【夫に対しても断捨離か?】やましたひでこの家族構成がスゴい!夫と息子の関係

やましたひでこさんは、断捨離という言葉を生み出した人物で、一般社団法人断捨離の代表理事です。

断捨離とは、モノやコトやヒトへの執着を捨てて、自分自身を見つめ直すことです。

断捨離という言葉を生み出したやましたひでこさんは、モノの片付けだけでなく、心の片付けや人間関係の整理にも役立つという理念を広めています。

そんなやましたひでこさんの家族構成は、一体どのようなものなのでしょうか?

この記事では、やましたひでこさんの夫や息子について調べてみました。


やましたひでこの家族構成がスゴいと言われる理由


引用画像:週刊女性

やましたひでこさんは断捨離の理論を家族構成にも適用されています。

夫との出会いと結婚


引用画像:マイナビ

やましたひでこさんは大学を出たばかりのとき、4歳上の従兄と結婚しました。

従兄は石川県の小松市に住んでいました。

やましたひでこさんは

「子どものころから父の実家の小松に遊びに来ていました。従兄はお兄ちゃんみたいに可愛がってくれました。父の姉の子どもということで、親戚として結婚しました。大学4年生のときに小松に行ったときに、結婚の気持ちが芽生えました。一緒にいると楽しくて、心が安らぎました」

3月に大学を卒業して、11月に結婚式を挙げました。

母親は「大学に行かせたのに、なぜそんな田舎に、父の実家みたいなところに嫁ぐのか」と怒ったそうです。

やましたひでこの結婚式


引用画像:宮崎日日新聞

やましたひでこさんの結婚式については、残念ながら、詳しい情報はありません。

やましたひでこさんは、23歳で4歳年上のいとこと結婚しましたが、結婚式の様子や日付については、公表していないようです。

やましたひでこさんは、結婚式に関する考え方を、次のように述べています。

「結婚式は、自分たちのためにするものではなく、親や親戚や友人たちのためにするものだと思っています。

私は、自分のためにするものは、自分のためにするものであって、他人のためにするものは、他人のためにするものだという区別をはっきりさせたいと思っています。」

やましたひでこさんは、断捨離の理念を生き方に取り入れており、自分にとって本当に必要なものや人とだけに囲まれています。

そのため、結婚式にも、自分の価値観に合わないものは必要ないと考えているのかもしれませんね。

夫の職業


引用画像:Instagram

やましたさんの夫は、歯科技工士として有名だったみたいです。

歯科技工士とは、歯科医師の指示書にしたがって、入れ歯やインプラントなどの歯科技工物を作成する仕事です。

「本物の歯と見分けがつかない歯を作れるのは、夫だけだと言われていました」

やましたひでこさんは、大学を出てすぐに夫と結婚しました。

夫の住む石川県の小松市に嫁ぎました。

やましたひでこさんは「私は自由に育った都会育ちです。でも、田舎に行くと、価値観が違うんです。人々は親切だけど、口出しも多い。昔ながらの町でした。お祭りや町屋は素敵でしたけどね」とインタビューで語っていました。

息子との関係


引用画像:Youtube

実の息子は、ユウキさんという名前で、やましたひでこさんが29歳のときに出産しました。

ユウキさんは北海道大学を卒業し、現在は東京で働いています。

ユウキさんは結婚しており、女の子のお父さんでもあります。

やましたひでこさんと実の息子さんとの関係は、とても良好です。

やましたひでこさんは、息子さんに対しても断捨離の考え方を教えており、親子の信頼関係を築いています。

息子さんは、やましたひでこさんの活動を応援しており、時々一緒にセミナーやイベントに参加しています。

やましたひでこさんは、息子さんの娘さん(つまり自分の孫娘)にも、断捨離の本をプレゼントしています。

孫に対しても断捨離?

やましたひでこさんの息子さんは近くの女性と結婚して、同じ町に住んでいます。

孫は女の子で5歳だが、やましたさんはまだ3回しか会ったことがないみたいです。

「会いたいと思わない。自分のことで忙しいからね(笑)。これも断捨離だよ」

やましたひでこさんは家族にも執着しないみたいです。

 愛犬との暮らし


引用画像:やましたひでこ公式

やましたひでこさんの愛犬は、ヨークシャテリアのサンディという名前です。

ミルキーは、やましたひでこさんの相棒として、セミナーや旅行にも同行しています。

やましたひでこさんは、サンディとのふれあいを大切にしており、ブログやYouTubeでその様子を紹介しています。

やましたひでこの両親について


引用画像:週刊女性

やましたひでこさんは、1954年、東京・立川市で生まれ、町田市に移り住み、大学卒業まで過ごしたそうです。

父親は石川県小松市出身で、大阪から疎開した母と小松市で出会い結婚、2人で東京に出てきたみたいです。

やましたひでこさんは、父親の転勤に伴って、小学校から高校まで全国各地で暮らしました。

やましたひでこさんの父親は、警察官になり、その後、保険会社のサラリーマンだったそうです。

やましたひでこさんの母親は非常に気が強い女性だったそうです。

やましたさんは子どものころ、家が汚くて嫌だったと言う。

「母は掃除が苦手で、モノを溜め込むタイプ。体調も良くなくて家事はほとんどしない。お姫様のように育ったんですよ」

やましたさん自身も掃除や片づけに興味がなかったが、モノがどんどん増えていくのは気になっていた。

たまに「要らない」と思うモノを捨てようとすると、母が「どうして捨てるの? モノに感謝しない子だね」と怒られたそうです。

やましたひでこさんはその頃から物に囲まれる生活について疑問を持ち、断捨離という考え方の原点になったかもしれないですね。

やましたひでこさんは早稲田大学文学部在学中に入門したヨガ道場で、心の執着を手放す行法哲学「断行・捨行・離行」に出逢い、この行法を日常に落とし込み、片づけ術として応用提唱されています。

やましたひでこの兄弟姉妹について

やましたひでこさんには、お姉さんがいるみたいです。

とにかく、お姉さんは破天荒な人だったみたいです。

お姉さんが18歳になると、とにかく留学をしたいと言い出し、アメリカの新聞社に手紙を書いて、ホストファミリーを自分で見つけるほどの行動力がある方です。

また、英語の勉強をするために、日本の米軍キャンプに就職し、お金を貯めて渡米し、ホストファミリーの家に行ったとのこと。

ホストファミリーの息子に見初められ、求婚までされたそうですが、それが嫌で日本に逃げ帰ってきたとのこと。

お姉さんは日本に戻ってから、恋愛と失恋を繰り返し、傷心旅行で知り合ったドイツ人と結婚したそうです。

やましたひでこの家族構成・夫を断捨離?離婚の真相!


引用画像:Youtube

やましたひでこさんは夫にも断捨離をされたとの噂もありますが、どうなんでしょうか。

離婚説や不仲説の真相


引用画像:Youtube

やましたひでこさんは、断捨離という言葉を生み出した人物として有名ですが、その活動には夫のジュンちゃんさんが大きく関わっています。

やましたひでこさんとジュンちゃんさんは、いとこ同士で、23歳で結婚しました。

現在は、結婚44周年を迎えており、夫婦仲はとても良好です。

しかし、やましたひでこさんをネットで検索すると、「離婚」や「不仲」といったキーワードがよく出てきます。

これは、やましたひでこさんの著書や発言が、離婚や卒婚に関する考え方や行動についても触れていることから、誤解されている可能性があります。

やましたひでこさんは、2019年に発売された著書『断捨離したいナンバーワン、それは夫です』で、夫婦関係の断捨離について語っています。

この本のタイトルは、やましたひでこさんが受けた相談の中で、最も多かったものだということです。

やましたひでこさんは、この本で、夫婦関係の断捨離とは、離婚や卒婚という形にとらわれず、自分にとって本当に必要なものや人とだけに囲まれて、幸せに暮らすことだということを伝えています。

また、やましたひでこさんは、自身のブログやネットの記事、テレビなどさまざまなメディアでも、日々ご自身の意見を発信しています。

やましたひでこさんは、夫婦関係においても、自分の価値観に合わないものは必要ないと考えており、夫との距離感や住まいの定義はそれぞれあるのだと、考えさせられます。

やましたひでこは1人暮らし?


引用画像:Instagram

やましたひでこさんは、沖縄県と石川県で季節に合わせて暮らしています。

夫は沖縄の自宅でロングバケーション中で、やましたひでこさんは東京のタワーマンションで仕事をしています。

やましたひでこさんは、引っ越し好きで、6年間で4回も転居しています。

やましたひでこさんは、自分の価値観に合わないものは必要ないと考えており、好きなものだけでしつらえた、広々としたリビングで暮らしています。

やましたひでこさんは、空間の中でモノをどう生かすか、そこに美しさが欲しいと語っています。

やましたひでこは余命6年?


引用画像:Instagram

やましたひでこさんは、余命6年ということはありません。

この噂は、やましたひでこさんが4年前にブログで「霊能者から『余命10年』と言われた」という話をしたことから広まったものですが、やましたひでこさん自身はその話を信じていないと明言しています。

やましたひでこさんは、現在もとても元気で活動的です。

やましたひでこは病気?


引用画像:日本経営合理化協会

やましたひでこさんは、現在は病気ではありません。

しかし、過去には白血球が減少する病気になり、髪の毛は抜け、体は痩せ細ったことがありました。

また、多忙のために体調を崩したこともありましたが、それをきっかけにして「責任感や忙しさへの執着を断捨離する必要性」を悟ったと語っています。

隠し子?やましたひでこのブログに4人の子供が登場⁉


引用画像:やましたひでこ公式

やましたひでこさんのブログに4人の子供が登場するのは、彼らがやましたひでこさんの「仕事上の息子」と呼ばれる人たちだからです。

彼らは、やましたひでこさんの断捨離セミナーに参加したことがきっかけで、やましたひでこさんの理念を受け継ぎ、それぞれに活躍している人たちです。

やましたひでこさんの仕事上の息子は、次の4人です。

  • 長男:ヒロ・アタラシ
  • 次男:サトル・アベ
  • 三男:福田修平
  • 四男:安永周平

長男:ヒロ・アタラシさん。独立独歩の自由人で、日本全国や海外でコンサルタントとして活動しています。

彼は家丸ごと断捨離して、スーツケースとともに旅する生活をしています。

次男:サトル・アベさん。音楽プロデューサーであり、映像もクリエイトしています。

彼は仕事場にひとり引きこもることが多かったですが、断捨離をしてからは、あちらこちらでセミナーを展開しています。

三男:福田修平さん。やましたひでこさんの事務局長であり、断捨離トレーナーでもあります。

彼はやましたひでこさんのセミナーやイベントの運営や撮影を担当しています。

四男:安永周平さん。ヒロ・アタラシさんの双子の弟で、やましたひでこさんのブログの編集長です。

彼はやましたひでこさんのブログの更新や管理を行っています。

やましたひでこと夫との現在の関係は?


引用画像:Instagram

やましたひでこさんは、断捨離という言葉を生み出した人物として有名ですが、その活動には夫のジュンちゃんさんが大きく関わっています。

ジュンちゃんさんは、やましたひでこさんのセミナーやイベントの運営や撮影を手伝ったり、やましたひでこさんの本のタイトルを考えたりしています。

やましたひでこさんとジュンちゃんさんは、沖縄県と石川県で季節に合わせて暮らしています。

ジュンちゃんさんは、雪の多い金沢で過ごしてきたため、暖かい沖縄に移住しました。

やましたひでこさんは、引っ越し好きで、鹿児島県指宿市に拠点を移しました。

二人は、東京や沖縄、鹿児島などで行き来しながら、自分たちのペースで生活を楽しんでいます。

やましたひでこの家族構成を変える新たな挑戦


引用画像:一般財団法人断捨離

やましたひでこさんは断捨離をすることで新たな挑戦をされています。

新居への引っ越しと断捨離


引用画像:一般財団法人断捨離

やましたひでこさんは、2020年10月に沖縄の自宅マンションを引っ越しました。

新居は指宿市にあり、断捨離®️リトリート「リヒト」という施設をプロデュースしています。

断捨離®️リトリート「リヒト」は、断捨離の理念を伝えるための場所で、宿泊やセミナーなどができるようになっています。

やましたひでこさんは、引っ越しを機に断捨離を行いました。

断捨離とは、モノへの執着を捨てて身の回りをきれいにする片付け術です。

やましたひでこさんは、断捨離を通して過去の人間関係やそれにまつわるモノを清算・処分してきたと言っています。

リトリートや講座などの活動


引用画像:一般財団法人断捨離

断捨離®️リトリート「リヒト」とは、やましたひでこさんがプロデュースした施設です。

リヒトとはドイツ語で「光」の意味で、あなたの癒しと励ましとなり、そしてあなたが本当の自分に立ち返る空間と時間です。

リヒトのコンセプトは「引き算」です。

日常生活からいったん離れて、モノやコトやヒトへの執着を捨てて、自分自身を見つめ直すことができます。

リヒトでは、断捨離の理念を伝えるセミナーや宿泊などができるようになっています。

リヒトは、鹿児島県指宿市にあります。

指宿は、砂蒸し風呂の温泉療法で有名なところで、自然豊かな環境です。

やましたひでこさんも、2020年10月に沖縄から指宿に引っ越して、リヒトで暮らしています。

断捨離の定義とメソッド


引用画像:Instagram

やましたひでこさんは、断捨離という言葉を生み出した人物で、一般社団法人断捨離の代表理事です。

断捨離とは、モノやコトやヒトへの執着を捨てて、自分自身を見つめ直すことです。

断捨離のメソッドは、以下のようなものです。

モノに「今という時間の概念を与える」

  • 小さい空間から始める
  • 家族の持ち物には手をつけない
  • 迷ったらひとまず保留する
  • 日を空けて同じ空間を断捨離してみる
  • キレイが続く習慣を身につける

モノに「今という時間の概念を与える」

必要かどうか、使いたいかどうか、自分にふさわしいかどうかを判断する。

小さい空間から始める。

引き出しや棚など、一度に片付けられる範囲で断捨離を行う。

家族の持ち物には手をつけない。

自分の動きで示し、相手の理解を得る。

迷ったらひとまず保留する。

捨てることに後悔や反省は不要。必要になったら再び入手する。

日を空けて同じ空間を断捨離してみる。

感覚が変わっているかもしれない。

キレイが続く習慣を身につける。

ダイニングテーブルには何も置かない、冷蔵庫には何も張らない、クローゼットはハンガーの数を決めるなど。

断捨離の効果とメリット


引用画像:amazon

断捨離の効果とメリットは、以下のようなものがあります。

  • 心が軽くなり、ストレスや不安が減る
  • 自分の本当に必要なものや価値観が見えてくる
  • お金や時間の無駄遣いが減る
  • 空間や環境が快適になる
  • 自信や行動力がつく
  • 人間関係や仕事がうまくいく

断捨離は、単なる片付けではなく、自分の人生を見直すきっかけとなる行動技術です。

断捨離を実践することで、あなたも充実感溢れるごきげんな人生を送ることができるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)