【美人アナウンサーの妻】高瀬耕造の家族構成!NHK紅白司会の裏側を大公開

NHK紅白歌合戦の司会者として、多くの人に親しまれている高瀬耕造さん。

高瀬耕造はどんな家族と暮らしているのでしょうか?

今回は、高瀬耕造さんの家族構成や、紅白司会の裏側に迫ります。

高瀬耕造の家族構成


引用画像:Yahooニュース

高瀬耕造さんの家族構成について調べてみました。

 妻は元テレビ新潟アナウンサーの川野美咲


引用画像:google画像検索

NHKの人気アナウンサーとして活躍する高瀬耕造さん。

高瀬耕造さんの妻は、元テレビ新潟のアナウンサーで、現在はフリーライターとして活動している川野美咲さんです。

川野美咲さんは1977年6月7日生まれで、東京都出身です。

2000年頃にNHK長野放送局の契約キャスターを務めた後、2002年頃にテレビ新潟に入社しました。

2004年には「きものの女王」中国・四国代表に選ばれるなど、着物の普及にも貢献しています。

2011年には長男を出産し、現在は二人の子供と愛犬とともに東京で暮らしています。

川野美咲の高校・大学は桜美林


引用画像:桜美林大学

川野美咲さんは、東京都出身で、桜美林高等学校と桜美林大学国際学部を卒業されました。

桜美林高等学校は、偏差値が61~66とかなりハイレベルの高校です。

川野美咲さんは、成績優秀だったと思われます。

子供は長女と長男の2人

高瀬耕造さんには、長女と長男の2人のお子さんがいます。

長女は2009年に、長男は2011年に生まれました。

お子さんたちの名前や顔画像は公開されていませんが、高瀬さんは紅白歌合戦の司会をしたときに、子供たちに向けてメッセージを送りました。

父親ならではの発言で称賛


引用画像:Instagram

高瀬耕造さんは、2023年12月31日に放送された第74回NHK紅白歌合戦の総合司会を務めました。

そのとき、高瀬耕造さんは自身の子どもたちに向けて「お父さんは今、日本中の人たちと一緒に歌っています。 あなたたちも一緒に歌ってください」というメッセージを送りました。

この発言は、視聴者から「父親ならではの優しい言葉」「子どもたちにとって素敵な思い出になるだろう」「高瀬さんの人柄が伝わる」といった称賛の声が寄せられました。

両親(父・母)


引用画像:NHK

高瀬耕造さんは兵庫県西脇市生まれで、同県明石市と加古川市で育ちました。

高瀬耕造さんのお父さんは、元日本電信電話公社(現NTT)の社員で、お母さんは専業主婦だったそうです。

高瀬耕造さんは、お父さんの仕事の関係で、小学校時代に明石市から加古川市に引っ越したということです。

高瀬耕造さんは、お父さんから「決して逃げない、ひるまない、揺るがない」というモットーを教えられたと言っています。

また、お母さんからは「人に優しく、感謝の気持ちを忘れない」という教えを受けたとも言っています。

高瀬耕造さんは、両親から受けた影響が大きいと語っています。

兄弟

高瀬耕造さんには、兄と妹がいます。兄は高瀬さんより3歳年上で、妹は高瀬さんより2歳年下です。

兄は元NTTの社員で、現在は独立してIT関係の仕事をしているそうです。

妹は結婚して主婦をしており、子供が2人います。

高瀬耕造さんは兄弟と仲が良く、よく連絡を取り合っていると言っています。

NHK紅白歌合戦の司会に決まった際の家族の反応


引用画像:NHK

高瀬耕造さんは、司会の話を聞いたときに「えっ」と驚いたと言っていますが、家族も同じように驚いたそうです。

高瀬耕造さんは、妻に電話で報告したところ、「本当に? 本当に?」と何度も聞き返されたと言っています。

お子さんたちも「お父さん、すごいね」と喜んでくれたと言っています。

高瀬耕造さんは、家族の反応に感謝していると言っています。

高瀬耕造さんは、「家族がいてくれるからこそ、自分は仕事に集中できるし、やりがいを感じることができる」と言っています。

高瀬耕造の家族・妻の川野美咲との馴れ初め


引用画像:NHK

高瀬耕造さんと川野美咲さんは、2001年に高瀬耕造さんが新潟局に配属されたときに知り合いました。

当時、川野美咲さんはテレビ新潟でアナウンサーとして働いており、高瀬耕造さんと同じ番組に出演することもありました。

二人は仕事を通じて親しくなり、交際に発展しました。

2003年12月に結婚式を挙げた二人は、翌年に長女を出産しました。

高瀬耕造の家族との暮らしは?大阪単身赴任の理由や生活ぶりを追う


引用画像:デイリー

高瀬耕造さんの単身赴任について調べてみました。

子供の受験や東京での仕事を考えて単身赴任を選択

高瀬耕造さんは、2023年度からNHK大阪放送局に勤務していますが、家族は東京に残して単身赴任を選択されました。

高瀬耕造さんは、単身赴任の理由について、自身のブログで語っています。

高瀬耕造さんは、子供たちの受験や東京での仕事を考えて、家族と離れることを決断したと言っています。

高瀬耕造さんは、「家族と離れるのは寂しいですが、仕事にも責任があります。大阪での仕事も楽しみですし、家族との時間も大切にしたいと思います」と言っています。

高瀬耕造さんは、家族との連絡や会話を欠かさないとのことで、家族との距離を感じないように努めているようですね。

家族とは電話やビデオ通話

高瀬耕造さんは、家族との連絡を電話やビデオ通話で取ることが多いそうです。

「家族とは毎日電話やビデオ通話で話しています。子供たちの様子や学校のこと、妻の仕事のことなどを聞きます。家族との会話は、私にとって一番の癒しです」と言っています。

高瀬耕造の家族との楽しい時間!趣味や旅行の思い出を紹介


引用画像:X

高瀬耕造さんの家族との楽しいエピソードを調べてみました。

家族で歌や合唱を楽しむ

高瀬耕造さんは、家族で歌や合唱を楽しむことがあります。

高瀬耕造さんは、早稲田大学時代にグリークラブで活動していました。

現在の特技は男声合唱です。

高瀬耕造さんは、2018年に放送された「第50回 思い出のメロディー」で、初司会を担当するとともに、歌も披露しました。

高瀬耕造さんは、石丸幹二さんが歌うアニメ「巨人の星」の主題歌「ゆけゆけ飛雄馬」に、早大グリークラブの後輩たちとともに参加し、合唱に加わりました。

高瀬耕造さんの家族も、歌が好きなようです。

高瀬耕造さんの妻・川野美咲さんは、カラオケが得意で、高得点を出すそうです。

高瀬耕造さんのお子さんたちも、歌を歌うのが好きで、高瀬耕造さんと一緒に歌ったり、合唱したりすることがあります。

高瀬耕造さんは、家族との歌や合唱を楽しんでいるようですね。

家族で加古川や明石海峡を訪れる

高瀬耕造さんは、家族で加古川や明石海峡を訪れることがあります。

高瀬耕造さんは、兵庫県西脇市生まれで、同県明石市と加古川市で育ちました。

高瀬耕造さんは、兵庫時代の思い出の味は加古川の「かつめし」、思い出の風景は「新快速から見た明石海峡と淡路島」だと言っています。

高瀬耕造さんは、家族と一緒に兵庫に帰省することがあるそうです。

高瀬耕造さんは、「家族で故郷を巡るのは楽しいですね。子供たちにも兵庫の魅力を伝えたいと思います」とコメントしています。

高瀬耕造の家族との思いやり!防災士の資格や家族の健康を気遣う


引用画像:X

高瀬耕造さんの家族への思いやりについてのエピソードを調べてみました。

防災士の資格を取得したきっかけとは?

高瀬耕造さんは、防災士の資格を持っています。

防災士の資格を取得したきっかけは、2012年12月7日に発生した三陸沖地震です。

高瀬耕造さんは、当時、NHKのニュースキャスターとして、津波警報が発令されたことによる緊急報道を担当しました。

高瀬耕造さんは、「東日本大震災を思い出してください」、「命を守るために一刻も早く逃げてください」という強い調子で避難の呼びかけをしました。

このときの報道をきっかけに、高瀬さんは防災に関する知識や技能を身につけるために、防災士の資格を取得したということです。

高瀬耕造さんは、防災士として、災害に備える啓発活動や防災教育にも参加しています。

家族の健康管理に気を配る

高瀬耕造さんは、「家族と離れて暮らすのは寂しいですが、家族の健康を心配しています。電話やビデオ通話で話すときには、体調や食事、運動などのことを聞きます。家族には、手洗いやうがい、マスクの着用などの感染予防もしっかりと行ってほしいと伝えています」と言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)