「何度も別れては戻ってきた」山田純大に前妻はいない!元女優の妻・田京恵との結婚までの壮絶な道のり

俳優の山田純大さんは、元女優の田京恵さんと結婚していますが、実は2人の馴れ初めはかなり壮絶だったということをご存知でしょうか?

2人は2001年にドラマ「水戸黄門」で共演したのがきっかけで交際を始めましたが、その後15年もの間、何度も別れては戻ってきたそうです。

2人の関係には、山田純大さんの父親である杉良太郎さんの存在が大きく影響していました。

杉良太郎さんは、山田純大さんの結婚相手に厳しく、山田純大さんが以前にプロポーズした女性にも反対しました。

その女性は、山田純大さんの前妻ではなく、結婚には至らなかったのです。

今回はそんな山田純大さんと田京恵さんの結婚までの道のりを調べてみました。

山田純大に前妻はいない!


引用画像:日刊スポーツ

実は、山田純大さんには前妻がいたという噂がありましたが、これは事実ではありませんでした。

山田純大さんは、過去に結婚を申し込んだ女性がいたのですが、その女性は山田純大さんの父親である有名俳優の杉良太郎さんに反対されてしまい、結婚に至らなかったのです。

元女優の妻・田京恵との出会いから結婚まで


引用画像:山田純大オフシャルブログ

俳優の山田純大さんと元女優の田京恵さんは、2016年に結婚しましたが、2人の出会いから結婚までには、様々な障害がありました。

 2001年、TBS時代劇「水戸黄門」で共演した田京恵と交際開始。しかし、何度も別れては戻ってきた


引用画像:X

山田純大さんと田京恵さんは、2001年に放送された時代劇「水戸黄門」で共演しました。

山田純大さんは「格さん」役を演じていて、田京恵さんはゲスト出演していた女性役でした。

交際のきっかけは、ドラマ「水戸黄門」の撮影中に意気投合したことだそうです。

山田純大さんと田京恵さんは、ドラマの中で恋人役を演じていましたが、それが現実になったのです。

2人は、共通の趣味や価値観を持っていたこともあり、すぐに仲良くなりました。

しかし、その後は芸能活動の忙しさやすれ違いなどで、何度も別れたり復縁したりする関係になりました。

「何度も別れては戻ってきた」山田純大と元女優の妻・田京恵との15年もの交際理由


引用画像:サンスポ

なぜ、山田純大さんと田京恵さんは別れたり復縁したりしたのでしょうか。

山田純大の父親・杉良太郎が結婚相手に厳しい理由


引用画像:内閣府

2人の関係には、山田純大さんの父親である杉良太郎さんの存在が大きく影響していました。

杉良太郎さんは、山田純大さんの結婚相手に厳しく、山田純大さんが以前にプロポーズした女性にも反対しました。

杉良太郎さんが結婚相手に厳しい理由として考えられるのは以下の理由からではないでしょうか。

杉良太郎さんは、自身の結婚生活にも苦労がありました。

最初の妻である山田信子さんとは、26年間連れ添った後に離婚しました。

離婚の原因は、倦怠期や伍代夏子さんとの関係などが噂されています。

杉良太郎さん自身が結婚生活で苦労した為、息子への愛情から結婚相手を慎重に選んで欲しいという想いもあったのでしょう。

田京恵の妊娠中絶

田京恵さんが山田純大さんとの子供を中絶したのは、2006年のことだと言われています。

当時、山田純大さんと田京恵さんは結婚を考えていたのですが、杉良太郎さんが強く反対し、結婚を断念しました。

その際、田京恵さんは山田純大さんの子供を妊娠していたのですが、杉良太郎さんの圧力に耐えられず、中絶を選んだのだといいます。

杉良太郎は、子供たちにも厳しい父親


引用画像:X

特に長男の山田純大さんには、結婚相手に対して反対や干渉をしたことがありました。

山田純大さんが以前にプロポーズした女性にも反対しました。

その女性は、山田純大さんの前妻ではなく、結婚には至らなかったのです。

杉良太郎さんは、自分の芸能活動にも情熱を注いでいます。

俳優としてだけでなく、歌手やプロデューサーとしても活躍しています。

また、ボランティアや慈善活動にも非常に力を入れています。

ベトナムには養子にした子供が152人もいると言われています。

 

以上のことから、杉良太郎さんが結婚相手に厳しい理由は、自分の経験や信念、芸能界での地位などが影響しているのではないでしょうか。

杉良太郎さんは、自分の家族やパートナーにも、自分と同じくらいの情熱や責任感を求めているのかもしれません。

2016年、15年の時を経て結婚。同年、第一子女児が誕生


用画像:山田純大公式

結婚式の場所は、ハワイで行われたとのことです。

具体的な場所や日付は公表されていませんが、二人はハワイが好きで、よく旅行に行っていたそうです。

結婚式のゲストは、二人の親族や友人が参列したと思われます。

特に、山田純大さんの父親である俳優の杉良太郎さんは、息子の結婚を心から祝福していたといいます。

また、山田純大さんが長年出演していた『水戸黄門』の共演者やスタッフも、お祝いのメッセージを送ったと報じられています。

結婚式の写真は、残念ながら公開されていません。

女の子を出産、愛称は「まーちん」

2016年12月に誕生し、山田純大さんは自身のブログで「昨日は京都での撮影が休みだったので病院に駆けつける事ができ、良いタイミングで産まれてきてくれました。ホッとしております」と報告しています。

娘さんの名前は正式には公表されておらず、愛称では「まーちん」と呼ばれているそうです。

お顔の画像は見つかりませんでしたが、かわいい後ろ姿の写真が山田純大さんのブログにありました。

2021年2月現在では5歳になっており、snsでは娘さんのことを公表していないので詳細については不明です。

山田純大さんは積極的に子育てに参加されているみたいですね。

 映画「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」で夫婦共演。家族の絆を語る

山田純大さんと田京恵さんは、2019年に公開された映画「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」で夫婦役を演じました。

この映画は、オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」を通して親子の絆を深める物語で、実際にゲームの映像も使われています。

山田純大さんは、この映画で自分の家族について考える機会になったと語っています。

役柄と同じく、自分も仕事一筋で家族との時間が少なかったと反省し、娘さんとの関係を改善するためにゲームを始めたそうです。

また、田京恵さんとの夫婦共演は、お互いの演技に刺激を受けたと話しています。

田京恵さんは、この映画で夫婦の役を演じることについて、最初は照れくさかったが、次第に楽しくなったと言っています。

また、ゲームにはあまり興味がなかったが、山田純大さんと娘さんのゲームの様子を見て、家族のコミュニケーションの一つとして理解できたと話しています。

山田純大と妻・田京恵の結婚生活


引用画像:東京音楽祭

現在は、山田純大さんは俳優として、田京恵さんは主婦として、それぞれの役割を果たしながら、幸せな家庭を築いています。

田京恵、夫・山田純大の誕生日を祝福!手作りケーキでサプライズ

田京恵さんは、山田純大さんの誕生日を手作りケーキで祝福したそうです。

手作りケーキのレシピについては、詳しくは分かりませんが、手作りケーキは、お二人の愛情がたっぷりと詰まった素敵なサプライズだったことは確かです。

山田純大、妻・田京恵とのハワイ挙式の思い出を語る「父・杉良太郎には内緒だった」

山田純大さんと田京恵さんは、2016年にハワイで挙式されました。

この挙式は、山田純大さんの父親である杉良太郎さんには内緒で行われたそうです。

二人はハワイでの挙式を選んだ理由として、「日本ではなかなかできない、自分たちらしい結婚式をしたい」という思いがあったそうです。

田京恵、夫・山田純大とのラブラブエピソードを披露!「初デートは水戸黄門の撮影現場で」

お二人の初デートが『水戸黄門』の撮影現場であったことが明らかになっています。

出会いが水戸黄門の撮影現場ですからそのまま、デートに行った流れなんでしょうか。

 山田純大ってどんな人?父親は杉良太郎、ハワイで育った異色の俳優


引用画像:NHK

山田純大さんは、日本の俳優で、1973年2月14日に東京都で生まれました。

父親は俳優の杉良太郎さんで、母親はアメリカ人です。

山田純大さんは、成城学園初等学校を卒業後、ハワイの中学校・高校に通い、ハワイ大学で学んだ後、米国ペパーダイン大学国際関係学部アジア学科を卒業しました。

1997年にNHK連続テレビ小説『あぐり』で俳優デビューし、以降、映画・テレビドラマ・舞台で活躍しています。

代表作には、TBS人気時代劇『水戸黄門』(4代目 渥美格之進 役)や映画『ムルデカ17805』(主演)などがあります。

 山田純大の意外な一面。ノンフィクション作家

山田純大さんは俳優として活躍する傍ら、ノンフィクション作家としてもデビューし、2013年には『命のビザを繋いだ男 — 小辻節三とユダヤ難民』という本を出版しています。

この本は、第二次世界大戦が開戦される直前の日本で、数千人のユダヤ難民を救った男・小辻節三の生涯を追ったノンフィクションノベルです。

山田純大さんは、小辻節三氏の生涯を追った取材を通じて、小辻氏がユダヤ難民を救うために尽力した姿勢に感銘を受け、本書を執筆しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)