ続けたことで、曽根幸明さんとの結婚生活を「地獄」と表現されていました。

 

以上、曽根幸明さんの前妻と太田きよみさんの略奪結婚について調べてみました。

太田きよみさんと故曽根幸明さんの関係は、波乱万丈でしたね。

前妻・直美さんの寛大さと太田きよみさんの反省に感心しました。

皆さんは、どう思いますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)