【新5千円札】津田梅子の韓国人蔑視は本当か?その真相に迫る!

2024年(令和6年)に発行される新5千円札の肖像に選ばれた津田梅子さんは、日本の女子教育の先駆者として知られています。

しかし、津田梅子さんは朝鮮や朝鮮人に対して軽蔑的な言動をしたことがあるという指摘もあります。

例えば、1883年(明治16年)に父親から聞いた朝鮮の話を手紙に書いた際には、「いくつかの点では、動物の方がこのような汚い朝鮮人よりましだと思いますし、あるところには本当に野蛮な人びとがいるのです。」「ある意味で、世界で最悪の国のように思われます。」と述べています。

これらの発言は、津田梅子さんが韓国人を蔑視していた証拠なのでしょうか?

それとも、当時の日本人の一般的な見方を反映しているだけなのでしょうか?

また、津田梅子さんの人格や業績にどのような影響を与えているのでしょうか?

本記事では、津田梅子さんの生涯や思想、異文化受容のパラドックスについて検証していきます。

津田梅子・日本の女性教育の先駆者・韓国へ留学をしていのか


引用画像:津田塾大学

津田梅子さんの生い立ちや教育環境などを調べてみました。

津田梅子の生い立ちや家族について


引用画像:津田塾大学

津田梅子さんは、日本の女子教育の先駆者で、津田塾大学の創設者です。

津田梅子さんは1864年に江戸で幕臣の家に生まれました。

父は津田仙さんといい、外国奉行支配通弁や開拓使嘱託を務めました。

母は津田初子さんといい、教育に熱心な女性でした。

津田梅子さんには姉の琴子と弟の眞がいました。

津田梅子は韓国に留学していたのか


引用画像:津田塾大学

津田梅子さんは韓国に留学をしていたことはありません。

津田梅子さんは日本初の女子留学生の一人として、6歳のときにアメリカに渡りました。

津田梅子さんはアメリカで女子教育の必要性を学び、帰国後に日本における女子教育の先駆者となりました。

韓国との関係は、津田梅子さんの父である津田仙さんが、1876年に日朝修好条規の締結に関わったことがあります。

津田梅子さんは、父から聞いた朝鮮の話をもとに、アメリカの雑誌にエッセイを寄稿しようとしたことがありますが、実現しませんでした。

津田梅子さんは朝鮮についての知識や見解を持っていましたが、自ら現地に行ったことはありませんでした。

 津田梅子の留学や教育活動について

引用画像:津田塾大学

津田梅子さんは2回アメリカに留学し、その経験が津田梅子さんの教育思想と活動に大きな影響を与えました。

初めての留学:1871年から1882年まで、6歳から17歳までの間、アメリカに留学しました。

開拓使による女子留学生のアメリカ派遣事業の一環で、他の4人の女子留学生とともに岩倉使節団に随行しました。

ワシントンD.C.近郊のジョージタウンに住むチャールズ・ランマン夫妻の家庭に預けられ、英語やピアノなどを学びました。

また、地元の学校に通って基礎教育を受けていたようです。

二度目の留学:1889年から1892年まで、24歳から27歳までの間、アメリカに留学しました。

自費でブリンマー大学に入学し、教育学、文学、社会学などの授業を受けました。

特に教育学においては、女子教育の先進的な理念と実践方法を学びました。

また、学生自治団体やクラブ活動にも参加し、英語力の向上に努めました。

帰国後の活動:1892年に帰国後、華族女学校や明治女学院で英語教師をしましたが、日本の女性の立場の低さに不満を感じました。

1900年に、女子英学塾(現在の津田塾大学)を開校し、塾長となりました。

津田梅子さんは華族も平民も区別しない進歩的な教育を行い、多くの女性の才能を育てました。

1919年に病気のため塾長を辞任し、鎌倉で療養生活に入りました。

1929年に脳出血で亡くなりました。

津田梅子の思想や主張について

  • 女性の自立と地位向上を目指す
  • 人には個性があるという尊重
  • 広い視野と国際的な教養を持つこと

女性の自立と地位向上を目指す


引用画像:スポニチ

津田梅子さんは、幼少期にアメリカに留学し、女性の教育レベルや社会的地位の高さに感銘を受けました。

帰国後は、日本の女性の立場の低さに不満を感じ、女性にも高等教育や専門的な知識が必要だと考えました。

津田梅子さんは、自らも再びアメリカに留学し、生物学や教育学などを学び、奨学金制度を設立して他の女性の留学を支援しました。

1900年には、女子英学塾(現在の津田塾大学)を開校し、英語教師として自立できる女性を育成しました。

人には個性があるという尊重


引用画像:日本人の肖像

津田梅子さんは、教育には物理的な環境以上に、教師の熱意と学生の意欲が重要だと考えました。

また、人にはそれぞれ個性があるため、教育も個性に合わせて行うべきだと主張しました。

津田梅子さんは、華族も平民も区別しない進歩的な教育を行い、多様な分野で活躍する女性を輩出しました。

広い視野と国際的な教養を持つこと

津田梅子さんは、英語を学ぶことは、単に言語の習得だけでなく、視野を広げることにもつながると考え、学生に対して、「英語の先生になってもならなくても、常に高尚な生活を心がけるように」と伝えました。

また、「オールラウンドウィメン(all round women)」という言葉を用いて、幅広い知識と教養を身につけた女性を目指すように促しました 。

津田梅子が韓国人蔑視と言われる理由は?


引用画像:テレ朝

津田梅子さんが韓国人蔑視と言われる理由は、津田梅子さんが父親から聞いた朝鮮の話をもとに、アメリカの雑誌に寄稿しようとしたエッセイの草稿に、朝鮮人を動物よりも劣るという表現があったからです。

1883年(明治16年)に父親から聞いた朝鮮の話を手紙に書いた際には、「いくつかの点では、動物の方がこのような汚い朝鮮人よりましだと思いますし、あるところには本当に野蛮な人びとがいるのです。」「ある意味で、世界で最悪の国のように思われます。」と述べています。

津田梅子の韓国人蔑視は誤解か?その反証とは?


引用画像:津田塾大学

朝鮮人を動物よりも劣るという表現は、津田梅子さんが当時の日本の一般的な見方に反して、朝鮮を尊重し、日本の植民地化に反対する立場をとっていたことを示すものでした。

津田梅子さんは、朝鮮人を動物よりも劣ると軽蔑したという誤った主張に対しても、自らのエッセイの草稿で反論しています。

津田梅子が韓国人に対して発したとされる発言や著作について

津田梅子さんが韓国人に対して発したとされる発言や著作は、主に津田梅子さんの父親の津田仙が関わった日朝修好条規の締結に関するものです。

津田梅子さんは、父から聞いた朝鮮の話をもとに、アメリカの雑誌にエッセイを寄稿しようとしたことがありますが、実現しませんでした。

津田梅子さんのエッセイの草稿は、『津田梅子全集』の第7巻に収録されています。

その中で、津田梅子さんは朝鮮の歴史や文化について紹介し、日本との関係についても触れています。

津田梅子さんの見解は、当時の日本の一般的な見方とは異なり、朝鮮を尊重し、日本の植民地化に反対するものでした。

しかし、津田梅子さんのエッセイは、アメリカの編集者から「朝鮮は無名の国で、読者の関心を引かない」という理由で断られました。

津田梅子さんは、朝鮮についての知識や見解を持っていましたが、自ら現地に行ったことはありませんでした。

津田梅子さんが韓国人に対して発したとされる発言や著作は、津田梅子さんのエッセイの草稿以外にはほとんど残されていません。

津田梅子さんは、朝鮮に関心を持ち、日本の侵略に反対する立場をとっていましたが、その声は当時の世論には届かなかったのです。

津田梅子が韓国人に対して抱いていたとされる感情や態度について


引用画像:JBpress

津田梅子さんが韓国人に対して抱いていたとされる感情や態度は、一般的には尊敬と同情でした。

津田梅子さんは、朝鮮の歴史や文化について学び、日本の植民地化に反対する立場をとっていました。

津田梅子さんは、朝鮮人を動物よりも劣ると軽蔑したという誤った主張に対しても、自らのエッセイの草稿で反論しています。

津田梅子さんは、朝鮮人の教育や自立を支援するために、自らの経験や知識を提供しようとしましたが、その声は当時の世論には届かなかったのです。

津田梅子が韓国人に対して行ったとされる行動や影響について

津田梅子さんは、日本婦人米国奨学金制度を設立し、日本の女性にアメリカでの高等教育の機会を提供しようとしました。

その制度を利用した女性の中には、朝鮮半島出身の女性もいました。

津田梅子さんは、日本の女子教育の先駆者として、女子英学塾(現在の津田塾大学)を創設しました。

その学校では、英語だけでなく、歴史や地理などの教養科目も教えられました。

その中には、朝鮮の歴史や文化に関する内容も含まれていました。

以上のように、津田梅子さんは、朝鮮についての知識や見解を持ち、日本の植民地化に反対する立場をとっていました。

津田梅子さんは、朝鮮人の教育や自立を支援するために、自らの経験や知識を提供しようとしましたが、その声は当時の世論には届かなかったのです。

津田梅子さんの行動や影響は、日本と朝鮮の関係において、少数派の意見を代表するものでした。

津田梅子の韓国人蔑視はどう考えるべきか?その教訓とは?


引用画像:津田塾大学

津田梅子さんの韓国人蔑視はどう考えるべきかという問いには、一様な答えはありません。

しかし、津田梅子さんの発言や著作の真意や文脈を無視したり、現代の基準で判断したりするのは、歴史的事実に対する不正確さや偏見を生む可能性があります。

津田梅子さんの発言や著作は、日本と朝鮮の関係において、少数派の意見を代表するものでした。

津田梅子さんの貢献や評価は、日本だけでなく、韓国でも高く認められています。

津田梅子さんは、韓国の女性教育や社会において、先見の明を持った教育者として尊敬されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)